Sittin in がカートに入りました
数量:1

この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

Sittin in Import

5つ星のうち 4.8 8件のカスタマーレビュー

価格: ¥ 1,562 対象商品¥ 2,000以上の注文で通常配送無料 詳細
残り3点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:12¥ 427より 中古品の出品:4¥ 2,021より

Prime Music Prime Music


Amazon の ロギンス&メッシーナ ストア


キャンペーンおよび追加情報

  • 「CDを買うとデジタルミュージック(MP3)ストアで使える200円クーポンプレゼント」キャンペーンの対象商品です。2016年8月31日23時59分(日本時間)までのご購入が対象となります。(マーケットプレイスでのご注文は対象外)

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 輸入盤CD、一部簡易包装についてのお知らせ:輸入盤CDにつきましては、環境保護のため、ビニール包装、開封防止シールの貼付等がされていない場合があります。あらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 売れば売るほどお得なキャンペーン実施中。宅配買取もしくは出張買取を選択してAmazonアカウントを使用して簡単お申し込み。 買取サービスページをチェック


よく一緒に購入されている商品

  • Sittin in
  • +
  • Hearts
総額: ¥5,111
選択された商品をまとめて購入

登録情報

  • CD (2008/2/1)
  • ディスク枚数: 1
  • フォーマット: Import
  • レーベル: Sbme Special Mkts.
  • ASIN: B00175D7WU
  • EAN: 0886972363028
  • 他のエディション: CD  |  カセット  |  LP Record
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.8 8件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 音楽 - 222,509位 (音楽の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.8
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 ちゅう トップ1000レビュアー 投稿日 2016/1/28
形式: CD Amazonで購入
Loggins & Messinaが1972年にリリースした1stアルバム。1970年The Nitty Gritty Dirt Bandがヒットさせた楽曲『House At Pooh Corner』のソングライターとして頭角を現し始めたKenny Logginsのソロ・アルバムにPocoを脱退したJim Messinaがプロデュースを行う形でスタートしたプロジェクトが意気投合して発展しデュオ名義(正式にはwith Jim Messina)となったのが本作品です。1970年代後半から1980年代にかけて素質が開花したKenny Logginsの洗練された楽曲(『What A Fool Believes』『Footloose』『Dangers Zone』等)からは想像もつかない様なほのぼのとしたウエストコースト・サウンドを聞かせてくれます。Kennyの優しい人柄が溢れ出るような楽曲『Danny's Song:ダニーの歌』(後にAnne Murrayがカバーし全米No.1ヒット)や『House At Pooh Corner:プー横丁の家』を始めJimのテレキャスターが印象的な『Nobody But You』、三部構成をとる大作の『Trilogy』等秀逸な曲が満載です。音質もSACD盤と言う事で文句なく素晴らしい出来だと思います。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 寿 トップ1000レビュアー 投稿日 2013/10/30
形式: CD Amazonで購入
72年発表の1st。ケニー・ロギンスのソロにポコを脱退したジム・メッシーナが協力する形で結成されたデュオ作。元々はソロ作だったためケニーのカラーが強い仕上がり(あくまでもwith メッシーナ名義)だが、ポコに近いカントリー・ロック的なサウンドを聞かせており、彼らのファンにも十分に楽しめる。楽曲面においてはバッファロー〜ポコで培ってきた経験もあってかメッシーナのものが中心となっているが、いわゆる代表曲である2.や6.はロギンスの手によるものであり、インパクトという点ではロギンスのものの方が強い。3.はスティール・パンも登場するカリプソ風味の曲。4.はメッシ−ナとマイケル・マクドナルドの共作となっており、マイケルの初期の作品としても興味深いが、後のロギンス&マクドナルドの手によるドゥービー・ブラザーズの大ヒット曲「What a Fool believes」の布石としても重要である。
内容は登場してきたグループに近いカントリー寄りのアメリカン・ロックだが、ロギンスの曲はフォーク的な雰囲気も強い印象。どちらにしても一聴して味わい深い楽曲はどれも秀作。ロギンスについては既に名ソングライターの資質は強く感じる。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 boke VINE メンバー 投稿日 2004/7/2
形式: CD
下の方々が、書いておられるような経緯で結成されたグループですが、アルバムのトップでいきなり、ジム・メッシーナのボーカルが出てくるあたりの演出はなかなか心憎いですね。②、⑥といったすでにソングライターとしてある程度の評価を得た曲を軸にしながらも、後のライブでは20分を越える演奏を展開することになる③や、いかにもジム・メッシーナらしい実験的な作品④など聞き所は満載です。特に既発表曲の⑥では、原曲の良さを十分に生かしながらも、変拍子のアコースティックギターソロ等で、イマジネーション豊かな仕上がりになっており、アルバム中屈指の出来になっています。その後、ステージで、レコードで、様々な実験を試みてきた彼らの出発点として十分すぎるぐらいの主張をもったアルバムです。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 nakama トップ500レビュアーVINE メンバー 投稿日 2002/5/10
形式: CD
本当はソロアルバムを作ろうとしたケニー・ロギンスとプロデューサーのジム・メッシーナが、 すっかり意気投合してデュオになってしまったというのが真相。
1st アルバムながら熟成された音作りはさすが。「ダニーの歌」や「プー横丁の家」は、ケニー・ ロギンスの代表作ですが、ここに収録されている曲の多くは、最後までロギンス&メッシーナの主要なレパートリーでした。
二人の個性が響き合い、程良くぶつかり合った、良質のアルバムに仕上がっています。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。


フィードバック