Facebook Twitter LINE
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
See this image

STUDIO VOICE (スタジオ・ボイス) 2005年 12月号 雑誌 – 2005/11/5


その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
雑誌, 2005/11/5
¥ 737
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton

商品の説明

内容紹介

● 第一特集
GRAFFITI AS CULTURE ENGINE
拡張するグラフィティ

グラフィティがグラフィティと言われてから四半世紀以上、社会の是非はともあれ、その自由な創造性は世界中の様々なカルチャーに飛び火し、大きな原動力として燃焼し続けている。オールドスクールの黄金精神は失効したのか? はたまたリーガルウォールに描かれるものはグラフィティではないのか? もはや規範などは不必要なほどに拡張するグラフィティ・シーン。そこにはライターの意志が刻まれるだけだ。そう、今なおスタイル・ウォーズは終わらない。

第二特集
UNDERGROUND MUSIC FILE
地下音楽の現在
東京⇔大阪 リアル・アンダーグラウンド・ミュージック・シーン!

クラブミュージックにもロック・フィールドにもアンダーグラウンドとしか形容できない動向が顕在化したのは昨年あたりからだろうか。ハウスは名称だけを残しオルタナティヴに飲み込まれ、ハードコアは聴取よりも体験に近くなった。やられる前にやる、人がやらなかったことをやる、演人も観客も顔なじみのシーン以前のシーンはしかし、感染するように外部へ開きつづけた。2005年、現場は臨界点を迎える。二回目を迎えた<ロウ・ライフ>はフェスティバルの利便性、管理体制とは無縁のウェアハウス・パーティにも似た一回性の場となった。コンビニに陳列されるインディ、定型をなぞるドゥ・イット・ユアセルフ、アンダーグラウンドを擬態するモロモロを<ロウ・ライフ>は傍目で眺めながら、反証として、音響の闇鍋を出現させた。しかし、これもまた乗り越えられるべき事象かもしれない。ひとつ助言するなら、もし貴方が次のアンダーグラウンドを欲するならば、ここにないものを買え! <p>※内容は変更される場合があります。あらかじめご了承ください。


登録情報

  • 雑誌
  • 出版社: INFASパブリケーション; 月刊版 (2005/11/5)
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B000BTI912
  • 発売日: 2005/11/5
  • 梱包サイズ: 28.8 x 22.6 x 1 cm
  • おすすめ度: この商品の最初のレビューを書き込んでください。
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

まだカスタマーレビューはありません


この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう