中古品
¥ 1,780
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: May have some markings and writings.
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

Songbook (英語) ハードカバー – 2002/12

5つ星のうち 4.3 3件のカスタマーレビュー

その他(10)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
ハードカバー
"もう一度試してください。"
¥ 3,704 ¥ 1,780
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。


商品の説明

商品説明

   ニック・ホーンビィの『Songbook』に収められたエッセイは、巧みに編集されたミックス・テープのように熱くダイレクトに胸に響いてくる。さすがは、音楽ファンを歓喜させた小説『High Fidelity』(邦題『ハイ・フィデリティ』)の著者。自分の大好きな31曲の歌について、彼ほど気の利いたコメントができる人はまずいないだろう。

 「自分のお気に入りの曲について僕に言えるのは、どの曲も大好きで一緒に歌いたくなるし、ほかの人にも無理やり聴かせて、僕と同じくらい気に入ってくれないとヘソを曲げてしまうという程度のことだ」と言うホーンビィ。そんな謙虚なことばとは裏腹に、ネリー・ファータドの「I’m Like a Bird」を麻薬患者みたいに繰り返し聴きたくなる欲求を見事に説明してみせたり、ラウドン・ウェインライトのオリジナル曲を息子ルーファスが遠慮気味に解釈し直した「One Man Guy」の中に「神の声が聴こえる」と主張したりする(「ウェインライト・ジュニアの性的指向による微妙なひねりが加わって…」)。とりわけ感動的なのは、ホーンビィ原作の映画『About a Boy』(邦題『アバウト・ア・ボーイ』)のサウンドトラック用に書かれたバッドリー・ドローン・ボーイの「A Minor Incident」へのコメント。『About a Boy』の執筆中、ホーンビィの幼い息子が自閉症と診断された。その出来事が、ホーンビィがずっとあとになって聴く一見無関係そうなこの曲を、彼の心になおさら深く響かせることになった。「僕の息子のことを書いた本じゃないのに、その中のひとつのエピソードをもとに誰かが素晴らしい曲を書き、結果的にはそれが僕にとって、自分の本よりはるかに個人的な何かを意味するものになっている」。本筋から少し外れたこの手の秘話や考察が、すてきな歌と同じように、最後のページを繰ったあともいつまでも心に残るのだ。

   付録の11曲入りCDは素晴らしいアイデアだが、使用許諾の問題からか、残念ながら本書に登場するすべての曲を聴くことはできない。しかし全体としては、ホーンビィの卓抜な文章、カナダ人アーティスト、マルセル・ドザマの奇想天外なイラスト、さらに立派な目的(本書の収益は自閉症児のための学校「ツリーハウス」とサンフランシスコ・ベイエリアの非営利の学習センター「826ヴァレンシア」に寄付される)と、ヒットの条件をそろえた貴重な1冊だ。(Brad Thomas Parsons, Amazon.com)

内容紹介

McSweeney's is excited to release Songbook \226 a brand-new collection of short, personal essays by Nick Hornby on 31 of his favorite songs and songwriters. This hardcover book has 4-color illustrations by Marcel Dzama throughout and comes complete with a CD featuring 11 songs discussed within.

Proceeds from Songbook will benefit TreeHouse and 826 Valencia.

The TreeHouse Trust is a U.K. charity based in central London, established in 1997 to provide an educational Centre of Excellence for children with autism and related communication disorders.

826 Valencia is a nonprofit learning center in the Mission District of San Francisco, providing free writing-based tutoring and workshops for students throughout the Bay Area. Students can drop in for individual one-on-one tutoring, register for workshops, or attend field trips through local schools and community organizations.

