通常配送無料 詳細
残り2点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
SOIL 11 (ビームコミックス) がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 中古品ですので、表紙に擦れなどの使用感がある場合がございます。丁寧な梱包にて迅速に発送いたします。 470025
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

SOIL 11 (ビームコミックス) コミック – 2011/1/29

5つ星のうち 4.0 8件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
コミック
"もう一度試してください。"
¥ 821
¥ 821 ¥ 1

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • SOIL 11 (ビームコミックス)
  • +
  • SOIL(10) (ビームコミックス)
  • +
  • SOIL 9 (BEAM COMIX)
総額: ¥2,463
ポイントの合計: 78pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

登録情報

  • コミック: 250ページ
  • 出版社: エンターブレイン (2011/1/29)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4047270148
  • ISBN-13: 978-4047270145
  • 発売日: 2011/1/29
  • 商品パッケージの寸法: 18.6 x 12.8 x 2.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 8件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.0
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: コミック Amazonで購入
ネタバレするような真似はしたくないので簡潔に記す。

長期に亘っての連載であったが、作者が思い描くラストに無事たどり着いた模様。

1巻から読み直してみて最初に感じたのは、「ここまで丁寧に細部まで設定、配置が成されていたのか」という驚きだった。
行き当たりばったりのストーリーテリングではなく、ゴールをきっちり見据えた確実な足取り。息切れすることなく、モチベーションを切らすことなく、最後までペースは落ちなかった…と思う。
これを成し遂げたカネコアツシ氏の力量、そして序盤からブン投げかつ、読者置いてきぼりな展開にOKを出したコミックビーム編集部の度量に喝采を送りたい。打ち切られずにちゃんと完結したよ…よかった…w
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 FSS トップ500レビュアーVINE メンバー 投稿日 2015/7/24
形式: コミック
この手の「現実」と「非現実」、「妄想」と「幻覚」が入り混じり、世界を侵食していくホラー系の作品は、映画にしても漫画にしても、序盤~中盤までは盛り上がるものの、やはり非現実的な演出に囚われがちで、謎や伏線をきちんと回収して終わる作品には滅多にお目に掛かれません。

その点この「ソイル」は、最初から最後まで作品全体の「構図」をきちんと考えた上でシナリオ構築されており、基本的に作中で出された数多くの謎のほとんど全てをちゃんと解決するか、もしくはある程度の「解釈に足るだけの情報」を与えて終わらせてある。そこがスゴい。

ただ、やはり、それゆえに全てが終わり、収束した後の「あの」結末には賛否。作中の「異物」論からすれば、ああしたパラレルワールド的な終わり方はむしろ妥当なものかも知れませんが、パラレルワールドならなおさら最後までがんばった小野田や横井が報われるベストエンドでも良かった気もします。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
以前に他の人が書かれたの題に風呂敷は綺麗に畳まれたと、ありましたが、まさにそのとおりなのであります。

漫画のミステリー系は大概が大風呂敷すぎて、謎が深まって行く過程までは楽しいのに、結論に物足りなさを感じてしまうパターンが多いと感じていた。それでも好きですから結局は読むのですけど。

そしてこのSOILなのですけど、深まる謎はまさに摩訶不思議。その謎の見せ方も、読者の目線を巧みにあやつり、私なんぞは翻弄されっぱなしなのです。

そしてその摩訶不思議な謎もいたずらに散りばめられたわけではなく、無駄は一切無いのです。原因と結果、謎とその答え、その整合性が完璧で、全てが明かされる最終巻を読んだ後の、答えを与えられる快感という意味での爽快感がすごいのであります。

絵についても、非常に個性的で、ペン(筆ペンとのこと)も一目瞭然に一般的なGペンや丸ペンでないことがわかるのですが、確かな画力の裏打ちがあるので、僭越ながらこのペンに行き着くべくして行き着いたのだろうという印象をうけました。

また作中様々でてくる「異物」のデザインも独特で、よくもまあこんな発想ができるなとヒキながらも感嘆させられます。

ちなみに作中よく人物が着てるスケーターファッションが個人的にはかなりツボでした。

以上より全てにおいてハイレベルな傑作であります。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
読んだ後の第一の感想は、ただひたすら「呆然」。
まさかそうなるとは。まさかそういう結末に行くとは。
方向としては予想していなかったでもない結末だけれど、
カタストロフィーを迎えた後の、ラスト1話の展開はあまりに衝撃的でした。

ただ、ある意味非常に『SOIL』らしいラストです。
虚構と現実の衝突が起きる時、異物は排除される…
『SOIL』の根幹に流れていたこのテーマを、これ以上なく体現していると思います。
何よりも、これまで広げてきた数々の風呂敷が一体どう収束するのかを、
多少急ぎ足な感はありますが、
きっちりと畳んでいる力量に圧倒されました。
1点、サクラとサクラダの正体は一体何だったのか…
結局ただの化物、というわけではないのでしょうが。

今回の11巻でも、カネコアツシお得意の、
思わずニヤリとしてしまうようなセリフ回しが
あの大混乱の中でも健在で嬉しかったです。
特に横井はここしばらくシリアスな役回りだったので、
小野田との掛け合いが相変わらずで安心しました。
セキとトミヤマのコンビも、出番は少ないですが安定感抜群です。
待ちに待っていた最終巻でしたが、
これでもう読めないとなると寂しく感じます。
横井と小野田のコンビで、平行世界での違う話なんかを見てみたいです。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


フィードバック