中古品
¥ 1
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

SIDOOH 1―士道 (ヤングジャンプコミックス) コミックス – 2005/6/17

5つ星のうち 4.4 10件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
コミックス
"もう一度試してください。"
¥ 1
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

ニッポンが“幕末”と呼ばれる少し前、動乱の世に放たれた二人の兄弟がいた。兄は雪村翔太郎:14歳、弟は雪村源太郎:10歳——たった二人で生きる決意を誓った幼き“侍”に、容赦なく降りかかる時代の混沌、修羅の世界。ROCKする《SAMURAI COMIC》の決定版、ついに始動!


登録情報

  • コミック: 216ページ
  • 出版社: 集英社 (2005/6/17)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4088768124
  • ISBN-13: 978-4088768120
  • 発売日: 2005/6/17
  • 商品パッケージの寸法: 18 x 13 x 2.5 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.4 10件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: Kindle版 Amazonで購入
ヤンジャンってもっと大人っぽい展開のものが多かった気がしましたが、最近は少年ジャンプ的なものもあるのですね。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 こおろぎ 投稿日 2006/12/19
形式: コミック
高橋ツトムにはこの漫画で出会った。のちに「爆音列島」や映画などにもなった「スカイハイ」の作者だと知ったが、この漫画が一番好きだ。絵が墨絵のような独特なタッチで和の世界観に非常に合っていると思う。
侍を描く時代劇はパラレルワールド的な作品になったり、リアルな歴史漫画になったりする。でも「士道」はどちらでもない。戦国時代の武士の成り上がりの歴史的物語でなく、二人の兄弟の生きるか死ぬかのギリギリの生きざま。殺伐とした空気に息苦しいほどの切迫感。こんな生き方をしなければならない時代がかつてはあったのかと思うとゾッとする。

人は死ぬ。簡単には死なないけど死ぬときは簡単に死ぬ。だけどこの漫画はそんな事実だけを伝えてるんじゃない。やっぱり漫画はエンターテイメントで、生死の狭間ギリギリの緊張感がワクワク感として読めるのがすごい。シビアだからこそおもしろい漫画。
コメント 21人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック Amazonで購入
全巻読みました。 ★5つはあくまで1巻だけの評価となります。

幕末に武士道を貫き通す兄弟達の物語。
筆で描いたような独特の黒のタッチが、時代と合っていてとても雰囲気が出ている。
特に迫力ある戦闘シーンは必見です。

ただ8巻ぐらいまでは凄く面白いんですが、新撰組や坂本竜馬、西郷隆盛など
実在の人物がメインキャラになってくる後半はちょっと話に勢いがなくなった感じがします。
特に実在した人物の行動は史実に合わせる必要があり、物語に幅がなくなったというか
思い切ったことができなくなっているような気がしました。
前半のようにオリジナルキャラをメインにして、もっと自由にやって欲しかったです。
そこは凄く残念ですね。

1巻だけ読んでの全巻大人買いは推奨しませんが、8巻までなら『買い』です。
そこだけでも読む価値はあります。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 黒リンゴ飴 投稿日 2005/10/31
形式: コミック
この作品では時代背景、ストーリーともに高橋ツトムの絵は非常に違和感無く溶け込むことができている。風景、人物に特に合っている。社会の暗い部分を描いているのも毎度ながら見事。
それに、カバー自体のデザインも悪くないし、少々高めだが買って損することは無し。高橋ツトムが気になるならこれから読んでみるのもありだと思う。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
1855年の日本。黒船の来襲に安政大地震。社会が大きく変わろうとしていた頃。コレラも流行り、多くの人が亡くなっている。世の中は残酷で救いがない。そんな風に思えてもしまう時代に2人の男がいた。ただ、男と言うには余りにも脆く幼い。雪村翔太郎、14歳と源太郎、10歳の物語。

人を殺し、人を殺す人間の仲間になろうとする。理由は強くなりたいから。

サムライになろうと思う。ただ、連れていかれたのはなんとも言えない異様な空間。宗教の場。あてもない2人の話はまだ、始まったばかり。

弱さによる理不尽さを相次いで感じた幼き2人は強さを得ようと踏み出す。踏み出した先にあるのは遠慮のない世間。さて、どんな道を歩むのか。

【手に入れたきっかけ】

Kindleセールで購入!
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告