この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

SFが読みたい!〈2007年版〉発表!ベストSF2006 国内篇・海外篇 単行本 – 2007/2

5つ星のうち 3.0 3件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本, 2007/2
"もう一度試してください。"
¥ 500
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容(「MARC」データベースより)

国内篇および海外篇の「ベストSF2006」と「2000年代前期SFベスト30」を発表。飛浩隆・浅倉久志インタビュウ、サブジャンル別ベスト10、関連書籍・ビデオ目録などを満載し、2006年のSF界を振り返る。


登録情報

  • 単行本: 191ページ
  • 出版社: 早川書房 (2007/02)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4152087935
  • ISBN-13: 978-4152087935
  • 発売日: 2007/02
  • 商品パッケージの寸法: 20.3 x 14.7 x 1.3 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.0 3件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 1,178,106位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 3.0
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

2006年に出版されたSF作品について、評論家や作家によるアンケートを元に日本と海外作品に分けて、ベスト20を発表しています。

しかし、ベスト20に挙がった個々の作品の紹介スペースが少なく(ベスト10で1ページに2作品)、紹介文もSFマガジンの記事をベースにしているようです。

2006年版はそれでも対談記事やインタビューがいくつか掲載されており、また特集として海外の注目作家を紹介していたので読みでがありました。しかし、2007年版は、作家へのインタビューは1本しかなく、特集である2000年代前期SFベスト30も、2007年という中途半端な年になぜ?と思うだけでなく、ランキングと投票アンケートの回答、対談が一つあるだけで、作品紹介は含まれていません。

底の浅い内容ですが、以下に該当する人は、買っても良いと思います。

- 最近出版されたSFの面白い本を紹介する他に類書が無いので、仕方なく

- SFに関する書籍、ビデオの2006年の出版目録が欲しい

- 毎年、買っているのでなんとなく
コメント 28人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 Amazon Customer VINE メンバー 投稿日 2008/2/24
自分なりにSF者と思っているのだが、
30年ほどSFを読んでないかも。
その反省から手にした1冊。
いやいや書き手もすっかり変わって、サイバーパンクも過去のもの。
本格派あり、ライトのベルありと、SFが再開花しているのか。
大冊が多いので、すぐには読めませんが、読みたい本多々。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 Amazon Customer VINE メンバー 投稿日 2009/7/20
毎年恒例の昨年度発表されたSF作品のランキング発表を中心とした本。

今年度の国内ベスト1は、飛浩隆の『グランヴァカンス2 廃園の天使』だった。これは納得の1位。そのほかにも読んだ本がランクインしているが、国外はあまり自分好みの作品は入っていなかった。チャールズ・ストロスの『シンギュラリティ・スカイ』が3位に入っていたのはうれしかったが。

楽しみは、今年各出版社が出す本の紹介だが、読む限り、私の好きそうなのは少なそうだった。早川書房は、今年もニールスティーブンスンのバロックサイクルシリーズは出さないのかなぁ。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告