SUPERMARKET+FANTASY+%5B%E5%88%9D%E5%9B%9E%E9%99%90%E5%AE%9A... がカートに入りました

こちらからもご購入いただけます
カートに入れる
¥ 4,150
通常配送無料 詳細
発売元: MINORITY RECORDS
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

SUPERMARKET FANTASY [初回限定盤:CD+DVD] CD+DVD, Limited Edition

5つ星のうち 4.4 268件のカスタマーレビュー

価格: ¥ 4,150 通常配送無料 詳細
ポイント: 1pt  詳細はこちら
残り1点 ご注文はお早めに 在庫状況について
この商品は、【365日スピード発送】ネットショップ つくば屋【茨城県古物商許認可店】が販売し、Amazon.co.jp が発送します。 この出品商品には代金引換とコンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー払いが利用できます。 ギフトラッピングを利用できます。

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

Amazon の Mr.Children ストア


キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • SUPERMARKET FANTASY [初回限定盤:CD+DVD]
  • +
  • HOME(通常盤)
  • +
  • シフクノオト
総額: ¥9,357
選択された商品をまとめて購入

登録情報

  • CD (2008/12/10)
  • ディスク枚数: 2
  • フォーマット: CD+DVD, Limited Edition
  • レーベル: TOY'S FACTORY Inc.(VAP)
  • 収録時間: 70 分
  • ASIN: B001H0GBYQ
  • JAN: 4988061862910
  • その他のエディション: CD
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.4 268件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 音楽 - 10,383位 (音楽の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

曲目リスト

ディスク:1

  1. 終末のコンフィデンスソング
  2. HANABI
  3. エソラ
  4. 声
  5. 少年
  6. 旅立ちの唄
  7. 口がすべって
  8. 水上バス
  9. 東京
  10. ロックンロール
  11. 羊、吠える
  12. 風と星とメビウスの輪
  13. GIFT
  14. 花の匂い

ディスク:2

  1. MUSIC CLIP 2007-2008 ~SUPERMARKET FANTASY~::旅立ちの唄
  2. MUSIC CLIP 2007-2008 ~SUPERMARKET FANTASY~::GIFT
  3. MUSIC CLIP 2007-2008 ~SUPERMARKET FANTASY~::HANABI
  4. MUSIC CLIP 2007-2008 ~SUPERMARKET FANTASY~::花の匂い
  5. MUSIC CLIP 2007-2008 ~SUPERMARKET FANTASY~::エソラ

商品の説明

内容紹介

■東宝系映画『恋空』主題歌「旅立ちの唄」
NHK ドラマ8『バッテリー』主題歌待望の初音源化「少年」NHK 北京オリンピック放送テーマソング「GIFT」フジテレビ系ドラマ『コード・ブルー 〜ドクターヘリ緊急救命〜』主題歌「HANABI」
東宝系映画『私は貝になりたい』主題歌として話題の配信限定シングル「花の匂い」超大型タイアップ楽曲5曲含む全14曲!
■初回限定盤はDVD「MUSIC CLIPS 2007-2008 ~SUPERMARKET FANTASY~」付き仕様。「旅立ちの唄」「GIFT」「HANABI」「花の匂い」「エソラ」収録。

※内容は変更する場合があります。
※初回特典は数に限りがございますので、ご注文はお早めに。
※初回限定版をご希望の場合、単品でのご注文をお願いします。
他の商品とあわせてご注文されますと、それらの商品の発送可能時期によりましては、初回特典付をお取り置きできない場合がございますので、ご了承ください。

メディア掲載レビューほか

通算15枚目のオリジナル・アルバム。映画『恋空』の主題歌「旅立ちの唄」から「HANABI」までのシングルや、初の配信限定曲「花の匂い」など2008年話題のナンバーを多数収録。前作より親しみやすく、よりアーティスティックな魅力を増した`リスナーと一緒に完成させる`アルバム。言うまでもなく名盤です! (C)RS


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

投稿者 かさこ VINE メンバー 投稿日 2008/12/9
形式: CD Amazonで購入
全14曲聴いて思ったこと。
「幸福感に貫かれたアルバム」
どの曲にも幸せやわくわくするような楽しさが、
目一杯込められたアルバムです。

とにかくすごいアルバムです!
全部シングルにしたっていいぐらい、
1曲1曲がすごいんです。
だからどれを聴こうか迷ってしまうんです。

特に頭から聴いていると、
1〜6曲目まではすべてシングルみたいな感じで、
息つく暇もなく、聴き入ってしまう。

7曲目「口がすべって」8曲目「水上バス」で、
ほっと一息、アルバムっぽい曲で、
一休みできるんですけど、
9曲目「東京」10曲目「ロックンロール」が、
これがまたシングルにしてもいいんじゃないかっていうぐらい、
すごくいい曲でエンジンが入り、
後半曲群が一挙にまた展開していく感じ。

また先行シングルが多いアルバムにもかかわらず、
(「HANABI」「旅立ちの唄」「GIFT」「花の匂い」)
それがこのアルバムにすごい馴染んでいて、
アルバム曲順で聴いていくと、
また今までとは違った魅力を発見できるっていうか、
あらためてすごいいい曲だな〜
...続きを読む ›
コメント 51人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
デビューの頃のミスチルを少年期とするなら、
その後、思春期、青年期、成熟期を経て、
今や円熟期といったところでしょう。

ただただ前向きに、夢を信じ人を信じ、笑顔で駆け抜けた少年期を経て

自分をはじめとした
人類の醜さ・凶悪さから目をそらさずに受け止め傷つき
人生の儚さ・自分の小ささに、涙ぐみながら歩いてきた、
そんな思春期を経て

生きていることの素晴らしさや、世界の眩しさを悟り
どうしようもなく気持ちが揺さぶられ、胸が詰まる幸せに涙し
決して人類の醜さや、人生の儚さを忘れたわけではないけれど、
慈愛や赦しの感情を覚え、器が大きくなり
それさえも愛することが出来るようになった、
そんな青年期を経て。

そして、愛することが体に馴染み、当たり前になり
だからこそ、大げさな賛美歌ではなく身近な賛歌を歌うようになった、
そんな成熟期を経てきた。

今や愛することはもちろん、全てを前向きに捉え笑顔を絶やさず
でも時には(舌を出して)下を向いてみたり
難しい事を考えるのはやめて、羽目を外したりする、
そんな円熟期だと思う。
...続きを読む ›
コメント 26人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
「お惣菜のような」と評している方もいらっしゃいましたが、
“SUPERMARKET”という単語が示すように、まさにそれがコンセプトの一つなのだと解釈しています。
確かにタイアップ曲の存在が浮き気味かなという印象もあったけれど、
それはどちらかといえば聴いているこちら側の耳に馴染んでしまっている所為なので(「消費済」というか)、予測済みのことでもありました。
だから私としては、むしろ初めて耳にするアルバム曲たちに非常に魅かれましたね。

『深海』のように「一繋ぎで聴いてこそ!」なアルバムと言うよりは、「あ、今日これだなあ」と思って一曲つまむような気軽さで聴ける。
一曲一曲が商品の一つ一つとしてアピールしている。

「音楽は消費されるもの」という桜井さんの言葉には何か寂しいものを感じましたが、今は今日これらの音楽と出会えた喜びに浸っていたいと。
そんな勇気も貰えた気がします。
コメント 18人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
『BOLERO』と同様、今作が「詰め合わせアルバム」であるのは間違いない。シングル4曲、カップリング2曲、未発売とはいえタイアップ付1曲。実に全体の半数が既出の曲なわけだから、そう言われたって仕方ない。
 しかしながら、『BOLERO』のような乱暴さは一切見られない。確かに「バラ売り」されていた曲達がラインナップの主としてあるけれど、一つ一つが明確な意図と卓越した美的感性で、実に丁寧に陳列してあるなぁという印象を強く受けた。

 CD不況が叫ばれて久しいし、ミスチル(というか烏龍舎)も『花の匂い』に見られるように、いよいよ「ミリオンヒット」を死語とした路線変更をちらつかせ始めている。見方を変えれば、これは「ヒットメーカー」から「アルバムアーティスト」への転身を迫られているようなものだ。もしかしたら、ミスチルがこういう既出曲満載のアルバムを出すのは、今作もしくは次作が最後なんじゃないかという予感もある。

 まあ、そういう商業的な話はここまでにしておいて、今回僕が感じた丁寧さは、いわゆる「アルバム曲」に特に顕著だ。否が応でも際立ってしまうシングル曲をうまく馴染ませ溶かし込んでいるのは、シングル曲と遜色ないクオリティと、一貫したアルバムコンセプトを併せ持ったアルバム曲に他ならない。けど、「どれがシングルになってもおかしくない」という表現
...続きを読む ›
コメント 71人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



関連商品を探す