SLEEPING WITH GHOSTS(CCCD... がカートに入りました

この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

SLEEPING WITH GHOSTS(CCCD)

5つ星のうち 4.0 2件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 2,621
価格: ¥ 2,600 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 21 (1%)
残り1点 ご注文はお早めに 在庫状況について
この商品は、▂▃玉風堂▃▂ CD&DVD&ホビー専門店 全品送料無料が販売し、Amazon.co.jp が発送します。 この出品商品には代金引換とコンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー払いが利用できます。 ギフトラッピングを利用できます。
【1,500円OFF対象商品】CDと楽器・オーディオ機器のまとめ買いキャンペーン
おすすめのCDプレーヤー、イヤホン、ピアノ、MIDIキーボードなど多数ご用意。 いますぐチェック

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

Amazon の プラシーボ ストア


キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • SLEEPING WITH GHOSTS(CCCD)
  • +
  • Without You I'm Nothing
総額: ¥5,580
選択された商品をまとめて購入

登録情報

  • CD (2003/3/19)
  • ディスク枚数: 1
  • レーベル: EMIミュージック・ジャパン
  • 収録時間: 55 分
  • ASIN: B0000896TE
  • JAN: 4988006809482
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 2件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: ミュージック - 320,591位 (ミュージックの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

曲目リスト

ディスク:1

  1. バレットプルーフ・キューピッド
  2. イングリッシュ・サマー・レイン
  3. ディス・ピクチャー
  4. スリーピング・ウィズ・ゴースツ
  5. ザ・ビター・エンド
  6. サムシング・ロットゥン
  7. プラスティシーン
  8. スペシャル・ニーズ
  9. アイル・ビー・ユアーズ
  10. セカンド・サイト
  11. プロテクト・ミー・フロム・ホワット・アイ・ウォント
  12. センターフォールズ
  13. エヴァリア - 日本盤のみのボーナス・トラック
  14. ドリンク・ユー・プリティ - 日本盤のみのボーナス・トラック

商品の説明

商品の説明

PLACEBO Sleeping With Ghosts (2003 Japanese 14-track CD the fourth studio album by English alternative rock band including the exclusive bonus recordings Evalia and Drink You Pretty picture sleeve with lyrics & obi-strip VJCP-68479)

Amazonレビュー

   けばけばしく両性具有的なプラシーボの音楽においては、セックス、ドラッグ、ロックン・ロールが際立って重要な役割を演じてきた。『Sleeping With Ghosts』は、それまでのアルバムと比べると多少おとなしい内容で、体液の交換のことよりも、人間関係にまつわる歪んだ心理学的な側面がテーマとなっている。とはいえ、フェティシズムの入りこむ余地がまったくないわけではない。たとえば「This Picture」は、明らかにサド・マゾヒズムについて歌ったもので、かつてスエードがやっていたようなトラッシュ・グラム・ポップの匂いをふりまきながらスタートする。「The Bitter End」――“僕らの感覚はすっかり麻痺してしまったから(Since we're feeling so anaesthetized)”――は、傑出していて、凶暴で、宿命論的な視点でつづられたロックな曲だ。ブライアン・モルコは、明らかに天気のくだらない話題にうんざりしているし(シラけた「English Summer Rain」は、リズミックでエレクトロニックな衝撃音に導かれた抑え目のポップ・チューン)、ドアーズの影響が見られる4分の3拍子の「Protect Me from What I Want」では、誘惑から自分を引き離してくれと祈ってもいるのだが、本作で打ち出したテーマが彼に似合っていないのか、それともテーマに魅入られるあまり変な方向に行ってしまったのか分からなくなるようなところが時々ある。とはいえ『Sleeping With Ghosts』は、毎晩スラムダンスが繰り広げられるゴス系クラブで聴いても精神分析医のカウチで聴いても充分に楽しめるアルバムとなっている。(Kevin Maidment, Amazon.com)

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.0
星5つ
0
星4つ
2
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
両方のカスタマーレビューを表示
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 horohoro 投稿日 2003/6/7
形式: CD
「芸術」(絵画、音楽、演劇、写真など)を「言葉」で語るのは、僕のような者には不相応だと思うが、今回は言語化してみたくなった。というのも、この『SLLEPING WITH GHOSTS』というアルバムは、何か僕の心を掻き毟るような激しさと切なさに満ちているからだ。

取り立て目当たらしい「音」が溢れているわけではない。先鋭的な思想が込められたメッセージがあるわけでもない。乱暴な言い方をすれば、よくあるギターバンドのアルバムに過ぎないかもしれない。

しかし、そうやって切り捨てられない何かを、僕は感じる。ライナーノーツにも書かれているいる事ように、PLACEBOというバンドはこういうバンドだと「断定」する事がとても難しいと思う。だからこそ、おもしろいバンドでもあると思うし、その凄さを受けとめた時、ある意味「憑かれた」感じさえ受けてしまうのかもしれない。 Vo.ブライアン・モルコのセクシーで憂いのある声がその魅力をさらに引き立てる。詩の内容は確かに過剰なまでの個人主義の賛美に思える。しかし、言葉の論理の積み重ねでは、到底受け入れ難い事も「音楽」という舞台では華麗に踊りだすことがある。
モルコの今にも壊れそうな「弱さ」を精一杯支えている姿は、ある種の美しさを放っているように思う。
RADIOHEAD,THE VERVE,TRAVISなどを聞くかたには入りやすいアルバムだと思う。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 マット&泥紋 投稿日 2004/7/14
形式: CD
エレクトロ要素を絶妙にとり入れ、それでいて3ピースバンド
だからこそのタイトな演奏になっている。
エレクトロ要素で、音が広がるかわりに浮つくかと思ったが、
彼らはあくまでバンドなのだ。そう思えるほどタイトにまとまっている。
1曲目を聴くと激しく衝動的な感じを受けるが、その後は無機質で
切ない感じになっていく。しかしこれが無理なく自然に耳に入ってくるのだ。
特に1曲目から5曲目までは素晴らしい流れになっている。
無機質な音に衝動と哀しみが響きわたる。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告