SONY 2.1ch ホームシアターシステム Bl... がカートに入りました

こちらからもご購入いただけます
カートに入れる
¥ 35,059
+ 関東への配送料無料
発売元: Bサプライズ パソコン・家電オンラインショップ
カートに入れる
¥ 33,859
+ ¥ 1,230 関東への配送料
発売元: 株式会社プルーヴ
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

SONY 2.1ch ホームシアターシステム Bluetooth対応 HT-CT380

5つ星のうち 3.8 5件のカスタマーレビュー

価格: ¥ 35,100 通常配送無料 詳細
残り1点 ご注文はお早めに 在庫状況について
この商品は、DREAM ONEが販売し、Amazon.co.jp が発送します。 返品については出品者のリンクからご確認ください。 この出品商品にはコンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー払いが利用できます。
新品の出品:24¥ 33,859より
  • 口径60mmのスピーカーユニット搭載の2.1chスタンダードサウンドバー。音を拡散させるディフューザーを進化させることで、前面への音の放射を大幅に改善。
  • スタンドの低いテレビの前にも画面を隠さず設置できる、高さ約51mmの薄型フォルムデザイン。
  • サブウーファーの縦置き・横置きが可能。サブウーファーはワイヤレスで接続。
  • Bluetoothに対応し、スマートフォンの音楽をワイヤレスで再生。NFC搭載。
  • 大きさ(幅×高さ×奥行きmm):バースピーカー:約900×51×117、サブウーファー:約170×342×381 質量(kg):バースピーカー:約2.4、サブウーファー:約6.6


迷ったらコレ オーディオ18選
オーディオ製品を検討中で、どれを購入したらよいのか分からないユーザー必見。カテゴリー別に支持されているモデルをご紹介。 今すぐチェック

 

お知らせ:「ショッピングカートに入れる」ボタンをクリックすると、Amazonマーケットプレイス®の商品がカートに入ります。マーケットプレイスの商品は、出品者によって配送料 が異なります。(詳しくはこちら

出品者のコメント: 新品です。こちらの商品はAmazon配送センターが商品を保管し、注文後ただちに梱包・発送を丁寧に行ないますので、安心してお買物ください。Amazon専用在庫につき在庫確実!Amazon.co.jp配送センターより年中無休で安心・確実・迅速にお届け致します.ご覧頂き、ありがとうございます。



よく一緒に購入されている商品

  • SONY 2.1ch ホームシアターシステム Bluetooth対応 HT-CT380
  • +
  • ELECOM HDMIケーブル イーサネット対応 スーパースリム 1.0m ブラック DH-HD14SS10BK
総額: ¥35,791
選択された商品をまとめて購入

キャンペーンおよび追加情報


商品の情報

詳細情報
バッテリー要/不要いいえ
ワイヤレス対応Bluetooth
スピーカー数(ch)3
オーディオチャンネル数2.1ch
  
登録情報
商品パッケージの寸法11.7 x 90 x 5.1 cm ; 2.4 Kg
発送重量12 Kg
メーカー型番HT-CT380
ASINB00XM64JAQ
Amazon.co.jp での取り扱い開始日2015/5/14
おすすめ度 5つ星のうち 3.8 5件のカスタマーレビュー
Amazon 売れ筋ランキング 家電・カメラ - 26,438位 (ベストセラーを見る)
  
保証とサポート
返品: Amazon.co.jpで購入した商品について、原則として未開封・未使用のものに限り商品到着後30日以内の返品を受け付けます(返品および交換不可の商品を除く)。商品到着後は速やかに商品の状態をご確認ください。初期不良の商品については、お客様からのお問い合わせ内容に応じて返品期間を過ぎてからでも受け付ける場合があります。なお、返品条件は、Amazon.co.jpが発送する商品と、Amazonマーケットプレイス出品者が発送する場合で異なります。家電&カメラの返品について、くわしくはこちら
ご意見ご要望
 画像に対するフィードバックを提供する、またはさらに安い価格について知らせる
 

商品の説明

映画も音楽も存分に楽しめる。2.1chスタンダードサウンドバー。スタンドの低いテレビの前にも画面を隠さず設置できる、高さ約51mmの薄型フォルム。NFC&Bluetoothに対応。

アンプ/チューナー部

実用最大出力(非同時駆動、JEITA)
実用最大出力合計値(非同時駆動、JEITA):270W
フロント:90W+90W
センター:-
サラウンド:-
サブウーファー:90W

スピーカー部

使用ユニット
フロント:フルレンジ:アコースティックサスペンション型、60mmコーン型
センター:-
サラウンド:-
サブウーファー:ワイヤレスサブウーファー(2.4GHz)、バスレフ型、130mmコーン型

