Shall we ダンス? オリジナル・サウンドト... がカートに入りました
数量:1

この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

Shall we ダンス? オリジナル・サウンドトラック Soundtrack

5つ星のうち 4.0 2件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 3,086
価格: ¥ 2,484 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 602 (20%)
残り5点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。

メールマガジン購読:J-POP関連商品
注目のニュータイトルから割引情報、お買い得セールほか、J-POP関連アーティストに関する情報をお届け。 購読はこちら


キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • Shall we ダンス? オリジナル・サウンドトラック
  • +
  • Shall we ダンス? [DVD]
総額: ¥4,338
選択された商品をまとめて購入

登録情報

  • CD (2004/9/29)
  • オリジナル盤発売日: 1997/7/11
  • ディスク枚数: 1
  • フォーマット: Soundtrack
  • レーベル: 徳間ジャパンコミュニケーションズ
  • 収録時間: 54 分
  • ASIN: B0002RN9CC
  • EAN: 4988008791433
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 2件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 音楽 - 107,226位 (音楽の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

曲目リスト

ディスク:1

  1. 曇りのちワルツ (杉山のテーマ)
  2. Shall we dance?
  3. t.t.tango (タマニハ タノシイ タンゴ)
  4. Now he dances,now she loves (彼はクイックがお好き)
  5. 日曜日はルンバでおでかけ (ドニーは家に帰れない)
  6. Save the last dance for me (ラストダンスは私に)
  7. Wintergarden ~ Blackpool (舞のテーマ)
  8. 彼の気持は3/4 (杉山のテーマVariation)
  9. 恋の10ダンス
  10. ゴールドルンバ (ドニー青木のテーマ)
  11. 東京のパソ
  12. love,love,jive!
  13. Q for 2
  14. 彼女・狐・踊ル (スローなキツネで行こう!)
  15. 9月のルンバ
  16. ある日私はワルツした (杉山のテーマVariation)
  17. milky way
  18. Shall we dance? (accordion melody)

商品の説明

内容紹介

1996年に公開され大ヒットした周防正行・監督の『Shall We ダンス?』のサウンド・トラック。テーマ曲「Shall we dance?」は大貫妙子・作によるナンバー。

メディア掲載レビューほか

映画『Shall we ダンス?』のサウンドトラックを低価格再発売。周防義和監督が音楽を担当。主題歌&挿入歌他を収録。


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.0
星5つ
0
星4つ
2
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
両方のカスタマーレビューを表示
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 ボヘミャー 殿堂入りレビュアートップ50レビュアー 投稿日 2010/9/30
映画本篇はもちろん素晴らしい出来でしたが、このサントラもすばらしい。

大貫妙子さんの名唱が聞けるタイトル曲「Shall we dance?」も2曲目に入っている。
それにしてもよくこの歌を大貫さんに振ってくれた。そのセレクト眼に脱帽。

清水美砂さんの名唱「恋の10ダンス」も入っている。これもオリジナル曲。
昭和のダンスホールと歌謡曲のムードを忠実(かそれ以上)に再現。
清水さんの歌唱法もそのオーダーに見事に答えている。
これは映画の場面そのものらしく、最初にホールのざわめきが入っている。

5曲目「日曜日はルンバでお出かけ」は途中にノリノリのE・ギターソロが入るが、
いったい誰が弾いているんだろうと思ったら、作曲者ご本人だった。

7曲目は、舞が「ダンス教室」の窓辺で過去のブラックプールのことを想う、その時のワルツ。
映画ではインストだったのに、ここでは素敵な女性のスキャット(本間哲子さん)が入っている。
このスキャットがまたいい。

ドラムスは島村英二さんがメイン、鍵となるのはベースで、全曲を作曲者の音楽仲間、泉尚也さんが弾き通している。
ベースラインに注意して聴いていくのも、楽しみのひとつ。
...続きを読む ›
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 街道を行く #1殿堂トップ1000レビュアーVINE メンバー 投稿日 2005/5/15
映画をご覧になった方なら、持っておきたいとお考えになる作品でしょう。場面場面を思い出すのを手助けしてくれる曲が詰められていて嬉しいですね。センスがいいなぁ~という感じです。ただ、こうやって改めて音楽だけを聞き返してみて感じたのは、映画の画面に流れたときの方が輝いていたんじゃないかなということです。だからといって、価値を損なうわけではないんです・・・・。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。


フィードバック