¥ 43,575 + 関東への配送料無料
通常2~3日以内に発送します。 販売元: Joshin web
数量:1

こちらからもご購入いただけます
カートに入れる
¥ 43,575
+ 関東への配送料無料
発売元: A-price
カートに入れる
¥ 45,400
+ 関東への配送料無料
発売元: December.12
カートに入れる
¥ 45,500
+ 関東への配送料無料
発売元: サウンドライフ
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

SONY USB DAC アンプ シルバー UDA-1/S

5つ星のうち 4.5 8件のカスタマーレビュー

価格: ¥ 43,575
通常2~3日以内に発送します。 在庫状況について
この商品は、Joshin web が販売、発送します。 返品については出品者のリンクからご確認ください。
新品の出品:26¥ 43,575より 中古品の出品:3¥ 47,000より
  • メーカー型番 : UDA-1/S
  • カラー : シルバー


迷ったらコレ オーディオ18選
オーディオ製品を検討中で、どれを購入したらよいのか分からないユーザー必見。カテゴリー別に支持されているモデルをご紹介。 今すぐチェック

 

お知らせ:「ショッピングカートに入れる」ボタンをクリックすると、Amazonマーケットプレイス®の商品がカートに入ります。マーケットプレイスの商品は、出品者によって配送料 が異なります。(詳しくはこちら

出品者のコメント: 【返品種別A】/【Joshinは製品安全対策優良企業表彰3連続受賞 平成20/22/24年度】/発送予定日は前後する事がございます。万一遅延の際はメール致します。お届けは玄関口迄です。大型品の設置/引取/組立は別途有料(現地現金支払)で承ります(一部地域除く)。ご希望の際は当店注意事項を必読の上、ご注文後直ちにご連絡下さい/その他注意事項や返品特約のご説明等はamazon内の当店ページをお読み下さい。またご不明な点は安心サポートのJoshin web事務局までご相談下さい。



よく一緒に購入されている商品

  • SONY USB DAC アンプ シルバー UDA-1/S
  • +
  • audio-technica ソルダーレスバナナプラグ AT6302
総額: ¥45,275
選択された商品をまとめて購入


商品の情報

詳細情報
出力ワット数46 W
  
登録情報
商品パッケージの寸法26.2 x 22.5 x 7.4 cm ; 4 Kg
発送重量4.7 Kg
メーカー型番UDA-1/S
ASINB00FFSAADO
Amazon.co.jp での取り扱い開始日2013/9/26
おすすめ度 5つ星のうち 4.5 8件のカスタマーレビュー
Amazon 売れ筋ランキング 家電・カメラ - 139,716位 (ベストセラーを見る)
  
保証とサポート
返品: Amazon.co.jpで購入した商品について、原則として未開封・未使用のものに限り商品到着後30日以内の返品を受け付けます(返品および交換不可の商品を除く)。商品到着後は速やかに商品の状態をご確認ください。初期不良の商品については、お客様からのお問い合わせ内容に応じて返品期間を過ぎてからでも受け付ける場合があります。なお、返品条件は、Amazon.co.jpが発送する商品と、Amazonマーケットプレイス出品者が発送する場合で異なります。家電&カメラの返品について、くわしくはこちら
ご意見ご要望
 画像に対するフィードバックを提供する、またはさらに安い価格について知らせる
 

商品の説明

PCとUSB接続(専用ドライバーのインストールが必要。ドライバーのインストールには、PCからのインターネット接続環境が必要。)が可能。最大出力23W+23WのLR独立型広帯域パワーアンプ。


カスタマー Q&A

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.5
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

自分自身は、もともとは温かみのある音傾向の機器を好んできたのですが、今回DSDやハイレゾを聴くための機器として、あえて繊細感や解像感を感じられるものを探していました。単体のDACでもよかったのですが、使っているアンプが20年もので大きく重いので設置し直しもままならぬ、今後修理も無理そうということで、小型軽量でアンプ内蔵のこれを選びました。

DAC:
DSD(5.6MHzまで)対応ということで、スペック的には問題無し。かつ前面パネルにどのサンプリング周波数で動作しているかを表示してくれるのもいいです。自分がこれまで使っていたのは7-8年ほど昔のDAC(Native Instruments社 のAudio Kontrol 1という製品)でしたが、当時定価で3.5万円ほどだったでしょうか?。同じ24ビット96kHzの音源で比較しても、その精密感・透明感は段違いです。比較する機種(ハイレゾ級スペックではありますが)が古すぎるというのもありますし、メーカーによる音の傾向の違いもありますが、現在のハイレゾの解像感を感じるにはUDA-1はかなりいい選択だったなと思います。

アンプ:
こちらもDACと似た傾向で、厚みや存在感というより精密感を感じる音だと思います。出力も4Ω負荷で23W+23Wですから、一般家庭の部屋で鳴らすには(スピ
...続きを読む ›
コメント 21人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
ソニーがハイレゾ市場に本気だと言うことが分かる渾身の力作。
・192/32bitまでのPCMおよび2.8MHz、5.6MHzサンプリングのDSDといった
今、市場で流通しているハイレゾ音源ファイルのほとんどが再生出来る。
・その上、最近珍しいAB級プリメインアンプとしても、DACとしても使用可能。
・PCだけでなくiPod/iPhoneやウォークマンからも再生可能。
しかも音質もなかなか良い。
AB級アンプなので、寝ぼけたようなD級アンプとは違い、ポップス、ジャズ、ロックなどが
生き生きと楽しく聞けます。クラシックその他のオケ物もそつなく鳴らします。
高音の伸びが良くすっきりとした感じ。もちろん、中低音も不足ありません。
ただ、23W+23Wの小出力なので、高能率のスピーカーで聴くと良いでしょう。

しかし、この値段でこの機能・音質。
ソニーさん安すぎます。(笑)
コメント 48人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
EtymoticのER4Sをさしています。

ハイレゾ対応のヘッドフォンの同時購入を考えましたが、予算の関係上断念。それでも、良い音でなってくれ、MP3と比べると雲泥の差です。コンバートしてくれる機能があるので、YouTubeの音も音の広がりが出るようになりました。

さて、よく話題に上がるUSBケーブル。高いケーブルを挿すと音はかわるのか、という問いに対し、メーカーで音エンジニアをしている友人に聞いた所答えは「変わる」でした。予算がそんなにない、といったところスープラを進められ、1.5mを購入。確かに、デジタルノイズが減りました。音の広がりも「多少」上の方に広がりました。

ぜひ、余裕のある方はケーブルも変えてみてください。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
もう音色、音像、音圧の次元が違います。
最大の目的はヘッドホン視聴の際にPCからのノイズを遮断することでした。それ以上の費用効果がありました。
CD初期普及時のオーディオブームを経験して、いつしか便利な圧縮音源にソフトでブーストした音に慣れていました。
それでもSony製VAIOの当時高級ディスクトップで聴ける範囲でしたが、昨今は通販PCに移行したため、PC操作をするたびにノイズやジッタ音がする音質は最低な状況でした。
いつしかその音も慣れてしまっていました。

サウンドカードの購入をずっと考えていたのですが、なぜか購入する衝動が起きませんでした。
パソコン内部に最良の音響機器を隠してしまうのは魅力に欠けたのだと思います。
サウンドカードの次にヘッドホンアンプの存在を知りましたが、アナログ技術に制約がありすぎる携帯機にあまり魅力を感じませんでした。
ここで変化がありました。昔から机をかなり占領していた古いプリンタが寿命で買い換えとなったので無線Lanで移動、スペースが生まれました。
この限られた空間に存在感のある小さな音響機器がイメージとして浮かびました。

 そして、やはり「Hi-Res AUDIO」というキーワードは心に響きました。
 また、新開発コ
...続きを読む ›
コメント 29人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告