通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
SEALDsの真実 がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
発売元 モロヘイヤ
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 帯付きです。良好です。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

SEALDsの真実 単行本(ソフトカバー) – 2016/5/26

5つ星のうち 4.4 21件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本(ソフトカバー)
"もう一度試してください。"
¥ 1,296
¥ 1,296 ¥ 105
この商品の特別キャンペーン 本とのまとめ買いで対象商品が10%OFF 1 件


AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • SEALDsの真実
  • +
  • ヘイトと暴力の連鎖 反原連-SEALDs-しばき隊-カウンター (紙の爆弾2016年7月号増刊)
総額: ¥1,836
ポイントの合計: 39pt (2%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

突如現われ、2015年安保法案反対運動を席巻したとされる SEALDs――その<真実>とは? 背後の防衛隊=「しばき隊」 とは? 2万2000のフォロワーを持つ人気ブログ&ツィッター 「世に倦む日日」主宰者が、知られざるSEALDsと、その裏部隊 「しばき隊」の実態を分析し解剖した衝撃の書!

内容(「BOOK」データベースより)

SEALDs―その“真実”とは?背後の防衛隊=「しばき隊」とは?2万2000のTWフォロワーを持つ人気ブログ「世に倦む日日」主宰者が、知られざるSEALDsと裏部隊「しばき隊」の実態を分析し解剖した衝撃の書!

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 224ページ
  • 出版社: 鹿砦社 (2016/5/26)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4846311120
  • ISBN-13: 978-4846311124
  • 発売日: 2016/5/26
  • 梱包サイズ: 18.4 x 12.9 x 1.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.4 21件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 128,424位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本(ソフトカバー)
日本の左翼の現状、過去の社会主義思想の、簡単な歴史、概要、スターリンのプロファイル・・・データとしては文系音痴のわたくしにとって、たいへん益になりました・・・。
ただ、今の左翼ってこうかな????
いわゆる、SEALS ぼっちゃんたちに代表される活動家志向の学生は、いつの時代にもいたらしく、
バイトする時間をやり繰りすることも無く、どこからか小遣いをもらって、左翼活動に励んでいたそうだ。
夏の合宿に一週間、授業も出ずに活動・・・、
フツウ、アカいひとは、お仕事を探すのに困るので、そうそう気安く左翼活動はできないようになっている。
左翼活動に没入してゆく人は、生まれや境遇や環境から、その思想、哲学で生き抜くしかすべが無いひとたちだったはず。

今の「ひだり」は、実は働くひと達が守っていて、
おそらく、労働現場は、「非正規」だの「差別」だの「格差」だのの、『被害者意識』とはほど遠く、
生計を立てるため、毎月のお給料を楽しみに、だから、働くことに意義を感じて、労働者はがんばっているはず。

田中さんの、「知識人」意識、「知識人階級」の妄想、には、少し困ったチャンしております。

今、労働現場から、「ホワイト」は急激に縮小してゆき、あったとしても、「何
...続きを読む ›
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
シールズが最初から国民に対する訴求力を持ち得ない事はわかっていたが、その出自や関連する知識人の欲得にまみれたさまを克明に記した部分は秀逸。
シールズのようなアイドル的偶像を持ち上げる知識人の愚昧さ、マスコミの商業主義の流れににサオさして言論する著者の姿勢には特に好感が持てる。
また、「しばき隊」への批判はすさまじく、かつ的確な批判ではなかろうか。
結局のところ、「しばき隊」や「シールズ」の存在や活動は、安倍政権への援護射撃となっているにすぎず、左派全体から見た場合、マイナスの存在である事が良くわかる。

ところで著者は丸山真男から多くの影響を得た由であるが(私もそうだったが)、実は丸山始め多くの左派知識人の誤謬は、戦後の日本が良く見えていなかったのではないかと疑っている。
また、安保法容認派が国民の間に徐々に増えて来た要因を、「国民のあきらめ」に帰しているが、そうではないだろう。
さらに、青林堂が神原元弁護士に対する懲戒請求を申し立てた件について、「青林堂は極右出版社であり、~極右からの難癖、言いがかりの懲戒請求であり、懲戒請求制度を悪用した政治目的の悪用に他ならない」としているが、著者が本書のながで引用する小林節氏や長谷部氏の立憲主義の精神に悖る事にならないか。
高島章弁護士は、「まったく正当な懲戒請
...続きを読む ›
コメント 98人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
安保法案が話題になった昨年。突然マスコミの寵児となった集団SEALDs。

学生運動らしいが、言ってる事がどこか幼稚。国会前で自前のTシャツを着て、楽器を叩いて騒ぐだけ。それが新しくてカッコイイ運動なのだとか。テレビも新聞もやたらと持ち上げるが、何がそんなに凄いのかさっぱり分からず。

その少し前は憲法学者が安保法制反対の論陣を張っていて、その頃までは興味をもって法案の行方を見守っていたが、SEALDsとやらが主役になってからはバカらしくなって関心を失ってしまった。

この本を手に取ったのはあのSEALDsとは一体何だったのか知りたかったからだ。保守派のSEALDsに対する罵詈雑言はよく見たが、冷静な分析などはなかったように思う。

著者はネットの世界では有名な批評家らしいが、一般的にはほぼ無名だろう。

あまり期待していなかったが結論を言えば良い意味で裏切られた。なぜSEALDsがあれほどうさん臭いのか?著者の言葉を引用しよう。

「国民がSEALDsを支持していないことは、秋以降の各地の選挙戦において、SEALDsが前面に出て応援活動をやりながら大差で敗れている事実からも証明される。左系マスコミの報道や左翼リベラルのネット言論は、SEALDsを奇跡の天使のよう
...続きを読む ›
4 コメント 292人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
素早い対応でした。本の品質も良かったです。今度とも利用したいと思います。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー