Shall We ダンス? (初回限定版) [DV... がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または

この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

Shall We ダンス? (初回限定版) [DVD]

5つ星のうち 4.7 75件のカスタマーレビュー

価格: ¥ 5,267 通常配送無料 詳細
ポイント: 53pt  (1%)  詳細はこちら
残り1点 ご注文はお早めに 在庫状況について
この商品は、北都商店が販売し、Amazon.co.jp が発送します。 この出品商品にはコンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー払いが利用できます。 ギフトラッピングを利用できます。

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • 注記:Amazon.co.jpが販売・発送する一部の商品は、お一人様あたりのご注文数量を限定させていただいております。お一人様あたりのご注文上限数量を超えるご注文(同一のお名前及びご住所で複数のアカウントを作成・使用されてご注文された場合を含みます。)その他Amazon.co.jpにおいて不正なご注文とみなす場合には、予告なくご注文をキャンセルさせていただくことがあります。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


よく一緒に購入されている商品

  • Shall We ダンス? (初回限定版) [DVD]
  • +
  • Shall We Dance ?(初回限定版) [DVD]
総額: ¥7,427
ポイントの合計: 53pt (1%)
選択された商品をまとめて購入

この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: 役所広司, 草刈民代, 竹中直人, 渡辺えり子, 柄本明
  • 監督: 周防正行
  • 形式: Color, Dolby, Limited Edition, Widescreen
  • 言語: 日本語
  • 字幕: 日本語, 英語
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.78:1
  • ディスク枚数: 2
  • 販売元: 角川エンタテインメント
  • 発売日 2005/04/08
  • 時間: 136 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.7 75件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B0001JZHHG
  • JAN: 4988111281524
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 13,682位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

Amazonレビュー

   平凡な中年サラリーマンの杉山(役所広司)は、通勤電車のホームから見かけた社交ダンス教室の美女・舞(草刈民代)に魅せられ、ダンスを習うことに。やがて彼は舞目当てではなく、本気でダンスに取り組むようになり、また舞もひたむきな杉山の姿から、見失っていた自分自身を取り戻すようになるが……。
   周防正行監督が、社交ダンスの世界を舞台に描くハートウォーミングな大人のラブコメディー映画。時流からずれた世界をコミカルに、しかし愛情を込めて描く周防監督のテイストは本作によって完全に確立されたとみて思しい。主演ふたりの好演はもちろんのこと、竹中直人ら脇を固める面々の魅力を個性豊かに捉えているのも、この監督ならではの長所である。(的田也寸志)

内容(「Oricon」データベースより)

1996年に劇場公開され、日本アカデミー賞主要6部門ほか映画賞を受賞した「Shall We ダンス?」をパッケージ化。美しいダンス講師を見かけたことから、ダンスへの情熱に目覚めていくサラリーマンを中心に描いた感動ストーリー。役所広司、草刈民代ほか出演。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: DVD Amazonで購入
アメリカで見られる「シャルウィーダンス?」は、オリジナルを約二十分ほどカットしたもので、まず、出だしが違うし、その上、そのカットされた部分に、ストーリーライン展開の上で、あったほうがいい情報がかなり入っていました。たとえばなぜ、舞さんが「場末のダンス教室でダンスを教えているか」、彼女の父の深い考え、また、千景さんが、ただの主婦ではなく、パートタイムの仕事を始めたこと、など、アメリカ版だけを見ているとわからないことが、はっきりします。また、元々の映画は、舞さんをより人間的に描き出していることがわかりました。西洋人から見ると(またアメリカ版では)、昌子さんが一番可哀想に見えますが、オリジナル版での、車の運転をしたりする活動的な彼女の姿を見るのは、よいことではないでしょうか。若しできたら、ミラマックス版ではなく、このオリジナル版が、広くアメリカで見られたらいいな、と思いました。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
違反を報告
形式: DVD
もうずいぶん古い映画になってしまいました。
でも、いつ観てもやっぱり面白い。
暇な時、毎日が充実している時、毎日が辛くて仕方ない時。
そんな時に、ふと観たくなる映画です。

ハリウッドのような派手さはありません。
日本人の美徳をギュっと詰めた、地味で、質素で、慎ましい映画です。
でも、見終わるととても爽快感に満たされます。さあ、今日も頑張ろう、明日も頑張ろう、と思えます。
心がじんわりと温かくなって、隣にいる愛する人の手をそっと取りたくなったりして(笑)

あまり映画を観ない人たちにこそ、こういう素晴らしい作品に触れてほしい。
コメント 15人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
違反を報告
形式: Blu-ray Amazonで購入
お恥ずかしい話、名前だけ知ってて見たことはありませんでした。洋画の方が元ネタだと勘違いしており、こちらが先だと知って気になり始めて見ました。
とにかく映像が素晴らしいです。無理に派手にせずに、素朴な感じで進んでいく感じが好みすぎる。何か大きな事件が起きるわけでもなく、派手なアクションがあるわけでもありません。平凡なサラリーマンの人生がキラッと輝く瞬間を見られる、それだけの映画です。ただそれだけなのですがとても満たされます。自分はラストが好きで好きでしょうがなく、ラストを見たいがために何回も見直してしまいました。(勿論他のシーンも素晴らしいです)
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
違反を報告
形式: DVD
フレッドアステア&ジンジャーロジャースのRKO作品の中では全体的な完成度が最も高いのではと思います。また、アイラ&ジョージ・ガーシュイン(作詞作曲)の名コンビの作品で固められた本作では、ジャズ・ボーカルのスタンダードナンバーとして今でも歌われ続けている曲が数多く、スタンダード曲のオリジナルの情景が理解出来ます(米国のクラブ等で歌手&聴衆やりとりの背景としてこの映画の相互理解があるようで、後で本作品を見て「あの時、この事を言っていたのか!」と納得した次第)。
悲しいのは、画質が良くない事、また焼き付けの字幕のセンスが非常に悪い事(アイラの詩は難解ですが、もうちょっと何とか訳せないかなあ)、特に以前ビデオで見たときは問題無かったので興ざめです。
コメント 17人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
違反を報告
形式: DVD
この映画は、西洋化の文化が進んだ現代の日本だからこそ撮れる人間ドラマのハートフルコメディ。
基本的には面白おかしく主人公たちの日常を描くんだけど、登場人物一人一人の丁寧な掘り下げ、趣味のダンスが生きがいになってしまった人達の喜びや哀しさを噛み締める映画なんだよな。
ダンスの生徒と教師、家族持ちの男と独身女性の不思議な関係・・・一線を越えずとも、ダンスを通じて心と体で交流する様々な人間模様を見せてくれる。

探偵事務所のシーンはキャロル・リードの「フォロー・ミー」へのオマージュ、
主題歌は「王様と私」のカヴァー、
全体的な雰囲気はビリー・ワイルダーやフランク・キャプラにも通じる粋なやりとりを見せてくれる。

「日本人が社交ダンスだなんて・・・」というセリフからも解る通り、日本人は昔から亭主関白的な文化で“女性と手をつなぐ”なんて習慣は馴染みが薄い。
まして一緒に床は過ごしても手を取り合って踊るなんて風習は皆無に近かった。
明治維新後も「鹿鳴館」で社交辞令として踊るくらい。
西洋を見習って服装は変わっても、古くからの中身はほとんど変わらない時代が続いた。
軍隊だって基本的には男が主軸。
女武将や女城主、女スパイは歴史上数あれどほんのひと握り。
女性
...続きを読む ›
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー


同様の商品をご覧になりませんか? こちらのリンクで参照ください。dvd 邦画

関連商品を探す