通常配送無料 詳細
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
ST 警視庁科学特捜班 黒いモスクワ (講談社文庫... がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: ◇◆配送:主にゆうメールによるポスト投函です◆当日もしくは翌々日までに発送いたします◆梱包:完全密封のビニール包装または宅配専用パックにてお届けいたします。◆商品:アマゾン専用在庫商品です。除菌クリーニング済◆◇
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

ST 警視庁科学特捜班 黒いモスクワ (講談社文庫) 文庫 – 2004/1/16

5つ星のうち 4.2 14件のカスタマーレビュー

その他(3)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 617
¥ 617 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • ST 警視庁科学特捜班 黒いモスクワ (講談社文庫)
  • +
  • ST 警視庁科学特捜班 毒物殺人<新装版> (講談社文庫)
  • +
  • ST 警視庁科学特捜班 エピソード1<新装版> (講談社文庫)
総額: ¥2,021
ポイントの合計: 64pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

ロシアの捜査当局と情報交換のために急遽出張せよ――。モスクワに到着した警視庁科学特捜班、通称STの百合根と赤城を待ち構えていたのは、ロシア正教会で起きたマフィア怪死事件だった。さらに、日本人フリーライターも変死して……。STシリーズ第3弾。『ST 警視庁科学特捜班 黒いモスクワ』を改題。(講談社文庫)

内容(「BOOK」データベースより)

ロシアの捜査当局と情報交換のために急遽出張せよ―。モスクワに到着した警視庁科学特捜班、通称STの百合根と赤城を待ち構えていたのは、ロシア正教会で起きたマフィア怪死事件だった。さらに、日本人フリーライターも変死して…。STシリーズ第3弾。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 320ページ
  • 出版社: 講談社 (2004/1/16)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4062739305
  • ISBN-13: 978-4062739306
  • 発売日: 2004/1/16
  • 商品パッケージの寸法: 15 x 10.7 x 1.5 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.2 14件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 131,286位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.2
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 oasis 投稿日 2008/8/11
形式: 文庫
面白い!
FSB(KGBの後継組織)、怪僧ラスプーチン、ロシアマフィア、シャンバラ伝説、ポルターガイスト現象と内容は多岐に渡るのですが、すっきり見事に纏めています。
登場人物も、最初は赤城と百合根の二人だったのが、他の四人も合流し五人組みが全て揃い怪僧ラスプーチンゆかりの教会を買い取ったロシアマフィアの怪死事件の謎を一つ一つ解いていきます。

五人それぞれが非常にユニークで、しかも丁寧に個々の人物像を描いているのですが、この作品でも、無口な黒崎の存在感が際立っています。

この「ST警視庁科学特捜班」シリーズを全て読破したくなりました。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
STシリーズ三作目にして、初の海外出張編。赤城と百合根だけのはずが、黒崎・山吹が加わって・・・。
最終的には、全員集合(笑)。少しずつ、菊川やSTとの距離が縮まった百合根。それを再確認する出来事も起こりました。
百合根も頑張りました・・・なんだか微笑ましい人ですね。
今回は、主要人物以外の眼から観た彼らの姿も少し見えて、面白かったです。
このシリーズは、登場人物のキャラが際立っていて、楽しい。
次巻からタイトルの感じが変わっていきますが、やっぱりターニングポイントな一冊なのかな?、と思いました。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 カスタマー 投稿日 2001/7/6
形式: 新書
今までは結構捜査一課と争ったりして、捜査一課は欠かせない存在って感じだったけど、今回は前の作品とちょっと違ってておもしろい。しかも、一度に捜査を始めるんじゃなくてバラバラに始める所が面白い。しかも、今回は今まであまりかっこよくなかった百合根さんが活躍したのがおもしろい
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
 ST(警視庁科学特捜班)シリーズ最新作の本書は、今までの国内が舞台ではなく、ロシアが舞台。ロシアへの出張命令が出たSTの百合根と赤城は、到着早々から爆発事件へと関ることに。そのロシアでのポルターガイスト現象をSTで調べることとなり、国境を超えてのSTの活躍ぶりが描かれています。今までの作品とは違い、ロシアが舞台なだけにスケールは大きくなっていますが、国内での今までのシリーズの方がSTの活動の良さが出ていたように思えました。次作も海外が舞台となるかもしれませんが、できれば国内でのSTの活躍を読みたいです。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
STがバラバラに、でもなぜかモスクワに集結して事件を解決しちゃうっていう超トンデモ設定なんですけど、なぜか許せてしまうのはひとえに彼らのゴレンジャー感とキャップ&菊川さんのキャラのおかげですね。

翠さんと菊川さんちょっといい感じじゃない?
今後の展開に期待!
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
 職業作家なのだと思う、ある意味で、ある程度の訓練を積んで始めて余所に受け入れられるようになるタイプ。なのでロシアの風景が入る前半3分の1の読みにくさはひどい、だが別に気負ってるからとかそういう読みにくさではないんだな、ごめーんっ、今調整してます、て感じ?
 ロシアでST(警視庁科学特捜班)5人&そのリーダー、なんでかお目付け役になっちまってる刑事さんひとりと揃い踏み。はっきり言うはっきり言って、なんの意味があるんだかよーわからん、もう少し続けてから、番外編とかならわかんないでもないんだがなぁ。名目としては班のひとりとリーダーだけが正式に呼ばれ(そこまでなら理解出来る。)、ひとりは武術の指南役として別口、ひとりはなんとか理由見つけ出してリーダー心でくっ付いていっちまいました。違うと言っても聞かん。
 ついでなんで、そこで起こった事件の捜査に混ぜて貰い、実地で状況刺殺。続いて日本人のフリージャーナリストが同様の手口で発見されたことから、残りのふたり&お目付け役までロシア行き~。まぁ、役には立ったケドね。
 帝政時代の怪僧ラスプーチン縁の教会で殺されたロシア・マフィア、そこで起こるポルターガイスト──霊的現象についてのが、妙に地に足がついた感じにまとめられていて、その辺はよろしい。なんだ、よく見てみれば表紙の絵ってイコンじゃん。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
STがモスクワまで・・・。このシリーズで唯一読んでなかったものでした。書店で見つけられず、注文しました。かなり初期の作品なので、戻る感じで読みましたが、十分楽しめる一冊です。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー