こちらからもご購入いただけます
カートに入れる
¥ 1,963
対象商品 ¥ 2,000以上の注文で通常配送無料 詳細
発売元: Amazon.co.jp
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

STEINS;GATE ドラマCD γ「暗黒次元のハイド」ダイバージェンス2.615074% Cast Recording

5つ星のうち 4.7 19件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 2,730
価格: ¥ 1,950 対象商品¥ 2,000以上の注文で通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 780 (29%)
残り1点 ご注文はお早めに 在庫状況について
この商品は、【※商品説明文を必ずお読みください※】お宝SHOPが販売し、Amazon.co.jp が発送します。 返品については出品者のリンクからご確認ください。 この出品商品には代金引換とコンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー払いが利用できます。 ギフトラッピングを利用できます。

メールマガジン購読:アニメ関連商品
注目のニュータイトルから割引情報、お買い得セールほか、アニメ関連アーティストに関する情報をお届け。 購読はこちら


キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • STEINS;GATE ドラマCD γ「暗黒次元のハイド」ダイバージェンス2.615074%
  • +
  • STEINS;GATE ドラマCD β「無限遠点のアークライト」ダイバージェンス1.130205%
  • +
  • STEINS;GATE ドラマCD α「哀心迷図のバベル」ダイバージェンス0.571046%
総額: ¥7,868
選択された商品をまとめて購入

登録情報

  • CD (2010/6/2)
  • ディスク枚数: 1
  • フォーマット: Cast Recording
  • レーベル: メディアファクトリー
  • 収録時間: 60 分
  • ASIN: B00352PKA0
  • EAN: 4560248019142
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.7 19件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 音楽 - 51,545位 (音楽の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

曲目リスト

ディスク:1

  1. Day01 17:04
  2. Day01 17:26
  3. Day01 18:13
  4. Day01 18:48
  5. Day02 12:02
  6. Day02 13:51
  7. Day02 16:32
  8. Day02 17:05

商品の説明

内容紹介

5pb.×Nitroplus、CHAOS;HEAD制作チームが贈る、科学アドベンチャーシリーズ第2弾!!話題沸騰!大人気ゲームソフト「STEINS;GATE」から、ドラマCDが続々リリース!!

★ゲームの中では語られることのなかった世界線を描いた物語!!どこにも語られていない、新たな世界線。物語はどこへと収束していくのか・・・。

★第3弾はγ世界線の物語!第1弾の第10章となるクリス視点で描かれるα世界線、第2弾の第11章となる椎名まゆり視点で描かれる
β世界線の物語とあわせ、ゲームファンなら必聴のアイテム!!

★ゲームキャラクターデザインのhuke氏描き下ろしジャケット仕様!!

【ストーリー概要】
「みんな、俺から離れていく…」

ifの世界線で直面する残酷な運命。迷い込んだγ世界線での岡部倫太郎は、未来ガジェット研究所の
裏切り者であり、ラウンダーの一員だった。味方が誰もいないこの世界線から、岡部は脱出できるのか!?

【キャスト】宮野真守、後藤沙緒里、今井麻美、田村ゆかり、小林ゆう、桃井はるこ、花澤香菜、関智一、てらそま まさき ほか

(C)2009 5pb. inc. / Nitroplus

メディア掲載レビューほか

5pb.×NitroplusのCHAOS;HEAD制作チームが贈る、科学アドベンチャーシリーズからドラマCDが続々リリース。第3弾となる本作は、γ世界線を舞台に描かれる岡部倫太郎の物語。 (C)RS


カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.7
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 M.V.P 投稿日 2010/6/2
形式: CD
今作はifストーリーとのことで、今までのドラマCDと比べてぶっ飛んだ展開でした。

最初はなぜこんな展開に?とは思いましたが、次第に感情移入できますので安心してください

どちらかというと感動的な展開だった過去2作のドラマCDと比べて今作はエンタメ路線と言いますか

後半の熱い展開に燃えますね

最後にはシュタゲ特有の爽快感を感じられる作品でした。

シュタゲをプレイし、今までのドラマCDも聞いてきた人なら楽しめると思います!

