Singing Bird(初回限定盤)(DVD付) がカートに入りました
2000円以上国内配送料無料(一部例外あり)でお届けします。 詳細
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 中古品のため商品によってはわずかな汚れやキズがある場合がございます。(管理ラベルは簡単に取れます)
こちらからもご購入いただけます
カートに入れる
¥ 2,060
通常配送無料 詳細
発売元: 天市
カートに入れる
¥ 2,060
通常配送無料 詳細
発売元: EC工房
カートに入れる
¥ 2,735
通常配送無料 詳細
発売元: Amazon.co.jp
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

Singing Bird(初回限定盤)(DVD付) CD+DVD, Limited Edition

5つ星のうち 4.5 93件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 3,780
価格: ¥ 2,060 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 1,720 (46%)
残り5点 ご注文はお早めに 在庫状況について
この商品は、OKストアーが販売し、Amazon.co.jp が発送します。 この出品商品には代金引換とコンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー払いが利用できます。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:36¥ 1,450より 中古品の出品:21¥ 628より

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

Amazon の 稲葉浩志 ストア


キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • Singing Bird(初回限定盤)(DVD付)
  • +
  • 羽 【初回限定盤】CD+Blu-ray
総額: ¥3,780
選択された商品をまとめて購入

登録情報

  • CD (2014/5/21)
  • ディスク枚数: 2
  • フォーマット: CD+DVD, Limited Edition
  • レーベル: バーミリオンレコード
  • 収録時間: 50 分
  • ASIN: B00JMOQW98
  • JAN: 4582283797922
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.5 93件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: ミュージック - 13,506位 (ミュージックの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

曲目リスト

ディスク:1

  1. ジミーの朝
  2. oh my love
  3. Cross Creek
  4. Golden Road
  5. 泣きながら
  6. Stay Free
  7. Bicycle Girl
  8. 孤独のススメ
  9. 友よ
  10. photograph
  11. ルート53
  12. 念書

商品の説明

内容紹介

12篇の歌にのせて届けられる、深遠なるメッセージ
稲葉浩志、4年振りのニューアルバム!

全国放映開始とともに話題沸騰中の本田圭佑選手出演・オリンパス「OM-D E-M10」テレビCMソング「oh my love」、ソロ始動から先行配信された「念書」「泣きながら」の待望のCD化をはじめ、独自の世界観を凝縮した全12曲収録。

■初回限定盤特典DVD付
4曲のMUSIC VIDEOを収録!
・「oh my love」
・「念書」
・「泣きながら」
・「Stay Free」

メディア掲載レビューほか

稲葉浩志(B’z)の4年振り(2014年時)となる通算5枚目のアルバム。サッカー本田圭佑選手が出演するオリンパス『OM-D E-M10』テレビCMソング「oh my love」、配信限定シングル「念書」「泣きながら」のCD化をはじめ、独自の世界観を凝縮した楽曲を収録。 (C)RS


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: CD
レビューするときはどんなCDでも最低三周は聞いてからにしてます。

三周目でメロディを口ずさめるようになりました。

音楽的にはバラエティ豊かです。

ロックからバラードからパンクから色々な曲調のものがあってよいと思いました。

そして、一曲一曲に稲葉さんのありのままの姿を感じることができると思います。

ジミーの朝は、音質に工夫が施されてて不思議なサウンドになっています。こもっている感じとフルートが入ってるところがよいですね。乾いた感じはグランジを感じました。

Oh my loveは、完成度の相当高い曲です。一回聴いただけでよい曲とわかりました。この曲は特にBメロがかっこいいと思います。

クロスクリークは、ポリスなどの青春パンクロックを感じる。この疾走感はとてもgood。ライブで盛り上がるに違いない。

ゴールデンロードは、松本さんも作りそうな曲だと思いました。アルバムのなかで一番B'zっぽさを感じました。大賀さんのギターソロもよい感じです。

泣きながらは、ギターなしのしっとりしたバラードです。稲葉さんのファルセットなど歌い方に注目です。

Stay freeは、自由をテーマに
...続きを読む ›
コメント 46人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD Amazonで購入
全体バランスがよく、聴きやすい。

Mステでも聞けた「oh my love」が本アルバムの代表曲か。
「泣きながら」「念書」「bicyclegirl」「stay free」が個人的に好き。

titleに合った小鳥のさえずりを思い浮かべるようなアルバムであり、
過去の稲葉ソロワークスでの節(方言、特有なる臭さ)があったはずが、今回はそういう意味では全体曲調は軽くて明るめ。

対し、
「念書」だけは特別扱いで、マグマやPeace Of Mindを超える「暗さ」に「怖さ」がある。
(PVもtitleもどこか怨念・執念のような怖さがあるが、聞けば聞くほどに耳から離れない。※次週のLIVEで更に好きになるかも。)

しかし過去レビュアーの通り、この曲だけはアルバムに合っていない気がする。(バランスを崩している。)

「念書」の対岸のような「泣きながら」も全く新しい気配を持ち、この二曲だけでも過去にはない完成度。

結論最後になるが、
ソロワークス稲葉氏のレパートリーは、好き嫌いが出やすく、個人的には名曲数えて2,3の曲が入っていれば十分。
(私は冒頭記載の曲が好きで、十分に購入満足感を得ている)
...続きを読む ›
コメント 20人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD Amazonで購入
最近、久々に聴き直してるんですが…8曲目からの流れが、やっぱ最高ですね。
稲葉氏はこのアルバムによって、もう一度自分を見つめ直し、2015のB'zとしての活動に向かう…意思表明ともとれますね。
まだ聴いていない方は是非!
今までのソロアルバムとは違って、大人しい…みたいな声もありますが、必然的にこの様なアルバムになったのでは?と今更ながら思いますね。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
どういうわけだか、稲葉さんの音楽は、聞けば聞くほど好きになる。
最初は?と思った曲も、徐々に馴染んで言いたいことが
伝わってくる(気がする)。このアルバムはその最たるもの。

他のアーティストとは、その頻度が明らかに違う。
稲葉さんの感性が立体的に表現されていて、
どれだけ付き合っても、飽きない友人のように感じてしまう。
すげえ。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD Amazonで購入
念書が他の曲と比べ、段違いの良さを持っている。熱と言えばいいだろうか。魂がこもっている印象を受ける。
これほどの熱と、これほど独特の色を持った曲をかけるアーティストはそうそういないと思う。
だからこそ、なんというか他の曲の軽さがどうしても目立ってしまう。
テーマも散逸で、志庵やB'zのCircleのような一貫性もない、アラカルト的アルバムである。
爽やか、軽やかでノリも良い、キャッチーなフレーズもあることは確かだが、何度も視聴したいとは思えなかった。

念書のような曲を生むためには、大きな精神的エネルギーを費やすと思う。
だから、他の仕事のタスクをこなしながら、同じ程の熱量をアルバム全部の曲に期待するほうが間違っているのかもしれない。
しかし、サラリーマン的アーティストやタレント的アーティスト、軽音部的アーティストばかりの今の日本の音楽シーンで、
あくまでも音楽を突き詰めるアーティストであって欲しいとも願う。
端的に言えば、もっと一曲一曲に時間をかけて、以前のように思い入れを感じることが出来る曲に仕上げて欲しいと思う。

こういうことを言うと反感を買うことは承知のうえで書くが、
あまりに黄色い色をしたレビュー、それっぽいことを言ってるだけでは?と疑問を感
...続きを読む ›
コメント 30人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



関連商品を探す