機能

入出力
HDMI入力/出力:3/1(4K *1 /3D/ARC/ブラビアリンク/他社製品との機器連携/オートジャンルセレクター/TRILUMINOS COLOR/Deep Color)
HDCP2.2 *2:-
コンポーネント映像入力/出力:-/-
D端子映像出力:-
S映像入力/出力:-/-
コンポジット映像入力/出力:-/-
デジタル音声入力/出力:光1/-
アナログ音声入力/出力:1(ステレオミニ)/-
ヘッドホン出力:-
スピーカー出力:-
DMPORT:-
USB:-
ワイヤレス音楽再生
Bluetooth:○(受信)
Bluetooth伝送コーデック:SBC/AAC
ネットワーク接続
LAN端子/無線LAN内蔵-/-
その他機能
アンプ:デジタルアンプ S-Master
サラウンドアルゴリズム:S-Force Pro Front Surround
ハイレゾ/DSEE HX:-/-
NFC:ワンタッチリスニング
アプリ操作対応:SongPal
AM/FMチューナー(プリセット数):-
再生対応フォーマット:DTS-HD Master Audio、DTS-HD High Resolution Audio、DTS-HD Low Bit Rate Audio、DTS 96/24、DTS、Dolby TrueHD、Dolby Digital Plus、Dolby Digital、MPEG-2 AAC、リニアPCM(2ch/5.1ch/7.1ch)
圧縮音源の高音質化機能:ポータブルオーディオエンハンサー
セリフ明瞭化機能:クリアボイス設計、VOICEモード3段階調整
小音量時の音質最適化機能:ナイトモード
IRリピーター/角度調整:-/-
電源:AC100V、50/60Hz
消費電力(待機時)本体:バースピーカー:約37W(約0.3W以下)、サブウーファー:約20W(約0.5W以下)
サウンドフィールド:ClearAudio+/ムービー/ミュージック/ゲーム/スタンダード/スポーツ/ポータブルオーディオ

ハイレゾ対応フォーマット *3

DSDIFF(DSD):-
DSDIFF(DST):-
DSF:-
WAV(LPCM):-
AIFF(LPCM):-
FLAC:-
ALAC:-

総合

大きさ(幅×高さ×奥行きmm):バースピーカー:約900×51×117、サブウーファー:約170×342×381
質量(kg):バースピーカー:約2.4、サブウーファー:約6.6
付属品:ワイヤレスリモコン(RMT-AH101J)、光デジタル音声コード(1.5m)、単4形乾電池×2、壁掛け用ブラケット×2、ネジ×2、スピーカーパッド(サブウーファー用)×4

その他

本体直づけケーブル:本体電源ケーブル(1.4m)、サブウーファー電源ケーブル(1.4m)

*1 右記信号のパススルーに対応しています(4096×2160p 59.94/60Hz(*a)、4096×2160p 50Hz(*a)、4096×2160p 23.98/24Hz(*b)、3840×2160p 59.94/60Hz(*a)、3840×2160p 50Hz(*a)、3840×2160p 29.97/30Hz(*b)、3840×2160p 25Hz(*b)、3840×2160p 23.98/24Hz(*b) *a: YCbCr 4:2:0/8bit対応のみ *b: 8bit対応のみ)映像ソース機器側の出力信号仕様および映像表示機器側の入力信号仕様もあわせてご確認ください
*2 HDCP2.2は最新のコンテンツ保護規格です。4K放送対応チューナーを接続するために必要なものです
*3 ハイレゾフォーマットは再生可能ですが、一部ロゴ規定に則していないためハイレゾロゴはついておりません


カスタマー Q&A

カスタマーレビュー

5つ星のうち 3.8
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 taroace 投稿日 2016/6/12
LG 49UF7710 を購入して、画質が良くなったので、音もグレードアップしたくなるという買い物連鎖が発生して購入しました。
2.1chなのでサラウンド感は皆無ですが、サブウーファーがあり低音も出るようになったので満足です。
HDMI ARC接続でテレビの電源と連動して、スピーカーの電源が入るので面倒さがありません。
Bluetoothもついているので、PrimeMusic などちょっといい音で音楽を聴きたいときにも使えて便利です。
厚さも6cm未満なのでスピーカーの存在が主張しすぎません。
結果、こんな場合にお勧めです。
1, テレビの音をそこそこグレードアップしたい
2, スマホの音をそこそこいい音で鳴らしたい
3. 厚みの少ないスピーカーがほしい
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
サブウーファーがどこで鳴っているか
ハッキリわかります。
直近以外に置きようがないので
ワイヤレスも意味なしです。
バーとサブウーファーのサイズの
アンバランスさが音に直結してます。
HDMIコネクタの取り回しに無理が
ある上、緩い。

1/3 追記
極端にアンバランスな音は出荷時の
設定に原因がありました。
SW5、TRE4,BASS6、で納得しました。
HDMI周りの狭さはケーブルをスリムタイプの物に
換装することによって緩和できます。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 omテッツア 投稿日 2016/7/18
ブラビアhx720に繋ぎました。
野球中継などで、解説の声が聞きづらいことや
音楽番組の音の薄っぺらさが解消されました。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
寝室にBraviaをかったので合わせてく購入しました。低音がすごく効きすぎるので、妻に嫌がられ、いつも低音を最小近くで使っています。ちょっと低音が立ちすぎる気がします。テレビの音声はよく聞こえるのでよかったです。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
CT260を破格値で購入したが初期不良でした。メーカーに修理依頼をしましたが、不定期に電源が切れる症状は治りにくいので交換しましょうと言われ、CT380と無料交換しました。お値段的には超ラッキーですが、音質が薄い感じが否めません。サブウーハーが小さくなったので気のせいかも?
W60Bと接続しています。TOSHIBAのPCにもBTで繋いでいますが、PCを立ち上げると380の電源が入るのはなぜ?
TVの音と比べるとはるかに音質はアップしています。
操作はボタンの数が少なくなったので、260のリモコンの方が使い勝手は良かったですね。380の方も普通に使えます。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告