通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
SLAM DUNK 完全版 24 (ジャンプ・コミ... がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 中古品ですが、状態の綺麗な商品になります。その他の状態につきましては、Amazonコンディションガイドラインに準拠いたします。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

SLAM DUNK 完全版 24 (ジャンプ・コミックスデラックス) コミック – 2002/2/19

5つ星のうち 5.0 25件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
コミック
"もう一度試してください。"
¥ 1,008
¥ 1,008 ¥ 94
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • SLAM DUNK 完全版 24 (ジャンプ・コミックスデラックス)
  • +
  • Slam dunk―完全版 (#23) (ジャンプ・コミックスデラックス)
  • +
  • SLAM DUNK 完全版 22 (ジャンプ・コミックスデラックス)
総額: ¥3,024
ポイントの合計: 234pt (8%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



村上春樹の最新作が発売開始!
新作長編「騎士団長殺し」が発売開始しました。「第1部 顕れるイデア編」「第2部 遷ろうメタファー編」の全2冊で構成。 第1部を今すぐチェック

登録情報

  • コミック: 250ページ
  • 出版社: 集英社 (2002/2/19)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4088592131
  • ISBN-13: 978-4088592138
  • 発売日: 2002/2/19
  • 商品パッケージの寸法: 20.8 x 14.6 x 2.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 25件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

5つ星のうち 5.0
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: コミック Amazonで購入
完全版最終巻です。
スラムダンクファンなら誰でも鳥肌が立つであろう、台詞が全く無いラスト数十ページは心に深く刻み込まれます。
絵だけです。
なのに、全てが伝わってくるんです。
ドリブルの音、バッシュと体育館の床がこすれた音、そして彼らのバスケに対する想いが!
私たち読者がまるでその体育館で試合を観ているような、そんな感覚が襲ってくるんです。
絵だけでここまで私たち読者の心に感動を与えてくれたこの作品、そして井上先生には感謝で一杯です。
ちなみにこの巻で好きなシーンは桜木と流川が本当の意味で素晴らしい仲間・ライバルになれた瞬間です。
初めて読んだ時、そのシーンで涙腺が破壊されました。
この作品に出合えて本当に幸せです。
まだ読んでない方!是非この作品に触れてみてください。
これから読まれる方が逆に羨ましいです。
コメント 47人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 maru-kuu 投稿日 2004/8/14
形式: コミック
 ストーリー・画力とも文句なしに、スポーツマンガの永遠の名作一つと言っても過言ではないと思います。
 まず、ストーリー。山王戦で勝った後、次の試合をどうするのかと思っていましたが、あの結果は「嘘じゃないな」という思いを強くしたものでした。連載を続けるために、次々と新たな試合や敵を生み出していくようなマンガがありますが、この作品はそうしたマンガとは一線を画しています。また、メガネ君や陵南の魚住と田岡先生など、脇の人物の書き込みがこの作品の厚みになっています。
(余談ですが、8月10日の新聞6社への全面広告、メガネ君が入っていることに感動しました)
 絵も、メキメキと力をつけていったのが、巻を追うに従ってはっきりとわかります。特に山王戦、最後の数分、一語も使わず、絵のみで読ませた画力には圧倒されました(途中、陵南戦の最後でも同じ描き方(但し、花道の一言「戻れ、仙道が~」はありますが)を使っていますし、「バカボンド」ではたびたび用いられていますが)。
 この名作を連載時から読めた幸運に感謝したいと思います。
コメント 26人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
流川対沢北のマッチアップ。

沢北が「目」でフェイントをかけるシーンがある。

流川の「目」の描写。

沢北の「目」の描写。

「目」だけの描写で、それが誰だかわかること。

そのとんでもない絵の力。

これまで、「目」だけでそれが誰だかを認識させられる画家がいたのか、ってことに、とんでもない衝撃を受けたことをよく覚えてます。

神様と呼ばれる手塚治虫にしろ藤子不二雄にしろ、「目」だけではキャラを個別化できない。

「目」で個別化するどころか、服装や髪型が変わらない限り、それが誰だか区別しようもない絵を描いている人もたくさんいる中で、それだけの画力、筆力を持つ人がいること。

さらに凄いのは、ラストの逆転ゴールに至るシーンまで、「絵」だけでお話を持って行ってる。

これは、なかなか出来ないですよ。
コメント 16人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 カスタマー 投稿日 2003/7/7
形式: コミック
 一人一人がしっかり描かれていて、敵チームであっても本当に嫌な人間がいない。
最後の主人公の台詞は、それまでになかった爽やかさがあり、つい、そうだね、その通り。と言いたくなってしまいました。
コメント 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
自分の好きな漫画を他人に読んで貰いたい時、よく「とりあえず○巻まで読んで!そこまで読めば絶対ハマるから!」
と言って貸すのですが、スラムダンクは読むからには絶対最後まで読んでもらいたい。最後まで読んで初めて「スラムダンクを読んだ」
と言えると思います。なぜなら山王戦こそが今までの集大成であり、まるで山王戦の為に今までの話があったんじゃないか
と思うくらい"熱い"仕上がりになっているからです。井上先生が「山王戦を超える試合を描けない」と言ったのも頷けます。

試合終了ラスト数秒の伝説のセリフなしの会では、自分の頭の中で選手の声や観客の声援、絶叫、会場の空気まで再生されてしまいました。

ホントにこの作品に関して言いたい事や伝えたいこと語りたいことはたくさんあるのですが、これだけは言わせて下さい

この作品を読まずして、日本の漫画は語れません。読んだことの無い人は是非読んで下さい!
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー