通常配送無料 詳細
残り4点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
SWITCHインタビュー 達人達 小山薫堂 × 佐... がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: ◆◆◆カバーに若干の使用感がありますが、きれいな状態です。迅速・丁寧な発送を心がけております。【毎日発送】
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

SWITCHインタビュー 達人達 小山薫堂 × 佐藤可士和 (SWITCH INTERVIEW達人達) 単行本 – 2014/2/28

5つ星のうち 3.7 26件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 864
¥ 864 ¥ 55
この商品の特別キャンペーン 本とのまとめ買いで対象商品が10%OFF 1 件


AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • SWITCHインタビュー 達人達 小山薫堂 × 佐藤可士和 (SWITCH INTERVIEW達人達)
  • +
  • 小山薫堂 幸せの仕事術 つまらない日常を特別な記念日に変える発想法
  • +
  • 社会を動かす企画術 (中公新書ラクレ)
総額: ¥2,981
ポイントの合計: 79pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



Amazonランキング大賞2017上半期 本
やせるおかずの柳澤英子さん、白石麻衣さん、にしのあきひろさん、諫山創さんからの受賞コメント付き 和書総合ランキングTOP20へ

商品の説明

内容紹介

NHK Eテレのクロスインタビュー番組、『SWITCHインタビュー達人達』が単行本化!
異なる分野で活躍する2人の“達人"が出会い、語り合う。
しかも、単なる対談番組ではなく、番組の前半と後半でゲストとインタビュアーを「スイッチ」しながら、
それぞれの「仕事の極意」について語り合い、発見し合う――
いまだかつてないトークスタイルが話題を呼んでいる『SWITCH INTERVIEW 達人達』がシリーズとなって書籍化。

小山は“無駄を楽しむ男"、佐藤は“整理する男"。
トップクリエイターでありながら、その発想・生き方が180度違うふたりが語り合った、究極の仕事術――
「結果を出す重みとは」「クライアントとの向き合い方」「ブランディング」「サービス精神」「日本について思うこと」。
一見水と油だが、トップクリエイターだからこそ共通できる、共感できるファクターがあった。

書籍『SWITCH INTERVIEW 達人達』は、各回を代表する達人と達人の仕事の極意、生き方の極意が読み取れる、
エンターテインメントテイストあふれる、ビジネス書であり啓蒙書です。

内容(「BOOK」データベースより)

“無駄を楽しむ男”と“整理する男”。トップクリエイターが語り尽くした究極の仕事術。異なる分野で活躍する2人の“達人”が出会い、語り合う―。NHK Eテレのトークドキュメントが書籍化!

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 128ページ
  • 出版社: ぴあ (2014/2/28)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4835618726
  • ISBN-13: 978-4835618722
  • 発売日: 2014/2/28
  • 梱包サイズ: 19 x 12.8 x 1.3 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.7 26件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 389,207位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 3.7
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本 Amazon Vine レビュー ( 詳しくはこちら )
 まったくタイプの異なる二人のクリエイターの対談である。

 工夫している箇所と言えば、お二人の事務所をお互いに訪問して対談している点
である。お二人の違いがそのまま事務所の有り方に反映されていて楽しい。

 お二人の違いは何か。端的に言うと、小山という方は過剰な遊び心の
中から出てくるものを狙っているのに対し、佐藤という方は贅肉をそぎ落として
本質に迫るというスタイルということかと読んだ。

 「そんな二人が案外共通している」という点を探すことがこの手の本の基本
だと思う。この本でもそれを狙っている節はあるが、結局そこまでに至って
いない。というかお二人に敢えてお互いの共通点を見出そうという興味が
無かったという事だと思う。その点で編集者の意図は失敗しているのかも
しれない。しかし、それはそれで良い。

 あっさりした本だが楽しく読めた。二人のどちらにシンパシーを感じるのか
を考えることも楽しい。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 水の助 VINE メンバー 投稿日 2014/4/8
形式: 単行本 Amazon Vine レビュー ( 詳しくはこちら )
NHKの番組「スイッチー達人たち 佐藤可士和×小山 薫堂」の書籍版。

ユニクロのトータルデザインに、くまもんの仕掛け。
どちらも世界をまたにかけるヒットメーカーだ。

お互いがそれぞれのオフィスに趣き、
仕事や環境についてインタビューをするのだが、
そのオフィスっぷりが真逆なのが面白い。

小山氏は、遊びが部屋中にちりばめられ、ごちゃごちゃ。
佐藤氏は、無駄が一切無くすっきりでクリーン。

どちらが正しいとか間違っているのではない、どちらもアリなのだ。
クリエイティブな思考を、1冊で2種類知ることはとても良いことだと思う。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazon Vine レビュー ( 詳しくはこちら )
小山薫堂と佐藤可士和の対談記録。さっと雑誌感覚で読めた。
印象に残ったのは、創造性というのは環境に欠けるものがあって初めて発揮できるということ。

だから、ハワイはクリエイターにとってだめな場所である。満たされていて、クリエイティブなものが育ちにくい。環境自体がすばらしく、やることがない、というのが納得できた。

やはり、信条のようなものが面白い。小山氏は「もったいないものが、どうやったらもったいなくなくなるか」を考え、「誰か一人のために企画を作る」という。
一方、佐藤氏はユニクロのブランディングのお話のところで「この人がやりたいことをやればいい」答えは相手のなかにあるという。

優れた企画を出す人にもいろんなタイプがあって、いずれにせよ、自分のスタイルを追求して高めることが大事なのだろう。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazon Vine レビュー ( 詳しくはこちら )
お二人ともそれぞれ多数の書籍を出版されているので、そっちを読んだ方がよほど身になるでしょう。テレビ番組の書籍化だけに表面的です。価格は安いですが。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 麗藤ちよこ VINE メンバー 投稿日 2014/3/25
形式: 単行本 Amazon Vine レビュー ( 詳しくはこちら )
TV番組の書籍化ということで
当たり前かもしれないがいろいろ削ぎ落とされた部分が気になった。

写真がお二人の仕事場の対比としての二葉のみで
それだけでも対極である姿勢は理解できる説得力があったが
本としては値段のわりにバリューを感じなかった><。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazon Vine レビュー ( 詳しくはこちら )
この2人を知らない人よりも、どちらかのファンの人が読んだ方が面白いだろうと思う本。内容はそこそこ面白いと思うが、個人的には本全体が会話の書き起こしというスタイルが若干読みづらかった。2人の声がわかるぐらい好きな人が読むといいだろう。正直書籍ではなく雑誌とかで読みたい内容。値段は妥当だと思う。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazon Vine レビュー ( 詳しくはこちら )
 2013年5月4日に、NHK Eテレ『SWITCH インタビュー 達人達 小山薫堂×佐藤可士和』番組放送を視聴しました。
本書は、この放送をもとに加筆、再構成されたものです。
 両者のブランディング(顧客ニーズを見極め、自社の強み・弱点を洗い出し、自社だけが提供できる価値(ブランドコンセプト)を明確にする。そして、ブランドメッセージとしてブランドデザインに込めて発信。同時に従業員には自信と誇りを与え、それに相応しい行動を促す。市場からは、価値あるブランドとして認知、理解、信頼され、飛躍的な業績向上を実現する)手法は、一見するとかなり違うように見えるが、『肝』の部分では共通点があり興味深い。
 残念ながら番組を見ていない方には、2人の醸し出す雰囲「気」は、伝わらないと思う。改めて活字にされたことで、彼らのモノの見方や考え方が整理され、より分かりやすくはなった。しかし、なぜクライアントが惚れ込んで依頼をするのかは、映像のほうが納得できる。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー