この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

S&M シンフォニー&メタリカ

5つ星のうち 4.1 12件のカスタマーレビュー

出品者からお求めいただけます。 在庫状況について

【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more


Amazon の メタリカ ストア


キャンペーンおよび追加情報


登録情報

  • CD (1999/12/22)
  • ディスク枚数: 2
  • レーベル: ソニー・ミュージックレコーズ
  • 収録時間: 133 分
  • ASIN: B00005G8MJ
  • EAN: 4988009214412
  • 他のエディション: CD  |  LP Record
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.1 12件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 音楽 - 75,876位 (音楽の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

曲目リスト

ディスク:1

  1. THE ECSTACY OF GOLD
  2. THE CALL OF THE KTULU
  3. MASTER OF PUPPETS
  4. OF WOLF AND MAN
  5. THE THING SHOULD NOT BE
  6. FUEL
  7. THE MEMORY REMAINS
  8. NO LEAF CLOVER
  9. HERO OF THE DAY
  10. DEVIL’S DANCE
  11. BLEEDING ME

ディスク:2

  1. NOTHING ELSE MATTERS
  2. UNTIL IT SLEEPS
  3. FOR WHOM THE BELL TOLLS
  4. - HUMAN
  5. WHEREVER I MAY ROAM
  6. OUTLAW TORN
  7. SAD BUT TRUE
  8. ONE
  9. ENTER SANDMAN
  10. BATTERY

商品の説明

メディア掲載レビューほか

変貌し続けるUSメタル・バンド、メタリカが、1999年4月、サンフランシスコで行われたオーケストラとの共演によるライヴの模様を収録したアルバム。指揮は、ピンク・フロイドやエアロスミスも手掛けるマイケル・ケイメン。「ワン」「アンティル・イット・スリープス」他、全21曲を収録。 (C)RS


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

投稿者 LED LEPP トップ500レビュアーVINE メンバー 投稿日 2001/7/28
形式: CD
 1999年、METALLICAのLive盤です。

 これは、本当に凄い!!!

 普通、このようなオーケストラとの共演になると、
どこかバンドの音が、おとなしくなってたり、上品になってたりすることが多いのですが。。。

 。。。METALLICAは、まさしくいつものMETALLICA!
 そこに、マイケル・ケイメン率いるオーケストラが、これまた凄いパワーでバンドに絡んでくる。

 このアルバムを素晴らしいものにした要因は、第一に楽曲の良さ。
 そして、マイケル・ケイメンのMETALLICAに対する理解の深さだと思います。

 彼のオーケストラ・アレンジは、まさに楽曲の良さを更に引き立てている。
 こんなアルバムは、他にはないと断言できます。
コメント 21人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 snappy 投稿日 2002/9/30
形式: CD
ヘヴィロックのライブアルバムは数々あれど、これほどすばらしいアルバムはまだないのではないか。
生の楽器と電気で音を出す楽器がどちらも消さずに両方が引き立てあっている。ジェームズ・ヘットフィールドのVo.もより表情豊か。
スピーカー間の距離を十分にとって、ツインギターをはじめ楽器それぞれの音を確認しながらできるだけ大音量で聴きたい。
コメント 17人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
この作品は、現代のメタリカがヘヴィ・メタル、というより音楽の可能性をいままさに広げていることを証明している。ここで共演している指揮者、編曲者である Michael Kamen はケイト・ブッシュの "Hounds of Love" のオーケストラ・アレンジメントを手がけているし、エリック・クラプトンが最も充実していた時期のライヴ、"24 Nights" においてもやはりタクトを振っている。このような経験を踏まえているということもあるとは思うが、このS&Mにおけるオーケストラ・アレンジメントは非の打ちどころがない。ポップ・ミュージックないしはジャズとオーケストラとの共演というのは過去に例はあまたあるが、これほど音楽としての統一感があり、オーケストラとバンドとが相互の表現力を最大限に生かしあった、つまり成功したものはおそらくほかにはないのではないか。
コメント 23人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 NOVZO-ds VINE メンバー 投稿日 2014/12/18
形式: CD Amazonで購入
と言っても、オケと共演したDream Theater、Rushの作品と比べて、の話です。いずれも悲しい出来栄えでした。それらに比べればそれほど悲惨ではないので、幾分はマシ。シンフォニー側のやる気というか積極関与の度合いが高いからでしょう。
芸術作品としての付加価値を認めつつ、原曲を超えるところまでではないのが微妙。ヘヴィメタルとクラシック、各々が与えてくれる高揚感が掛け算にならないところ、難しいですね。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 cecedece VINE メンバー 投稿日 2006/3/18
形式: CD Amazonで購入
他のレビュアーもかかれてますが、意外とクラシックと合うのですよね。なんででしょうか?クラシックの音というのは本当はヘビメタの音量より多いですから、盛り上がりという意味ではクラシックの方でしょう。そこに電気仕掛けの音が絡むのが結構いける・・というのが私の持論です。で、長期的には他のメタリカの作品より聞いている時間は多いような気がします。見に行きたかったコンサートのひとつですね。で、クラシックの方の指揮をしているのがマイケル・ケイメンであります。お若い方は、リーサル・ウエポン・シリーズの映画音楽の担当だと思っている方が多いと思いますが、僕みたいな古い人間には、かのニューロック黎明期のニューヨーク・ロックンロール・アンサンブルというクラシックからロックにアプローチしてきた有名なバンド(あんまり売れなかったですが)のメンバーであります。これだけでも感激もんでっしゃろ。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 空神 投稿日 2005/9/8
形式: CD
しかし何故にここまでヘヴィメタルとクラシックがしっくり合うんだろう。全く音楽的には正反対の物なのに・・・。ディープ・パープルもその昔オーケストラと演奏したし、イングヴェィ・マルムスティーンもオーケストラと曲を奏でたし、HR/HMをやっている人達はみんなクラシックも聴いている人が多いせいか、ビックリするくらい合うと思います。もうある意味感動もんです。CDでここまですごいと思うんだから、「こんなのを生でなんか聴いたらそうとう迫力がありより感動するんだろうなあ」とつくづく思いました。とにかくこれはすばらしい作品だと思います。ヘヴィメタルはちょっとなあと思う人や、逆にクラシックはちょっとなあと思う人、是非このS&Mを聴いてみてはいかがでしょうか!?自分の中の音楽スタイルが少しは変わるかも・・・。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。


フィードバック