¥ 957
通常配送無料 詳細
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
Shopaholic Takes Manhatta... がカートに入りました
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

Shopaholic Takes Manhattan (英語) マスマーケット – 2004/3/2

5つ星のうち 4.6 25件のカスタマーレビュー

その他(11)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
マスマーケット
"もう一度試してください。"
¥ 957
¥ 957 ¥ 399
カセット
"もう一度試してください。"
¥ 5,496

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • Shopaholic Takes Manhattan
  • +
  • The Secret Dreamworld Of A Shopaholic: (Shopaholic Book 1)
総額: ¥1,852
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【50%-70%OFF】洋書のお買い得本
対象の書籍が大幅に割引中。オールジャンルでお買い得な本が勢揃い。 >詳しく見る

商品の説明

内容紹介

The irresistible heroine of Confessions of a Shopaholic and Shopaholic Ties the Knot is back! And this time Becky Bloomwood and her credit cards are headed across the Atlantic.…

With her shopping excesses (somewhat) in check and her career as a TV financial guru thriving, Becky’s biggest problem seems to be tearing her entrepreneur boyfriend, Luke, away from work for a romantic country weekend. And worse, figuring out how to pack light. But packing takes on a whole new meaning when Luke announces he’s moving to New York for business—and he asks Becky to go with him! Before you can say “Prada sample sale,” Becky has landed in the Big Apple, home of Park Avenue penthouses and luxury boutiques.

Surely it’s only a matter of time until she becomes an American TV celebrity, and she and Luke are the toast of Gotham society. Nothing can stand in their way, especially with Becky’s bills miles away in London. But then an unexpected disaster threatens her career prospects, her relationship with Luke, and her available credit line! Shopaholic Takes Manhattan—but will she have to return it?

内容(「BOOK」データベースより)

いまやTVで売れっ子の金融コメンテーターとなったレベッカ。かつての「お買いもの」でつくった請求書の山もキレイに払い終わって、若手実業家ルークとも熱愛中―となにもかも順風満帆!のはずだったけど…。そんな時、NYに進出するルークに誘われて下見に同行、浮かれてお買いものしまくるレベッカだったが、どこから漏れたのか、悲惨な借金地獄を『デイリー・ワールド』紙に暴露されてしまう。仕事はすべてパアになり、ルークとの仲も最悪に。ついに職なし、お金なし、恋人なしに逆戻り…さあ、どうするレベッカ!?ロンドン発NY経由のベストセラー小説、絶好調の第二弾。 --このテキストは、絶版本またはこのタイトルには設定されていない版型に関連付けられています。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • マスマーケット: 400ページ
  • 出版社: Dell; Dell Mass Marke.版 (2004/3/2)
  • 言語: 英語
  • ISBN-10: 0440241812
  • ISBN-13: 978-0440241812
  • 発売日: 2004/3/2
  • 商品パッケージの寸法: 10.6 x 2.7 x 17.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.6 25件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 洋書 - 46,680位 (洋書の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.6
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 カスタマー 投稿日 2002/6/29
形式: ペーパーバック
前作品Shopaholicの続編になっていて、相変わらず買い物依存症(?)のレベッカはショッピングの毎日。ひょんな事からテレビのファイナンシャル アドバイザーとしての新しい仕事も持ち、当初から気になっていた彼とも付き合うようになり絶好調なレベッカですが、彼の仕事で一緒にマンハッタンへ引っ越す事にまりました。。。絶好調なものの、相変わらずのお人好しな性格と悪気は無いのに口走ってしまう(かわいい)嘘によって読んでられない程ハラハラドキドキされられます。なにをどうやってもやっぱりお買い物が大好きで、貯金!と何回も心に誓うにも関わらず気づくとカードで支払いをしている私にはまるで自分を見ているようで笑いが絶えません!! 新作が出るまでは読むのがもったいなくて中々先に進まない程なんです。。新鮮な笑いが欲しい方にはピッタリ!!かなりのお勧めです!!!
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 カスタマー 投稿日 2003/11/21
形式: 文庫
レベッカのお買いもの日記1でレベッカにどっぷりとはまってしまった私にとって、本当に待ちに待った本作。もう少しで読めもしない原作を購入しようかとすら思っていたので、本作を手に取ったときの感慨もひとしおでした。
さて、内容はというと、またまたレベッカが繰り広げるどたばたにニヤリとしっぱなし!しかも今度はニューヨークにまで騒ぎを持ち込み、もう大変!でかすぎた(?)期待を裏切らない面白さでした!
ただ、訳者が変わってなんか雰囲気が変わってしまったのが残念なのと、なぜか一部をカットしてあるらしいので、☆一つをマイナス。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
待ちに待ったお買いもの日記2。
レベッカは相変わらずのお買いもの中毒で、
1での失敗も彼女を成長させるには至らなかったよう。
もう年齢としては大人だけれど、明らかに精神は未発達で
自己抑制能力には問題大有りのレベッカ。
ナイーブだったりドジばかりだったりする所もとても大人の女性とは
思えません。
でも私の心の中にもレベッカと同じような部分が少ないながらもあって、
そこが共感できるんだと思います。
またレベッカはとても心の温かい女性。
彼女を取り囲む人々もユニークで温かみがある素敵な人たち。
序盤はハラハラというかイライラさせられましたが、
後半は一気に読みきってしまいました。
読んでちょっと温かく、ほのかに幸せになれるシリーズです。
私もレベッカみたいに思いっきり開放的にお買い物をしてみたい。
もちろんそのためにお小遣いを貯めて・・・です。いつになることやら。
次もとっても楽しみです。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 marian 投稿日 2002/8/4
形式: ペーパーバック
前作の「Confessions of a Shopaholic」同様、話のテンポの良さといい、主人公(レベッカ)の破天荒な買いっぷりといい、どんどん話しに吸い込まれていった。気付けば、一気に読破!
内容は、前作を読んでからのほうが掴み易いかもしれないが、そうでなくても充分楽しめると思う。完全な女性向けの本ともいえる。ショッピングにおける女性の行動を知りたい男性にもお勧めだが、感情移入は難しいだろう。
ただ、レベッカの我がままぶり(というか、常識を超越した考え&行動)は、時として歯がゆさや怒りも少し覚えた。(嫉妬してるのか??)
英語もとりわけ難しくないという面と、主人公に感情移入しやすい面で、英語学習者にも良い教材?(読書本)になるかと思える。
また、カードでショッピングを繰り返している女性や、借金が多少ある女性?にもお薦めである。
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: ペーパーバック
このシリーズ、読み出すととまりません。クレジットカードのリミットぎりぎりの線でくらしてらっしゃる女性の皆様にオススメです。主人公Rebeccaの欲しいものも私たちと同じ。商品名も具体的だし、とっても実生活に即したお話だから自分に置き換えて読むことができます。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
1では傍若無人にショッピングをしているのに『自分は悪くない』みたいな気持ちの描写が多すぎ、請求書をゴミ箱に捨てたりして共感できないところが多くいらいらしながら読んでたんですが、2になると買い物依存症っぷりはやっぱりすごいんですけれどもレベッカなりに以前よりは計画的になっていらいら度が減りました。
それでもやっぱり借金をしていることには変らないレベッカ。
レベッカに頭を悩ませてきたロンドン銀行フラム支店の支配人、ミスタースミースとも今は良い信頼関係を結び、怒られつつもきちんと連絡をとり合う仲に。しかしスミース氏の退職、恋人ルークのNY進出計画でレベッカは転職も兼ねてルークと一緒にNYへ行くことに!
物価が安いアメリカ…しかもNYはレベッカの購買意欲をそそる街!
『ドルはポンドじゃないからお金のうちに入らないわよね』とまたまた意志薄弱っぷりを発揮し買い物しまくります。
ツケはもちろんまわってきます。
今度は自分ばかりでなくルークにまで影響が!
さて今度はどうするレベッカ?
ルークとの恋模様も面白く、優しいルームメイトのスーズやそのいとこタークィンもまた出てきます。
訳者が変わったせいもあるのでしょうか?
1では棚ぼた式になんとか借金返済へこぎつけるのですが、2では棚ぼたもありますがレベッカの本当の意味での成長ぶりが垣間見られとても良かったです。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー