ラッセルホブス コーヒーグラインダー 電動 766... がカートに入りました

こちらからもご購入いただけます
カートに入れる
¥ 3,959
通常配送無料 詳細
発売元: PLUSYU
カートに入れる
¥ 3,960
+ 関東への配送料無料
発売元: Townland
カートに入れる
¥ 3,960
+ 関東への配送料無料
発売元: LandMall
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

ラッセルホブス コーヒーグラインダー 電動 7660JP

5つ星のうち 4.2 84件のカスタマーレビュー

価格: ¥ 5,400 通常配送無料 詳細
ポイント: 2,475pt  (46%)  詳細はこちら
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:32¥ 2,078より 中古品の出品:2¥ 12,018より
  • サイズ:12.5×12.5×21.5cm
  • 本体重量:1.1kg
  • 素材・材料:ステンレス AS樹脂
  • 原産国:中国
  • 電源:100V50/60Hz
  • 消費電力:150W
  • 付属品:掃除用ブラシ
表示件数を増やす

【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • ラッセルホブス コーヒーグラインダー 電動 7660JP
  • +
  • カリタ スコップメジャー #44079
総額: ¥5,964
ポイントの合計: 2475pt (41%)
選択された商品をまとめて購入

登録情報

  • 商品パッケージの寸法: 23.6 x 14.2 x 13.8 cm ; 1.2 Kg
  • 発送重量: 1.2 Kg
  • メーカー型番: 7660JP
  • ASIN: B0071FOEZY
  • Amazon.co.jp での取り扱い開始日: 2012/1/25
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.2 84件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: ホーム&キッチン - 935位 (ホーム&キッチンの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

商品の説明

[商品スペック]
●サイズ : W12.5×D12.5×H21.5cm
●重量 : 1100g
●素材 : ステンレス、AS樹脂
●原産国 : 中国
[商品詳細]

短時間操作で満足な仕上がり、粉をこぼさずフィルターへ コンパクトタイプでありながら150Wのハイパワーモーターを搭載しているので短時間操作で挽き上がります。
独特な形状をしたブレードとグラインディングボウルにより、一般的なコーヒーグラインダーと比べると、挽きムラが軽減された仕上がりです。

Amazonより

指一本で簡単操作

Russell Hobbs コーヒーグラインダー 7660JP

指一本でスイッチ押すだけの簡単操作

コンパクトでありながら150Wのハイパワーモーターを搭載
中挽きならMAX60g(7~8杯)でも約10秒で挽くことができる


独特な形状のブレード

Russell Hobbs コーヒーグラインダー 7660JP

独特な形状をしたブレードとグラインディングボウルにより、
挽きムラが軽減された仕上がりになる


粉はこぼさずフィルターへ

Russell Hobbs コーヒーグラインダー 7660JP

取り外せるグラインディングボウルの中で粉を挽くので、
周囲に粉がこぼれることがほとんどなく、容易に粉をフィルターに移すことが出来る


挽き加減と時間目安

Russell Hobbs コーヒーグラインダー 7660JP

粗挽き:約7秒
中挽き:約10秒
細挽き:20秒以上

※中煎り豆60gで計測


掃除用ブラシ付き

Russell Hobbs コーヒーグラインダー 7660JP

付属の掃除用ブラシで、グラインディングボウル内の掃除が簡単にできる




カスタマー Q&A

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

投稿者 海人 トップ100レビュアーVINE メンバー 投稿日 2016/9/11
Amazonで購入
もしプロペラ式のコーヒミルとの比較で考えていらっしゃるのであれば、多少値段は上がりますがこちらの方をお勧めします。

プロペラ式コーヒーミルは刃が付いているのではなく一枚の板を細長く打ち抜いたプロペラが付いているだけです。それ故のプロペラ式というネーミングになっている訳です。

こちらは高速で回転することは同じですが、ちゃんとステンレスの厚みの有る刃が付いています。写真の説明にブレード(刃)と書かれている所以(ゆえん)でもあり、一般的なミルではなく業務用に多いグラインダーと名乗っている理由でもあります。

この違いは意外と大きいです。

プロペラ式コーヒーミルは、プロペラを高速で回転させてぶつけて豆を破砕しています。切るのではなく砕いている訳です。金属製の板をぶつけて破砕するので細かい屑がたくさんでますし、熱も持つし静電気も起きます。挽いた豆の大きさもバラバラになります。それに満足できなければ、少しでも状態を良くするにわざわざ豆を挽くときにスイッチを入れて、重たい本体を手でもって振ったりもします。

価格が安い分、電動の割には意外と面倒です。

こちらは一応カットすることになります。なので挽き上がりの豆の状態の良さが断然違います。以前ならこれと同じ方式の
...続きを読む ›
1 コメント 67人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
自宅、会社、会社2と3カ所でグラインダーが欲しく、コレ、ドンキホーテの1980円のもの、クイジナートと3つ買って試してみました。
結論からすると、普段「何杯分のコーヒー豆を挽くのか」によります。
私は自宅では1、2杯分を挽くので、ドンキホーテの格安グラインダーがベストという結論に達しました。

このラッセルホブスのグラインダーとクイジナートの物は基本同じです。日本の家庭には少し大きめ(本体サイズの話)、7‾8杯分の豆までグラインド可能、150、160Wです。
1、2杯分の豆を挽くにはパワーがあり過ぎ?かつ、そもそも7、8杯分の豆を入れるスペースがあるので、中で豆が舞い上がってしまい、グラインドするのに
40秒〜1分くらいかかってしまいます。要は、底に付いている歯に当たるのに、豆自体に重みが必要、すなわち5〜6杯分以上の豆を挽くには最適な設計です。

しかし、デイリーで毎回1、2杯分の豆を挽くには、ドンキホーテの格安の方がグラインドの容積自体が小さいため、圧倒的に早く挽けます。10秒から20秒もあれば十分です。
コメント 223人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 様々001 投稿日 2017/3/6
Amazonで購入
お店で豆をひいてもらいコーヒーを淹れていたのですが 自分でブレンドをして飲むため 豆の種類を多く使い(5種類から8種類を常備して気分によりそのうち3種類くらいをブレンド) 一つの豆を使い切るまで10日程度かかり 最後の方は明らかにコーヒーの味が落ちていたため こちらの商品を購入。

豆の量、淹れ方は全く同じにして 挽き立ての豆でコーヒーを淹れたところ、本当に同じ豆?というくらい 味が変わりました。
マイルドというか、深いというか、感動物です。(私にとって求めていたコーヒーの味です)

またお店の業務用(カットタイプ)で挽いてもらった物と粉の質を比べましたが 素人には見分けつきません。

お店では中挽きにしてもらうのですが ラッセルホブスですとカタログ上10秒となっていますが それでは時間が足りず
私は10秒ストップそして5秒追加でお店の中挽きと同等になると感じました。

Amazonのレビューをみて商品を購入していますがやはり評価高い物は外れなし。
価格も安いので壊れたらまたこの商品を購入しようと思います。それくらい気に入りました。

大満足の商品です。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
結論から言うと、価格、構造、設計、素材選択や作りこみ、消耗品の供給など、ケチのつけようのない優れた製品です。
この価格で、これ以上の製品を実現するのは不可能と思われます。

電動のプロペラ式コーヒーミル(Melitta(メリタ) セレクトグラインド MJ-518 (ブラック)のような商品)は、挽いた後に本体をひっくり返し、静電気と戦いながら粉を器具に投入するという無理難題が伴います。手挽きのコーヒーミルは、最初は良いですが、手で豆を挽くという面倒な作業がすぐに嫌になります。電動ミル、手動ミル、いずれも買ったことがありますが、結局使わなくなりました。

今回、どうしてもミルが必要になり、本製品を購入しました。モーターを内蔵する本体と、豆を実際に挽く歯がついたステンレスの
...続きを読む ›
コメント 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー