通常配送無料 詳細
残り1点 ご注文はお早めに 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
SHADOW SKILL(8) (KCデラックス ... がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

SHADOW SKILL(8) (KCデラックス アフタヌーン) コミック – 2012/1/23

5つ星のうち 2.8 6件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
コミック
"もう一度試してください。"
¥ 1,142
¥ 1,142 ¥ 18

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • SHADOW SKILL(8) (KCデラックス アフタヌーン)
  • +
  • SHADOW SKILL(11)<完> (KCデラックス アフタヌーン)
  • +
  • SHADOW SKILL(7) (KCデラックス アフタヌーン)
総額: ¥3,436
ポイントの合計: 107pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



スポーツ観戦本特集
一流の選手達が繰り広げる、熱い戦いの数々。ガイドブックを活用して、スポーツ観戦を全力で楽しもう。 >詳しく見る

商品の説明

内容紹介

「我が影技にかなう者なし」。無敗を誇る格闘術「クルダ流交殺法」の使い手ガウ・バン。彼は師であり姉でもあるエレ・ラグとともに、数多の強敵との出会いと別れを通じ「強さ」の意味を学んでゆく――。流麗美麗なタッチで描かれる唯一無二の“格闘伝奇”。読む者の血を熱くするバトル漫画の最高峰!

「我が影技にかなう者なし」。無敗を誇る格闘術「クルダ流交殺法」の使い手ガウ・バン。彼は師であり姉でもあるエレ・ラグとともに、数多の強敵との出会いと別れを通じ「強さ」の意味を学んでゆく――。エレとシャイル。ガウをめぐる二人の「姉」の死闘が始まる。常人の理解を超えた次元で繰り広げられる技の応酬の中、エレ・ラグ生誕の秘話、そして彼女がなぜ「無敵」であるのか、その理由が明かされる――。

著者について

岡田 芽武
主に青年誌で活躍。代表作に『朧』『ニライカナイ』『SHADOW SKILL』『聖闘士星矢 エピソードG』(秋田書店 チャンピオンRED掲載)『萌えの大地』(秋田書店 チャンピオンRED いちご掲載)などがある。


登録情報

  • コミック: 304ページ
  • 出版社: 講談社 (2012/1/23)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4063761878
  • ISBN-13: 978-4063761870
  • 発売日: 2012/1/23
  • 商品パッケージの寸法: 20.6 x 15 x 2.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 2.8 6件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 2.8

トップカスタマーレビュー

投稿者 虎乱 トップ1000レビュアー 投稿日 2012/8/18
形式: コミック
 エレVSシャイルは特に何も言いません。相変わらず迫力のある戦いだったと思います。
 今巻はジュリアネスでもまさにエレやシャイル以上のバケモノ同士の頂上決戦やらかしているので、二つバトルがあったと思えばまあ、いいや……といった感じです。

 しかし、この作品でのレビューは初めてですが、とにかく設定の矛盾がもう黙っていられませんでした。ギネビィアって普通に旧4巻でブラックウイングVSダークネスの時点で、ルナリィスと登場しているのに、今巻は初登場と言った感じで出てきます。しかも、既に対面しているはずのフォルスですら初対面といった感じです。ビジュアルも全然違うし……
 エレの父親に関しては、もう後付でも良いです。聖王女の記憶改竄もわかりました。ああ、そう言う設定か…と思って受け入れます。しかし、現在進行形の時系列で登場した重要キャラのことを忘れて、この展開は無いでしょう?
 もしかして、作者は過去の話を忘れているのですかね? 見直したりしないの?シリーズをずっと応援してきた読者に対して、話の整合性がとれない設定は裏切りに近いと思います。

 エレの父親がアイツ、ガウの両親がシアとリル、シャイルの父はシア母親は不明(ギネビィアなのかな?)と言った血のつながりと宿命をテーマに持ってきたいにしても、もうちょっと、ギネビィアの
...続きを読む ›
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
内容はここで3〜4行書けば事足りるレベルの量しかない。
いつもどおり強いやつが来て姉がそれと戦うというだけの話。

連載再開して一巻で一人と戦っているが、正直三巻分の内容を一巻=一人の対戦にまとめたほうがよかったのじゃないだろうか。
冗長すぎるし、戦ってる人が違うだけで内容ぺらっぺら。

いつもの台詞といつもの戦い、いつもの結果。

そろそろ切りどきかなぁと思う今日この頃。
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
巻末のあとがきにあった1992年の連載開始、まだ覚えています。
当時は設定、ストーリー、キャラクターに独自の世界観、統一感があって夢中になりました。

ただ、最近の巻の設定の後付け臭がすごい。
カイ・シンク、聖王女、ガウ、エレ、それぞれの設定を無理に膨らましすぎて、初期の巻と整合性が全く取れていません。
それを「実は記憶が改竄されていた」の一言で取り繕うのはさすがに無理がありすぎでは?

エレ・ラグはなぜ故無敵なのか真相が明かされる、と帯にありましたが、その真実もまた酷い。
強さの秘密は「生まれながらの素質でした」って・・・
初期の頃はエレの心の強さ、志の高さに憧れた普通の少年ガウが成長していく物語だったように思いますが、もう全否定ですね。

デジタル化の影響なのか絵の劣化も激しく、また次の巻も話が進まずに大ゴマの戦闘シーンばっかりなんだろうなぁと思うと、そろそろ読むのが辛くなってきました。
今までありがとうございました。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


フィードバック