¥1,318
残り2点(入荷予定あり)
Kindle版は今すぐお読みいただけます。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
SR サイタマノラッパー がカートに入りました
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。

著者をフォロー

何か問題が発生しました。後で再度リクエストしてください。


SR サイタマノラッパー (日本語) 単行本(ソフトカバー) – 2010/6/17

5つ星のうち5.0 5個の評価

その他 の形式およびエディションを表示する 他の形式およびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
Kindle版 (電子書籍)
単行本(ソフトカバー)
¥1,318
¥1,318 ¥180
click to open popover

よく一緒に購入されている商品

  • SR サイタマノラッパー
  • +
  • SR サイタマノラッパー ‐日常は終わった。それでも物語は続く‐
総額: ¥3,298
ポイントの合計: 33pt (1%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

北関東のド真ん中、「ライブハウスもクラブもレコード屋もない」埼玉県・深谷市。この片田舎で結成されたヒップホップ・グループ“SHO‐GUNG(ショーグン)”は、自分たちの曲での初ライブを計画中。しかし、世界に言葉を届けるラッパーになりたいと思いながら仕事もせず実家暮らしの“イック”と彼の仲間たちは、周囲から完全に馬鹿にされていた。そんな時、東京でAV女優として活躍していた高校時代の同級生・千夏が地元に帰ってくる。仲間たちに生じる微妙なすれ違い。ほんとにライブはできるのか?ここから東京、そしてアメリカまでって、いったいどれだけ離れてるんだろう?全編に溢れるおかしさとせつなさで’09年度邦画界を席巻した伝説的インディーズ・ムービーに、劇中では描かれなかった背景やサイドストーリーを大幅に加え、監督自ら、魂の小説化。

著者について

1979年神奈川県生れ、埼玉県育ち。日本大学芸術学部映画学科卒業。2006年『JAPONICA VIRUS ジャポニカ・ウィルス』で長編作品デビュー。2008年には劇団「野良犬弾」を旗揚げ。2009年『SR サイタマノラッパー』でゆうばり国際ファンタスティック映画祭オフシアター・コンペティション部門グランプリ、韓国の富山(プチョン)国際ファンタスティック映画祭最優秀アジア映画賞、09年日本映画監督協会新人賞受賞。本書が小説デビュー作。

登録情報

  • 発売日 : 2010/6/17
  • ISBN-10 : 4778312155
  • 単行本(ソフトカバー) : 288ページ
  • ISBN-13 : 978-4778312152
  • 出版社 : 太田出版 (2010/6/17)
  • 言語: : 日本語
  • カスタマーレビュー:
    5つ星のうち5.0 5個の評価