中古品の出品:3¥ 1,700より

この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
今すぐダウンロード
¥ 1,530MP3アルバムを購入

SUNNY SIDE OF ORIGINAL LOVE

5つ星のうち 4.5 11件のカスタマーレビュー

出品者からお求めいただけます。 在庫状況について
中古品の出品:3¥ 1,700より
【1,500円OFF】CDと楽器・オーディオ機器のまとめ買いキャンペーン
おすすめのCDプレーヤー、イヤホン、ピアノ、MIDIキーボードなど多数ご用意。 いますぐチェック

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

Amazon の ORIGINAL LOVE ストア


キャンペーンおよび追加情報


この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • CD (1998/9/23)
  • ディスク枚数: 1
  • レーベル: EMIミュージック・ジャパン
  • 収録時間: 74 分
  • ASIN: B00000I2E3
  • JAN: 4988006153271
  • 他のエディション: CD  |  MP3 ダウンロード
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.5 11件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: ミュージック - 511,309位 (ミュージックの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

曲目リスト

ディスク:1

  1. SCANDAL
  2. 接吻(せっぷん)
  3. 微笑みについて
  4. LET’S GO!
  5. DEEPER
  6. DEEP FRENCH KISS
  7. WALL FLOWER
  8. MILLION SECRETS OF JAZZ
  9. THE VENUS
  10. SUNSHINE ROMANCE
  11. LET’S GO!(COSMO-PHASE MIX)
  12. 月の裏で会いましょう

商品の説明

内容紹介

Japanese Exclusive Reissue from Former Pizzicato Five Member Takao Tajima.

メディア掲載レビューほか

もうベスト盤出てしまうオリジナル・ラヴ。ジャズやファンク,もちろんR&Rなど,彼らならではのスタイリッシュでクールなサウンド感と,セクシャルでシャープな詞の世界が堪能できる。すべての曲に隠された起爆剤,その危うさが彼らの最高の魅力だ。
-- 内容(「CDジャーナル」データベースより)

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.5
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: CD
 中学生の頃買ったのに、20代後半になった今でも聴いてしまっている素晴らしいアルバムw音の密度がそんじょそこらのポップスやR&Bまがいのアーティストとはわけが違う。

 この頃のOLの曲をアシッドジャズやインコグニートと近づけて考えてらっしゃる方がいるようだが、40年代から現在までのジャズ全体を聴きまくってきた自分からすると、田島さんの音楽的な追究姿勢は、むしろジョー・ヘンダーソンやフリーに傾倒する以前のコルトレーンに近いものを感じる。インコグニートなんかはリラクゼーション、心地よさ、人類愛のようなものを演出してくれるが、この頃のOLの音楽はむしろかなりストイックさとソリッドさがある。耳を緊張させて聴いてないと、その創造性を捉えきれなくなってしまう。油断ができない。音楽聴いてて「油断ができない」なんて思わせる時点で尋常じゃないwスゴ過ぎる。

 これだけジャズテイストを交えつつ大衆受けするように加工するのは、相当大変だったんじゃないかと思う。特にベースを担当されてる方は素晴らしい。ジャズの一流ベーシストと比べても遜色ないくらいにメロディアスで、他のメンバーを煽り立てるような創造的なラインで攻めてくる。大衆受けするように矯正されている以上、本格的なインタープレイとまではいかないが、ベースだけでもポップスやロックが児戯に等しく思えるくらいのレベル
...続きを読む ›
コメント 22人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
東芝時代の初期オリジナル・ラブには、数多くのベスト盤がある。これは、その中でも特に美しいメロディの曲を集め、最もポップに仕上げたものだ。入門編としては第一に勧められる。オリジナル・ラブは、過去の音楽のカタログからサンプルを取り出して新しい音楽を組み立てる90年代以降のポップスの流れに位置している。だから、同じ曲の別ヴァージョン、別アレンジの手法自体を楽しむ聴き方ができる。それゆえ、ヴァージョン違いのベスト盤でも、それぞれが楽しめるし、別ヴァージンを聞き比べることによって原曲の美しさを再発見することができる。これは、最もアシッドジャズからは遠く、最も歌謡曲っぽいオリジナル・ラブといえるだろう。多くのヴァージョンがある名曲「ヴィーナス」は最高のアレンジではないか。欠点は、聴きやすくなりすぎるのを警戒したのか、メロディアスではなく、ソリッドな「レッツ・ゴー!」が2ヴァージョンも入っていて、全体のバランスをこわし、ポップス化の障害になっていること。もう一つの欠点は、アルバム「風の歌をきけ」の発表前に発売されたため、東芝時代の集大成にはなっていないことだろう。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
時流や風化というものに左右されずに超然とそびえる、OLの知的で恍惚な音楽。このベストが発売されたのは93年ですが、全く古さというものがなくここに奏でられるJAZZやソウルのセクシーさはただものでないカッコヨサがあります。特にストイックだったり、グルーヴの高揚感溢れてくるナンバーはたまりませんね。例えば「Million Secrets Of Jazz」のベースソロの美しさは当に陶酔ですし、クールダウンして妖しい闇と浮び上がる光を漂わせる「Deeper」は妖艶です。フュージョンな「Scandal」や「LET’S GO !」のリズムによる情熱など、全12曲それぞれバラエティに富み、様々なアプローチでクールさに酔いしれる音楽がつまっています。一方田島氏のヴォーカルもダンディで、そしてリゾート地の浜辺に焼け付く陽射しのように官能的でありOLの求心性がヴォーカルであることも忘れさせません。
他にもOLはベストが多数存在しますが、中でもこの作品はアルバムとしての完成度が高く、はずせないものとなっています。

ところで93年といえば邦楽バブル期です。そのシーンと交わりながらも、アシッドジャズの息吹を日本で鳴らし続けたその偉大さと革新性は、まさしく世に出てくるのが早過ぎたと言えるのかもしれません。いまシーンではボサノバからエレクトロニカ、スムース/クラブジャズなどのカフ
...続きを読む ›
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
10年以上前、何の気なしに買ったアルバム。いまでも車で聞いています。当時「スキャンダル」から、ぶったまげた思い出があります。グルーブ感が、当時の日本のサウンドでは、あり得ないほどのかっこよさでした。
「million secrets of jazz」はマイルスデービス風アレンジ、「月の裏で会いましょう」の軽やかさ、「接吻」、すべてがかっこいいです。まさしく90年代のスタンダードであり、日本ロック界のスタンダードであり、オリジナルラブの代表作です。今の時代でもこのサウンドは真似できない!
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



関連商品を探す