お勧めです!
コメント 36人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD Amazonで購入
「――なるほど。ちなみに萌郁ルートがなかった理由というのは?

林:もともとは、萌郁ルートを作ろうと考えていました。(中略)でも、主人公に感情移入させるために、萌郁を徹底的に憎ませた方がいいと思ったんですね。その結果、ルートはない方がいいだろう、ということになりました。」(電撃オンライン ロングインタビューより)

 ドラマCD第三弾となりますが、上記のインタビューで触れられた「萌郁ルート」とでも言うべき内容です。
収録時間は57:59。
 
 「オカリンはラウンダーで、萌郁をパートナーになにやら怪しい任務をこなしている・・・と言う世界線にいきなり意識が飛ぶ」ところから始まります。オカリンは狼狽しつつも、世界線を戻すために奮闘することに・・・ゲーム本編シーンの使い回しは無く、ほぼ完全新規収録。雰囲気的にはフェイリスルートに近い物を想像していただければ良いと思います。ただフェイリスルートよりいろいろ悲惨なことになってますが・・・。

 萌郁に興味が無いorむしろ嫌いだった、というプレイヤーには少々退屈な内容になるかもしれません。またシナリオの時系列、内容についても割と謎だらけで終わっています。「無理やり入れたんだから勘弁してよ」と言うことなのか、「考察できるもんならしてみろや」というシナリオライ
...続きを読む ›
コメント 59人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
今回のドラマCDは とある世界線に迷い込んだオカリン・そしてこの世界線に存在していた
オカリンとコンビを組んでいた ちょっとよく喋る萌郁さんを中心に動きます
この世界線での自分に絶望し 別の世界線への脱出を図るオカリンを支える萌郁さんが印象的でした

あと今回のドラマCDのエンディングを聞いた後 ラボメン達の日常を描いたSTEINS;GATEの
ゲームファンディスクを出して欲しいとより強く思うようになりました…

5pb.さん出してくれるよね?ぜひ出すべきだよ。出すに決まってる。出さないなんて言わせない。出さなきゃおかしい。
出・し・て・く・れ・る・よ・ね?
1 コメント 39人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
トゥルーエンドを見て二週間、やっと冷めてきた
STEINS;GATE熱を再燃焼させられました。

萌郁ルートがなくがっかり、萌郁の扱いにがっかり、
というような萌郁ファンにはもってこいの商品です。

 後半に近づくにつれ、自分の気持ちに正直になり、
それを行動に出していく萌郁を見てると、とてもきゅんきゅんします。
ゲーム本編と比べると5倍はよく喋ります(萌郁が)。
なので本編の寡黙でうつむき加減の萌郁が好きだという方はちょっと抵抗があるかもしれません。
ですがすべて聞き終えると、そんな抵抗もすべて吹き飛び、これも一つの萌郁なんだということに気付かされます。

STEINS;GATEの知識をさらに深めたい、またただ単に萌郁が大好きだ、
というような両方のファンにも満足していただける出来になっていると思います。

ただひとつ本編との違いをあげるとしたら、ダルがより本物のアキバオタに近づいてます。
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
前2作品は本編を補完するような存在ですが、本作品は途中でルートが分離した萌郁ルートとなっています。
CDなのでシャイニングフィンガーは封印され、良く喋ります。
ルカ子関連の過去改変となっている為、大幅な環境が変わっており話がザックリとしている印象を感じますが、後半の立場が正反対の場面までくると、なかなか盛り上がって聞けます。
聞いているものからすれば、岡部の過去が分からないため萌郁が尽くす直接的な理由が分からず、岡部があまり心を開く事も無く場面が変わってしまいます。
主要キャラクターなのでENDが何故無いの?と思いましたが、接点を持つ為には相当話の流れが変わる必要があり、こういった形になるのは納得できる作品でした
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。


フィードバック