Shape of Jazz to Come がカートに入りました

この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
今すぐダウンロード
¥ 1,500MP3アルバムを購入

Shape of Jazz to Come Import, CD

5つ星のうち 4.8 17件のカスタマーレビュー

価格: ¥ 1,026 対象商品¥ 2,000以上の注文で通常配送無料 詳細
残り2点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:24¥ 328より 中古品の出品:6¥ 512より

この商品は「輸入盤 どれでも2点以上買うと10%OFF」対象商品です
「輸入盤 どれでも2点以上買うと10%OFF」キャンペーン、8/29まで実施中。Amazon.co.jp が販売・発送する輸入盤がキャンペーン対象商品となります。販売、発送業者をご確認ください。 キャンペーンの詳細は「輸入盤ストア」でご確認ください


Amazon の オーネット・コールマン ストア


キャンペーンおよび追加情報

  • 「CDを買うとデジタルミュージック(MP3)ストアで使える200円クーポンプレゼント」キャンペーンの対象商品です。2016年8月31日23時59分(日本時間)までのご購入が対象となります。(マーケットプレイスでのご注文は対象外)

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 輸入盤CD、一部簡易包装についてのお知らせ:輸入盤CDにつきましては、環境保護のため、ビニール包装、開封防止シールの貼付等がされていない場合があります。あらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 宅配買取もしくは出張買取を選択してAmazonアカウントを使用して簡単お申し込み。 出張買取では買取額UP、8/31まで実施中。 今すぐチェック


よく一緒に購入されている商品

  • Shape of Jazz to Come
  • +
  • フリー・ジャズ
  • +
  • Vol. 1-at the Golden Circle
総額: ¥4,005
選択された商品をまとめて購入

登録情報

  • CD (2010/4/1)
  • ディスク枚数: 2
  • フォーマット: CD, Import
  • レーベル: Not Now UK
  • ASIN: B003GZB5RI
  • EAN: 5060143493485
  • 他のエディション: CD  |  カセット  |  LP Record  |  MP3 ダウンロード
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.8 17件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 音楽 - 146,548位 (音楽の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • このアルバムを試聴する アーティスト (サンプル)
1
30
5:02
ライブラリで再生 購入: ¥ 150
 
2
30
4:23
ライブラリで再生 購入: ¥ 150
 
3
30
9:04
ライブラリで再生 購入: ¥ 150
 
4
30
6:52
ライブラリで再生 購入: ¥ 150
 
5
30
6:48
ライブラリで再生 購入: ¥ 150
 
6
30
6:05
ライブラリで再生 購入: ¥ 150
 
7
30
4:19
ライブラリで再生 購入: ¥ 150
 
8
30
4:49
ライブラリで再生 購入: ¥ 150
 
9
30
7:24
ライブラリで再生 購入: ¥ 150
 
10
30
5:43
ライブラリで再生 購入: ¥ 150
 
11
30
2:52
ライブラリで再生 購入: ¥ 150
 
12
30
4:24
ライブラリで再生 購入: ¥ 150
 
13
30
4:16
ライブラリで再生 購入: ¥ 150
 
14
30
5:04
ライブラリで再生 購入: ¥ 150
 
15
30
4:17
ライブラリで再生 購入: ¥ 150
 

商品の説明

[CD 1]

The Shape Of Jazz To Come

1. Lonely Woman
2. Eventually
3. Peace
4. Focus On Sanity
5. Congeniality
6. Chronology


[CD 2]

Something Else!!!!

1. Invisible
2. The Blessing
3. Jayne
4. Chippie
5. The Disguise
6. Angel Voice
7. Alpha
8. When Will The Blues Leave?
9. The Sphinx


カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.8
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: CD
このCDの1曲目「ロンリー・ウーマン」が何人の人の音楽観や人生を変えてしまったのでしょうか。譜面を超えたリズムやピッチのゆらぎ,合わないような合っているようなユニゾン,本当に奇妙で魅力的な曲です。ドン・チェリーらの「オールド・アンド・ニュー・ドリームス」,高柳昌行氏のソロ・アルバム,ジョン・ゾーン,大友良英氏らの再演を聴くにつけこの曲に対するミュージシャンたちの思い入れの強さを感じます。ほかの曲もメロディアスで小鳥が羽ばたくようであったり,小魚がはね回るようであったり,ジャズを超えて,「音楽」を聴く喜びを与えてくれます。
(オーネット・コールマン氏は2015年に85歳で鬼籍に入られました。心よりご冥福をお祈りします)
コメント 22人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 cb92 投稿日 2011/4/29
形式: CD
17歳位のチビの時、ミンガスとドルフィーのストミーウエザー。ロンリーウーマンを聴いて人生が変わった、良かったか悪かったかは別として。
64歳の現在でもその時の、アバンギャルドな精神的ルーツで、生きているからよしとするか。
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD Amazonで購入
独学でジャズを学んだオーネットコールマン初期の、フリージャズの基盤を築き上げた名作。モダンジャズ以前にはなかった、演奏者の個性表現を重要視するというスタイルを、ビバップシーンからしっかり受け継いでいるように見受けられる作品です。また、のちのフリージャズを思わせる前衛的なアプローチで、他のジャズイストに洗礼を与え、極めて自由度の高い表現で一躍時代の創造者となったオーネットが残した第一の挑戦、ととらえられると思います。このソウル的ともとれる熱狂感に、知的な快感あふれるジャズが入ってくる感じが面白いです。まずは十分に試聴してみてください。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
オーネット・コールマン (Ornette Coleman, 1930年3月9日〜) は、アメリカ合衆国テキサス州フォートワース生まれのジャズ・サックス奏者。1960年代の前衛ジャズの革新的な役割を担った、氏の演奏するジャズは現在でもプロのミュージシャン、一般リスナーにおいて賛否両論が続いている。アルバムは1959年の録音で邦題「ジャズ来るべきもの」アトランティック・レーベルの衝撃の第一弾。それにして、コルネットのドン・チェリーがオーネット・コールマンにぴったり張り付いて離れない、凄いの一言。全体は無秩序でありながら統合されてる音楽とでも表現したらいいのか、静かに根気よく結構長きにわたって聴いてきてはいるが聴くたびに、その度にこれ程見識が変わるアルバムもめずらしい。ある意味では鏡にたとえれる、その時の本当の自分をそのまま返してくる誠に不思議な演奏。「大きく打てば大きく響き 小さく打てば小さく響く」この言葉は勝海舟が西郷隆盛を評して言った言葉とされているが、まさにこのアルバムのオーネット・コールマンは類似している。
(青木高見)
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 voodootalk 殿堂入りレビュアートップ500レビュアーVINE メンバー 投稿日 2008/9/10
形式: CD
1959年5月22日、ハリウッドで録音。新しいサウンドを求めていた当時のジャズ界に『フリー・ジャズ』の中心的存在として登場したオーネット・コールマンの代表的な作品として名高い。

そして今聴くと不思議なことに最も有名な『淋しい女』よりも、むしろ『イヴェンチュアリー』より後の曲の方が興味深い。なぜなら独特のフレージングの取り方と和音の展開、リズムが後続の有能なミュージシャンたちの根っこになっていると思えるからだと思う。代表的なのがパット・メセニーで、彼のギターのフレージングの多くはオーネットのそれに多大な影響を受けている。ある意味アルト・サックスで実行された音楽を、ギターに弾き直し、発展させたものがパット・メセニーの音楽の根底にあると思えてくる。

それはパットに限らない。ここで競演しているドン・チェリーにしてもチャーリー・ヘイデンにしても色濃く、オーネット・コールマンの独特な触感を受け継いでいる。そういう観点からもジャズ史上最重要アルバムの一つと言えるだろう。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
このレコードの表題はTHE SHAPE OF JAZZ TO COME(ジャズ来るべきもの)ですが、このレコードによりオーネット・コールマンが1959年に フリージャズ を始めた歴史的なレコードであります。音楽の三要素はご存知のようにリズム(拍子)、ハーモニー(和音)、メロディー(旋律)ですが、この時のフリー(自由)という意味はこの三要素を全てフリーにしたものではなく、ジャズ奏法においての コード進行や新しく台頭してきた モード奏法からの脱却でした。このフリージャズは賛否両論で沸きましたが、このレコードで相棒としてコルネットを吹いているドン・チェリーもコールマンと息の合ったアドリブを聴かせ、一躍二人はフリージャズの旗手として名声を博しました。それではフリージャズの先覚者達の名演で不思議な美しさを湛えるロンリー・ウーマンをお聴き下さい。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。


フィードバック