現在在庫切れです。
この商品の再入荷予定は立っておりません。

SAPPHIRE PULSE RADEON RX 5700 8G GDDR6 HDMI / TRIPLE DP OC W/ BP (UEFI)

5つ星のうち4.4 198個の評価

現在在庫切れです。
在庫状況について
この商品の再入荷予定は立っておりません。
RX 5700
エントリーモデル
単品
ブランド SAPPHIRE
グラフィックコプロセッサ AMD Radeon RX 5700
ビデオ出力インターフェイス DisplayPort、HDMI
GPUブランド AMD
グラフィックRAMタイプ GDDR6

この商品について

    以下に適合します: .
  • モデル番号を入力してください これが適合するか確認:
  • VD7062 日本正規代理店品 保証2年
  • 【GPU】Radeon RX 5700 Graphics (Base : 1540MHz/Boost : 1750MHz)
  • 【ホームファクター】ATX
  • 【メモリ】GDDR6 8GB (14Gbps/256bit)
  • 【インターフェース】PCI-Express 4.0
  • 【出力】DisplayPort x3/HDMI x1
  • 【解像度】HDMI: 4096x2160@60Hz/DisplayPort1.4: 5120x2880@60Hz
  • 【サイズ】254 x 135 x 46.5(mm)
もっと見る
ポイントアップキャンペーン

不明な点がある場合

商品情報、Q&A、レビューで回答を検索

リクエストの処理中に問題が発生しました。後でもう一度検索してください。
すべて 商品情報 カスタマー Q&A カスタマーレビュー

あなたの質問は、この商品を購入した出品者、メーカー、購入者が回答する場合があります。

有効な質問が入力されていることを確認してください。質問は編集することができます。または、そのまま投稿してください。

質問を入力してください。

商品の情報

サイズ:RX 5700  |  スタイル:エントリーモデル  |  パターン:単品

詳細情報

登録情報

商品の説明

サイズ:RX 5700  |  スタイル:エントリーモデル  |  パターン:単品

SAPPHIRE PULSE RX 5700 に搭載するすべての素晴らしい機能を探ろう!全ての機能を3つカテゴリーに分類しましたので、最高のゲーム体験のために設計された我々自慢の全ての機能を簡単に見て頂けます。 
SAPPHIRE PULSE RX 5700は、すべてのゲーマーが必要とする手頃な価格で優れたパフォーマンスを提供します。高品質のコンポーネントと堅牢なデジタル電源設計を採用したPULSE RX 5700は、AMDの新しいエクストリームRDNAアーキテクチャを採用し、卓越した1440pパフォーマンスと忠実度の高いゲームを実現します。きめ細かに調整されたDual-X冷却技術は、GPU、メモリ、VRMコンポーネントを低温に保つだけでなく、非常に低いノイズレベルも実現します。全てがアルミ製のバックプレートにより、ボード曲がりの防止を保証する追加剛性を提供し、ほこりの侵入も防止します。またこれにより放熱性を高めてカードの冷却にも役立ちます。GPUをスムーズにかつ静かに動作させるための、クイックコネクトファン、デュアルBiosサポート、電源ヒューズなどの極めて重要なSAPPHIREの機能は、すべてすぐに利用可能です。ゲームの可能性を最大限に解き放ち、SAPPHIRE PULSE RX 5700をPCの心臓部として取り入れよう!


カスタマー Q&A

カスタマーレビュー

5つ星のうち4.4
星5つ中の4.4
198 件のグローバル評価
評価はどのように計算されますか?

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

気になるトピックのレビューを読もう

上位レビュー、対象国: 日本

2019年9月4日に日本でレビュー済み
サイズ: RX 5700 XTスタイル: エントリーモデルパターン: 単品Amazonで購入
カスタマー画像
5つ星のうち5.0 予算と600W以上の電源があるならオススメの高バランスなビデオカード
ユーザー名: S-AZO、日付: 2019年9月4日
Radeon RX 590から、本製品への乗り換え・比較レビューです。

1.まとめ
 良かった点
  ・3D性能・静音性のバランス
    RX 590比で70%以上3D性能が向上して、発熱は7~10℃低下、静音性も
   大きく改善されており、非常に満足感の高い買い物でした。

  ・ASKによる国内2年間保証
   本製品の箱の外側に保証書が張り付いています。

 悪かった点
  ・SAPPHIRE独自ユーティリティツール TriXX
    SAPPHIREのHPからダウンロードできますが、2019/9/3時点で本製品に
   未対応でした(Ver.6.8.0)。2019/9/17現在、本製品対応のVer.7.0.0が
   ダウンロードできるようになっています。

   ハードウェアモニター機能
    GPU/Memoryのクロック、温度とファン速度等が確認できます(画像添付)。

   TRIXX Boost
    レンダリング解像度を下げつつ(70%~95%の間で1%刻み調整可)
    アップスケーリングをかけることで、画質をそこそこ保ちつつFPSを
    向上できるようです。なお、Radeon Image Sharpeningによる鮮鋭化は
    Direct X 9,12およびVulkanに対応とのこと。

2.検証環境
・新ビデオカード
 製品名: SAPPHIRE PULSE RADEON RX 5700 XT 8G GDDR6(本製品)
 チップ: AMD Radeon RX 5700 XT

・旧ビデオカード
 製品名: ASRock Phantom Gaming X Radeon RX590 8G OC
 チップ: AMD Radeon RX 590
 OCMode: Default

・新旧共通項目
 CPU : AMD Ryzen 7 2700X
 MEMORY: Crucial CT4K8G4DFD8213 DDR4-2133 8GBx4
 MOTHER: ASUS ROG STRIX X470-F GAMING
 SSD : Crucial CT512MX100SSD1
 PCcase: Fractal Design Define R5 Black Pearl FD-CA-DEF-R5-BK
 OS : Windows 10 Pro x64 バージョン 1903(2019/9/3までのパッチ済)
 Driver: Radeon Software Adrenalin 2019 Edition 19.8.2 Optional(2019/8/26)

3.各種ベンチマーク結果(旧→新ビデオカードです)
 (1)UL 3DMark
  Time Spy Extreme(V1.1)  : 2,202→ 3,893(+76.8%)
  Time Spy(V1.1)      : 5,070→ 8,798(+73.5%)
  Fire Strike Extreme(V1.1): 6,752→11,587(+71.6%)
  Fire Strike(V1.1)    : 13,811→20,834(+50.9%)

  低負荷時約50%、高負荷時約80%性能が向上しました。

 (2)UL VRMark
  Orange Room(V1.0): 7,953→ 9,103(+14.5%)
  Cyan Room(V1.0) : 5,150→ 9,190(+78.4%)
  Blue Room(V1.0) : 1,347→ 2,513(+86.6%)

  軽負荷のOrange Roomではあまり差がありませんが、中負荷のCyan Room
  では約80%性能が向上しました。Blue Roomは本製品でも性能不足です。

 (3)ファイナルファンタジーXIV: 漆黒のヴィランズ ベンチマーク
  1920x1080/最高品質/ウィンドウモード:
   11,196(非常に快適)→13,726(非常に快適) (+22.6%)
  2560x1440/最高品質/仮想フルスクリーン:
   7,742(非常に快適)→12,265(非常に快適) (+58.4%)

  高解像度時に約60%性能が向上しました。

 (4)FINAL FANTASY XV WINDOWS EDITION BENCHMARK 1.2
  1920x1080/高品質/ボーダーレス: 4,267(普通)→7,369(快適) (+72.7%)
  2560x1440/高品質/ボーダーレス: 3,211(普通)→5,575(やや快適) (+73.6%)

  約70%性能が向上しました。

 (5)ASSASIN'S CREED ODYSSEY BENCHMARK(FPS 最小/平均/最大の順)
  1920x1080/最高/フルスクリーン:23/40/61→23/57/89
  2560x1440/最高/フルスクリーン:23/33/47→26/54/81

  RX 590では1920x1080でも画質を落とす必要がありましたが、
  本製品では2560x1440の最高画質も余裕でした。

4.消費電力
 サンワサプライ ワットチェッカー Plusで平均値を確認。
 液晶モニターとスピーカーを除いたPC本体の消費電力です。

 負荷時※ : 332W→336W(+ 1.2%)
 アイドル時: 73W→ 62W(-15.1%)

 ※UL 3DMark Time Spy Extreme Stress Test実行時

 RX 590と比べてほとんど消費電力は増えておらず、アイドル時では
 逆に約10W下がっています。

5.所感(騒音・発熱)
  旧ビデオカードはベンチマーク開始数秒後に爆音(電子レンジ加熱中 or
 掃除機/扇風機強運転レベル)に対し、本製品では負荷時に
 風切り音は聞こえますが、低音のためそこまで不快に感じません。
 2560x1440で最高画質にするとさすがに音が目立ってくるため、
 2560x1440の中程度の画質、1920x1080の最高画質がほどよいでしょう。
 騒音計を持ってないので定量的な評価ができないのは恐縮ですが…。

  また発熱ですが、UL 3DMarkの温度グラフで調べますとRX 590の方は
 だいたい負荷時78℃、本製品は68℃と10℃低下しています。
 本製品の静音性・放熱性能のバランスの良さが伺えます。

以上
このレビューの画像
カスタマー画像 カスタマー画像 カスタマー画像 カスタマー画像 カスタマー画像 カスタマー画像 カスタマー画像 カスタマー画像 カスタマー画像 カスタマー画像 カスタマー画像 カスタマー画像 カスタマー画像 カスタマー画像 カスタマー画像 カスタマー画像 カスタマー画像
カスタマー画像カスタマー画像カスタマー画像カスタマー画像カスタマー画像カスタマー画像カスタマー画像カスタマー画像カスタマー画像カスタマー画像カスタマー画像カスタマー画像カスタマー画像カスタマー画像カスタマー画像カスタマー画像カスタマー画像
114人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2020年1月14日に日本でレビュー済み
サイズ: RX 5700 XTスタイル: 高耐久モデルパターン: 単品Amazonで購入
50人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2020年1月26日に日本でレビュー済み
サイズ: RX 5700スタイル: エントリーモデルパターン: 単品Amazonで購入
17人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2020年1月15日に日本でレビュー済み
サイズ: RX 5700 XTスタイル: 高耐久モデルパターン: 単品Amazonで購入
カスタマー画像
5つ星のうち5.0 コスパ良し、音も静か。
ユーザー名: ラスター、日付: 2020年1月15日
GTX980tiからの乗り換えです。290X→980ti→5700XTと使っています。
FPSゲームをよくします。現環境(フルHD 144hz)では、そんなに効果が無いのでは?と思うかもしれません。
でも、そんなことは無かったです。
R6Sでは同じ設定でもフレームレートの下限も上がるのでカクツキがかなり改善されました。
BF5などラデオンの得意なゲームであればワンランク上の画質でもいい感じです。
安定していますし、静かに動いてくれます。これであればQHDや165hzでも安定してくれそうです。

あと色合いがしっくりきます。
好みなんですが、ラデオンは赤味が強めで鮮やかに見えます。
対照的にエヌビディアは青味が強いのでシャープな印象です。
性能はミドルハイあたりなので、GTX980、RX590あたりからの乗り換えで検討している人が多いのではと思います。
特に5万円という価格で検討されている方にはお勧めです。エヌビディアで同性能を求めると6万円オーバーばかりでした。
価格は今のところ変動しやすいですが、買うのであれば4万中盤~後半が狙い目ではないでしょうか。

数値的な性能としては、画像にベンチマーク結果も貼っていますので参考にしてみてください。
(低電圧化してるだけでクロックを盛ったりはしてません。)

性能、価格、作りの良さ(見た目)どれも◎です。
低電圧化の記事もあるくらいなので電気代ガーは心配ないと思います。ですが自己責任です。
マイナス点として強いて上げるなら、大きさでしょうか。
140㎝ファンが2個並べれるケースであれば問題ないと思います。
X570系マザーの方はチップセットファンが塞がってしまう可能性があるので注意です。(3スロット占有)
画像の光ってるファンは140㎜x2です、参考にしてみてください。

長くなりましたが、今回のラデオンには期待して購入しました。
それでとても良かったので、ウキウキでレビュー評価させてもらった感じです。
皆さんのゲームライフの助けになれば幸いです。ではまたどこかで。
このレビューの画像
カスタマー画像 カスタマー画像 カスタマー画像
カスタマー画像カスタマー画像カスタマー画像
13人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2020年3月21日に日本でレビュー済み
サイズ: RX 5700 XTスタイル: 高耐久モデルパターン: 単品Amazonで購入
10人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2019年12月22日に日本でレビュー済み
サイズ: RX 5700 XTスタイル: 高耐久モデルパターン: 単品Amazonで購入
カスタマー画像
5つ星のうち5.0 流石SAPPHIREとても静かです。
ユーザー名: なみせん、日付: 2019年12月22日
構成
マザボ)B450Mスチールレジェンド
CPU)Ryzen3700X
GPU)SAPPHIRE NITRO 5700XT

投げ売りのVEGA64から乗り換えです。

上記構成で問題無く動作しています、前のVEGA64の性能には不満は無かったのですが排気音が大きかったので本製品に換装。

ベンチは2から3割程上昇しましたが体感は其ほど感じませんが動作音がも凄く静かになり非常に満足です。

流石SAPPHIRE、RADEONならオススメです。
このレビューの画像
カスタマー画像 カスタマー画像
カスタマー画像カスタマー画像
11人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告