中古品
¥ 1
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: ◆◆◆少し、小口に使用感があります。他はきれいな状態です。迅速・丁寧な発送を心がけております。【毎日発送】
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

STEP!STEP!STEP! 高橋大輔―フィギュアスケートを行く (日経ビジネス人文庫) (日経ビジネス人文庫 スポーツ) 文庫 – 2011/2/25

5つ星のうち 3.4 29件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 3,204 ¥ 1
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

登録情報

  • 文庫: 317ページ
  • 出版社: 日本経済新聞出版社 (2011/2/25)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4532195780
  • ISBN-13: 978-4532195786
  • 発売日: 2011/2/25
  • 商品パッケージの寸法: 15 x 10.6 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.4 29件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 446,098位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

投稿者 riku 投稿日 2011/5/17
形式: 文庫 Amazonで購入
女性記者渾身のルポタージュ。
こんな帯にとらわれて、買ってみたのだが、多くの高橋大輔選手の発言が書かれているにも
関わらず、これが臨場感というものでも思われたのか、書き散らかしとしか思えない印象。
それだけでも?と思うのに、やたら他の選手、コーチを引っ張ってくる。本人の言葉だけに絞ればまだ良かったのかもしれない。
今後、この会社の記事、本には気をつけて向き合おうと勉強になったというところか。
救いは 写真が多目で美しいというところか。だが、カメラマンも書いているとおり、彼の写真は
本当に難しいと思う。高橋選手の人間を際立たせている何かにはお目にかかれなかったが。
批判ばかりになってしまったが、本で大切なことは何より対象に誠実であろうとする姿勢だと思ったので。
コメント 31人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
日経新聞に掲載されていた記事を加筆、修正されたと言う事で、高橋選手をずっと追って書かれたと言うように、今まで表面は知っていても、その奥のところはどうだったのだろう、と言うような部分まで書かれていてなかなか面白かった。又1ページおきに既出されていない写真が満載というのがファンにとっては嬉しい一冊。文庫本というのもありがたい。

ただ、文章が非常に読みづらい。
主語がはっきりせずに、これは大輔選手の意見なのか、書き手の意見なのか、他の登場人物の意見なのか、何度も首をひねりながら読まなければならなかった。
私達素人の文章とは同じではいけないはず。まるで独り言を書いたブログを読んでる気になる箇所が多く、仮にも日経の記者の文章がこれではちょっといただけない。せっかく高橋大輔の本を出すのであれば、もっと読み手の事を考えて出版して欲しかった。

記者は大輔選手のファンであろう。私達一般のファンと同じように大輔選手の良い所も悪い所もわかった上で、いろんな事を詳しく書かれていて、愛情に溢れている本だと思う。ただ、そこはそんなに他の選手の事を引き合いに出さなくてもよいのでないか、と思える部分が何箇所もあった。おそらくこの原記者はその選手のファンでもあるのだろう、と推測できるが、そこで読んでるこちら側としては一気にテンションが落ちてしまうのだ。
...続きを読む ›
3 コメント 70人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
高橋選手のファンなので店頭で確認せずに注文しましたが、読み進むごとに後悔の度合いが高くなってきています。
まず、多くの方がレビューされているように非常に読みにくい文章です。時系列も論理展開もむちゃくちゃです。
読んでいてイライラさせられます。
フィギュアスケートを知らない読者ならすんなり受け入れてしまうかもしれませんが、明らかな誤謬がそこそこに見受けられます。
また、「2011年NHK杯」などと2010年と間違っている記述もあり、プルーフリーディングもなされていないお粗末さです。

新聞記者がこのような代物を公然と出版していることに驚きます。日経新聞の格を落としています。
『チーム高橋』はこの本を事前にチェックした上で許可したのでしょうか?ちょっと信じがたいですね。
これから購入される方は、書店で一読され、ご自分で受け入れられる文章かどうか確認してから注文されることをお勧めします。
コメント 41人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
筆者のひとりよがりな表現が多く、高橋選手のことを
知りたい私としては、それが非常にじゃまでした。
主語がわかりづらく、この内容は筆者の思いなのか、
高橋選手の思いなのか、戸惑うことがよくありました。
あとがきで自分の文を「スルメですね。読みかえすと味がある」と
書いてましたが、自己満足で読者のことを忘れてませんか?
P263の高橋君に小塚君が練習中ぶつかったことを
書いてます。その表現が『「そんな悠長なことをしていたらやられまっせ」と
どつかれたというか』。そんなことを書く必要がどこにあるのでしょうか?
ユーモアだと思っているのですか?
高橋君、小塚君、ファンがそれを読んでどんな気持ちか考えましたか?
共感かもしくはあなたのユーモアを笑ってほしかったのですか?
本を出版するのは責任があります。
点数1にしたのは、筆者に対してであって、
高橋君の発言、写真の多さ、コストパフォーマンスは5点です。
筆者に抗議したい気持ちで、初めてアマゾンにレビューを書きました。
コメント 76人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー