¥ 3,265
  • 参考価格: ¥ 3,305
  • OFF: ¥ 40 (1%)
通常配送無料 詳細
残り14点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
The Sartorialist がカートに入りました
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

The Sartorialist (英語) ペーパーバック – 2009/8

5つ星のうち 4.5 36件のカスタマーレビュー

その他(3)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
ハードカバー
"もう一度試してください。"
¥ 64,923 ¥ 35,931
ペーパーバック, 2009/8
¥ 3,265
¥ 1,925 ¥ 1,000

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。無料体験でもれなくポイント1,000円分プレゼントキャンペーン実施中。


click to open popover

よく一緒に購入されている商品

  • The Sartorialist
  • +
  • SAPEURS  - Gentlemen of Bacongo
総額: ¥5,749
ポイントの合計: 75pt (1%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazonランキング大賞 2016上半期】入賞発表!
洋書総合は『The Rider Tarot Deck』 が堂々の1位。 洋書総合ランキングへ

商品の説明

内容紹介

Scott Schuman just wanted to take photographs of people that he met on the streets of New York who he felt looked great.

His now-famous and much-loved blog, thesartorialist.com, is his showcase for the wonderful and varied sartorial tastes of real people across the globe. This book is a beautiful anthology of Scott?s favorite images, accompanied by his insightful commentary. It includes photographs of well-known fashion figures alongside people encountered on the street whose personal style and taste demand a closer look.

From the streets of New York to the parks of Florence, from Stockholm to Paris, from London to Moscow and Milan, these are the men and women who have inspired Scott and the many diverse and fashionable readers of his blog.

After fifteen years in the fashion business, Scott Schuman felt a growing disconnect between what he saw on the runways and in magazines, and what real people were wearing. The Sartorialist was his attempt to redress the balance. Since its beginning, the blog has become hugely admired and influential in the fashion industry and beyond. Thesartorialist.com is consistently named one of the top blogs in the world. A self-taught photographer, Schuman shoots for publications including French Vogue, American GQ, Fantastic Man and Elle, and a growing list of advertising clients. Scott has also shown his work at the New York photo gallery The Danziger Projects and appeared in the GAP Style Icon campaign in the fall of 2008. He has been named the number one fashion photography trend by American Photo magazine, as well as one of Time magazine?s top 100 design influencers.

レビュー

More people notice me in The Sartorialist column than in any other publication or website. Obviously the place to be seen!
Mario Testino
Scott doesn t just take pictures, he captures emotion. He is not just a photographer. He s a historian marking the feelings of this generation one photo at a time.
Kanye West
During all the fashion weeks I am approached by many photographers, Scott is the only one who can ask me to cross the street for better light and I do it! I love his portraits.
Carine Roitfeld, editor of French "Vogue"
Everybody loves being photographed by Scott Schuman. If he spots you in the crowd, whether in New York or Paris or Milan, it s a kind of validation. And everybody likes to see who he has photographed for The Sartorialist, because it s proof of his critical eye.
Cathy Horyn, "The New York Times"

?More people notice me in The Sartorialist column than in any other publication or website. Obviously the place to be seen!?
?Mario Testino

Scott doesn?t just take pictures, he captures emotion. He is not just a photographer. He's a historian marking the feelings of this generation one photo at a time.
?Kanye West

During all the fashion weeks I am approached by many photographers, Scott is the only one who can ask me to cross the street for better light and I do it! I love his portraits.
?Carine Roitfeld, editor of French "Vogue"

Everybody loves being photographed by Scott Schuman. If he spots you in the crowd, whether in New York or Paris or Milan, it's a kind of validation. And everybody likes to see who he has photographed for The Sartorialist, because it's proof of his critical eye.
?Cathy Horyn, "The New York Times"

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • ペーパーバック: 512ページ
  • 出版社: Penguin Books (2009/08)
  • 言語: 英語
  • ISBN-10: 0143116371
  • ISBN-13: 978-0143116370
  • 発売日: 2009/08
  • 商品パッケージの寸法: 13.3 x 4.1 x 18.7 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.5 36件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 洋書 - 737位 (洋書の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.5
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: ペーパーバック
ストリートスナップブログの中でも群を抜いてハイセンスな「The Sartorialist」の書籍版。

同じものが無料でネットで見られるが、
いちいちPCを起動してスクロール&クリックでさかのぼらなければいけないネットとは違い、
パラパラめくって沢山のページを気軽に楽しめるのが書籍ならではの良いところ。
それに書籍版だけあって、膨大な写真の中からより良い写真が選ばれている。

「The Sartorialist」はファッションスナップというよりも、報道写真に近い。
彼は、ただ着飾った人間を撮っているのではなく、
ファッションを通して、その人間から滲み出る生き様や、生活の背景を写している。

スナップの中にはスーパーモデルや有名ファッションエディターの写真も多数あり、
彼らがスタイリングの参考になることは間違いないが、
写真としては、普通のおじいさんやおばあさんが一番輝いているし、こうやって歳をとりたいと思える。
それは、スコット・シューマンが彼らの生き様を写しているからに他ならない。

彼に日本でスナップを撮らせたら面白いと思う。
日本のスナップ特集に載っているような、着飾っているだけの人達は無視されるに違いない。
是非、日本でも撮って欲しい。
2 コメント 70人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: ペーパーバック Amazonで購入
`Bald fat man,' New York
214〜217ページに載っている被写体とカメラマンの会話:
「何で僕の写真なんか撮りたがるんだ?ハゲたデブ(bald fat man)だぜ.」
「あなたはそんなに...いやそうなんだけど,でもあなたは凄くお洒落なハゲたデブです.」
その被写体の写真がブログに載ったあと,アメリカ各地で太った中年男が写真のプリントアウトを地元のデパートに持っていって,こういう格好をしたいんだと言ったそうな。

確かに業界の有名人も何人か出てきますが,この本は基本的には,そういう「お洒落な一般人」を眺めて楽しむ写真集だと思います。あと,我らが富永愛や赤峰先生が頑張っている姿も映っているので,日本人には嬉しいところ。
コメント 54人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: ペーパーバック
毎月発行されるファッション雑誌では、いつも物足りなかった。
いっときの流行を追ったものではすぐに見飽きてしまう。

おめかしする機会はすくない、普通の市民ですから、普段の生活の中で自分自身が楽しめて、気分よくなるファッションの例を、もっと知りたかった自分には、「まさにツボ」でした。

超格安で手に入れた医服を当然のように着て生活している学生さん、
お父さんのお古を大事に着続けているおじいちゃん、
ワイシャツをスカートとして自然に腰に巻きつけている女の子、

みんなとってもかっこいい。

きっと、自分をよく知っていて、身の丈もよく知っている人達が、
無理せずに個性を出して、それによって自分も楽しくその日を生きている、
そういう雰囲気が溢れている本です。

これは一生読み返したいファッションスナップ集。

月刊誌では、こうはいかない。
コメント 41人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: ペーパーバック Amazonで購入
ストリートスナップということですが、実際に市井の人々を撮影しているわけではなく、フツウの若者たちや、おばちゃん、おじいさんを、街角で拾った・・というわけではありません。
中には、そういう写真も少しはありますが、全員がど素人ではない。モデルやファッション誌の編集者、有名人、デザイナー、実業家・・なども含まれます。が、彼らはカメラに向かってモデルとしてポーズをとるわけではなく、撮影用のブランド服をこれ見よがしに着て決めているわけではなく。
ごく、フツウのショットです。
彼らの、なにげない立ち姿、姿勢、携帯電話片手にバッグを探る手つきや視線にすら華があります。自信に満ちて闊歩する姿は、それだけで美しい!
そこが、この雑誌の決め手の一つでもあります。
非常にファッションにこだわりがあり、それなりの業界人でもあり、プロのモデルでもあり・・のつわものが、私生活や、仕事では、どんなファッションなのか?ブランドバッグや、靴、ワンピースを、どのように自分の流儀で着崩しているのか?が窺えます。
市井のフツウのおばちゃん、おっちゃんではないので、さすがに業界人だけあってカメラ目線もポーズもどうどうとしていますし、細部にこだわりが感じられます(靴の先から靴下の選択、バッグと服装との色や大きさのバランス、なにげなく持っている花束のカラーまで・・絶妙
...続きを読む ›
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



フィードバック