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • ハードカバー: 147ページ
  • 出版社: Mcsweeneys Books; Har/Com版 (2002/12)
  • 言語: 英語
  • ISBN-10: 0971904774
  • ISBN-13: 978-0971904774
  • 発売日: 2002/12
  • 商品パッケージの寸法: 1.9 x 19 x 19 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.3 3件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 洋書 - 1,531,428位 (洋書の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.3
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 hinish VINE メンバー 投稿日 2004/9/25
形式: ペーパーバック
結構いろんな時代、ジャンルの31の楽曲(プラスおまけの何枚かのアルバム)に関するエッセイだが、あくまでその曲にまつわるパーソナルな体験、感情が語られ、決して対象のアーティストに関する分析じみたことは行なわない。かといって曲を単なる思い出話の小道具に使うわけでもなく、あくまでもその曲に関した内容のエッセイ。
ありそうで意外とない感じの切り口で新鮮だった。
イギリス人の口から聞くとはあまり思わなかったブルース・スプリングスティーンへの熱狂やら、Zeppelinのコンサートで長いドラムソロの間外に出てしまうだの、Hornbyらしい率直で親密な記載は思わず「そうだよな」とか言いたくなる。
しかし読後に印象に残るのは、音楽への愛よりもそこかしこからこぼれる人間への暖かい視点だ。特にさりげに出てくる障害者の息子への話はちょっと泣ける。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 カスタマー 投稿日 2003/3/23
形式: ハードカバー
私は洋楽が好きです。学生時代の友達にも洋楽好きが多くて、"High Fidelity"を読んだとき、「身の回りにこんな人いるなぁ。」と、沢山苦笑いさせてもらいました。そのときから、この人とは音楽の趣味が似ていると思っていたのですが、この本を読んで、音楽に対する姿勢までが似ていることを発見。この本には、彼のお気に入りの曲や、アーティストに対する考察から、その曲にまつわるエピソードが書かれています。自閉症の息子さんへの気持ちも垣間見える感傷的な章もありますが、10代から、45歳になるまでに、どのように音楽の聴き方が変わったのか、そして変わらなかったのか、彼の彼的な音楽論が展開されています。この本に上げられている31曲全てを知らなくても、洋楽好きなら必ず頷く箇所が見つけられるはずです。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 crowes 投稿日 2003/5/26
形式: ハードカバー
Hornbyならでは、彼だけの「心の31曲」。お気に入りの曲とそのアーティスト、周辺についてさまざまを語っている。まるっきりHornbyの世界なので「洋楽ガイド」のようなつもりで読みたい人にはおすすめできない。ハイ・フィデリティーがやAbout A Boyが好きな人はかるく副読本として、それ以上にHornbyの描く世界にいつも共感できてる人は必読。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

Amazon.com で最も参考になったカスタマーレビュー (beta)

Amazon.com: 5つ星のうち 4.1 65 件のカスタマーレビュー
5つ星のうち 5.0 Songbook 2016/3/3
投稿者 The Inconsistent Reader - (Amazon.com)
形式: ペーパーバック Amazonで購入
I thought this book was outstanding. It was very interesting to hear about Mr. Hornby's relationship to music and certain songs in particular. It was fascinating to get inside the head of someone who wanted to be a musician, but decided to become a writer because it was the closest he could get to writing songs. These aren't necessarily Mr. Hornby's favorite songs; they are songs with which he has a special relationship; not necessarily because of certain memories that the songs summon up, but because the song themselves, the music and the lyrics together, give him something to think about.

If you enjoy reading about the impact music has had on the lives and thoughts of other people, I would suggest reading this book. It is well-written, and personally, I always find Mr. Hornby can make me laugh, even while he's discussing a serious topic. Definitely worth the price of admission!
5つ星のうち 4.0 A great book to dip into. 2012/10/22
投稿者 Amazon Customer - (Amazon.com)
形式: Kindle版 Amazonで購入
I didn't know all the songs that he writes about, but in a way it doesn't matter as there are some great insights and riffs on songs and the meaning they accumulate in a person's life. It made we want to search out the songs and listen to them for myself.

As with other Hornby books, the readability of his prose belies the complexity and layering of ideas. There is a compelling momentum that builds within each piece. Each "little" essay is self contained insight into the music and the man. It has the flavour of an auto-biography told through his relationship with music. It takes great skill to write like that.

It's a fantastic book to dip into, but the pre-condition is you need a similar obsessive sensibility to music, or more properly popular music, as Hornby has. If you think of music as background, this book is not for you. But if you still remember the first record you bought or concert you went to, where you were, how old you were than you will relate to this book.
50 人中、49人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 4.0 my awesome mix tape #38 2003/1/29
投稿者 Clare Quilty - (Amazon.com)
形式: ハードカバー Amazonで購入
I bought this book, sight unseen, simply because of the description, which was: Nick Hornby, one of my favorite writers, had written a book about a bunch of his favorite songs. That's all I needed to know, that sounded great to me, I was sold.
I've been a Hornby fan since Fever Pitch. When High Fidelity (the book) came out, I was amazed: it felt like Hornby had been eavesdropping on my mind, because I tend to agree with a lot of his opinions about music and music lovers. Similarly, I'm a big fan of the reviews he wrote for The New Yorker a few years ago.
So I ordered the book and it showed up in my box and I immediately turned to the table of contents to see: which songs did he write about??? And I was surprised, and a bit disappointed, to see that I only recognized about a dozen of the titles. And there wasn't one song in the bunch that I considered a personal favorite. And when I listened to the songs I didn't know (included on a handy-dandy CD)... they didn't blow me away. But that's the beauty of a mix tape and, despite the fact that it's printed on paper, this is a mix tape.
And this one comes with great liner notes. Hornby's a smart, entertaining, intuitive writer. I may sound like a disappointed fan trying to make the best of a book that didn't satisfy me 100%, but even when Hornby's writing about music I haven't heard, it's still enjoyable, it's still worthwhile, it's still exposing me to things I previously didn't know about.
Even when he's confessing to not being a huge Dylan fan and confesses to preferring a Rod Stewart cover of one of my favorite Dylan songs to the original (which is, of course, the true road to enternal damnation), he does so in a way that's completely relatable even to a Dylan fanatic.
Even when he's extolling the virtues of a song I find to be "sad bastard" music (like he does in his essay about Mark Mulcahy's "Hey Self Defeater") he manages to include a great, conversational subtext about the virtues of small, privately owned, slowly-becomming-extinct record stores with a personal touch.
This is also a beautifully designed McSweeny book, with a beautiful "Maxell XL-II" mix-tape cover and with clever illustrations by Marcel Dzama. The book also benefits Treehouse Trust and 826 Valencia, organizations that are extremely worthy of the extra money.
Hornby should do one of these a year, I think. And next time, it'd be nice if he'd touch on his favorite Stones songs, his favorite Stax songs, his favorite Steve Earle songs, his favorite blues, his favorite jazz, his favorite Clash songs, etc, etc. If he'll write it, I'll read it.
2 人中、2人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 5.0 don't buy the kindle version 2013/1/6
投稿者 debifinch - (Amazon.com)
形式: Kindle版 Amazonで購入
whilst i'm thoroughly enjoying the content of this book, there are so many typos that it's becoming a burden to read. i have no idea how books are converted for kindle, but someone's finger has spent too much time on the c key making the word "does" into "docs" over and over again, a "J" has morphed into an open bracket, and lower case "t" is masquerading as lower case "l". and i'm only 40% into the book. not so good, amazon.
3 人中、3人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 4.0 High Felicity 2011/1/27
投稿者 Moochie - (Amazon.com)
形式: ペーパーバック Amazonで購入
If you are a serious lover of pop music, you'll love this book. I've been listening to a lot of music of all kinds for more than forty years, but Hornby managed to introduce me to a number of songs I knew nothing about. His take on each song is always interesting, and he often uses the song as a springboard to say something profound about popular music in general. His views on the pre-processed, mass-produced garbage that passes for music these days are especially trenchant. As with other books by Hornby that I've read, the tone is always modest and unassuming, the writing graceful, insightful and witty.
これらのレビューは参考になりましたか? ご意見はクチコミでお聞かせください。

関連商品を探す