この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

Rush Hour [VHS] [Import]

5つ星のうち 4.0 27件のカスタマーレビュー

出品者からお求めいただけます。 在庫状況について
中古品の出品:2¥ 340より


キャンペーンおよび追加情報

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


登録情報

  • 出演: Ken Leung, Jackie Chan, Tom Wilkinson, Tzi Ma, Robert Littman
  • 監督: Brett Ratner
  • 形式: Closed-captioned, Color, Dolby, Import
  • 言語: 英語
  • テープ数:: 1
  • 販売元: New Line Home Video
  • VHS発売日: 1999/06/15
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 27件のカスタマーレビュー
  • ASIN: 0780623711
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

商品の説明

Amazonレビュー

The plotline may sound familiar: Two mismatched cops are assigned as reluctant partners to solve a crime. Culturally they are complete opposites, and they quickly realize they can't stand each other. One (Jackie Chan) believes in doing things by the book. He is a man with integrity and nerves of steel. The other (Chris Tucker) is an amiable rebel who can't stand authority figures. He's a man who has to do everything on his own, much to the displeasure of his superior officer, who in turn thinks this cop is a loose cannon but tolerates him because he gets the job done. Directed by Brett Ratner, Rush Hour doesn't break any new ground in terms of story, stunts, or direction. It rehashes just about every "buddy" movie ever made--in fact, it makes films such as Tango and Cash seem utterly original and clever by comparison. So, why did this uninspired movie make over $120 million at the box office? Was the whole world suffering from temporary insanity? Hardly. The explanation for the success of Rush Hour is quite simple: chemistry. The casting of veteran action maestro Jackie Chan with the charming and often hilarious Chris Tucker was a serendipitous stroke of genius. Fans of Jackie Chan may be slightly disappointed by the lack of action set pieces that emphasize his kung-fu craft. On the other hand, those who know the history of this seasoned Hong Kong actor will be able to appreciate that Rush Hour was the mainstream breakthrough that Chan had deserved for years. Coupled with the charismatic scene-stealer Tucker, Chan gets to flex his comic muscles to great effect. From their first scenes together to the trademark Chan outtakes during the end credits, their ability to play off of one another is a joy to behold, and this mischievous interaction is what saves the film from slipping into the depths of pitiful mediocrity. --Jeremy Storey

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: Blu-ray Amazonで購入
ビッグタイトルを数々こなし、今や有名監督の一人となってしまったブレット・ラトナーの初期アクション・コメディー。公開当時、クリス・タッカーの面白さがどうにも理解出来ず、それ程評価していなかった作品のひとつだったが、改めて観るとそれ程つまらない作品でもないことが確認できた。

今更内容的なレビューをしても仕方が無いのでその部分は割愛するが、全編からジャッキーのハリウッドに賭ける意気込みが伝わり、またクリス・タッカーの周囲を侵食しないシャープなコメディー性がそれに色を添えており良い。両者のアクション性、コメディー要素が不思議なくらい一体化している。その後シリーズ化されることになるのも当然といえよう。
また、悪役で登場するケン・レオンの存在も両者のキレに上手に咬み合っており、作品バランスに貢献している。

映像コーデックはVC-1であるが、意外な程精細な映像を実現している。コントラストの付け方も絶妙。正直、ここまでのレストアは期待していなかったので驚いた。PQ 4/5。
音声コーデックはDTS HDMA 7.1chである。残念ながら当方5.1chの構成でしか確認していないのだが、十分にダイナミックな奥行きのあるサウンドを得られた。是非7.1chで視聴したいものだ。SQ 4/5。

ここまでDVDとの画質差・音質
...続きを読む ›
コメント 18人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
「ラッシュアワー」は大ヒットした映画であり、また、ハリウッドでのジャッキー人気を揺るぎないものにした有名な映画です。しかし、ファンの間では好みが分かれている映画でもあります。

この映画は話の進め方がとても分かりやすく、画面に映る光景もいかにもハリウッド製らしい、見やすい作りになっています。ですから、ジャッキー映画を普段あまり観ない子供たちでもこの映画のことはよく知っています。見やすくて分かりやすい。これは確かに娯楽映画としては大切な要素だと私も思いますが、例えば「プロジェクトA」や「ポリス・ストーリー3」を初めとする“人智を超えた”アクションを昔から楽しんできた(私のような古い)ファンにとっては、「ラッシュアワー」のアクションはどうも生ぬるい。いや、もちろん本作品のアクションだって他の人にはなかなかできないものかも知れませんが、“この人はこんな危ないことばかりやっていて、どうして今まで生きてこられたんだろう”と思わせる何かに欠けているように思えてしまうのです。

ジャッキー自身もこの映画に不満を持っていたらしく、思い通りのアクションをやらせてくれないうっぷんを晴らすため?に、のちに「アクシデンタル・スパイ」や「香港国際警察 NEW POLICE STORY」といった快作をどかどかと作ってくれました。そのことを考えれば、別にこの「ラッシュアワ
...続きを読む ›
コメント 15人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 ガラクタ 殿堂入りレビュアートップ50レビュアー 投稿日 2015/11/8
形式: DVD
本作の見どころというのは、ジャッキー本来の魅力である全身をフルに使ったような肉体的なアクションが注目だと思うが、
有色人種という異例のコンビ、そしていかにもコメディアンらしいクリス・タッカーと英語が苦手で無口なジャッキーという
対照的な組み合わせの妙ではなかろうか。

小道具などを巧みに利用して得意のカンフーを披露するジャッキー、方やアクションはダメだが、得意のマシンガントークで
敵を煙に巻くクリス。このふたりの持ち味を十分に活かしきった設定が功を奏したのではないでしょうか。見応えのある
作品に仕上げられていたと思います。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
東宝から出ていたのとは違います。
リマスター版で内容はblu-rayと同様。
ラトナー監督の音声解説など特典ももりだくさん。
2バーションという事で買っても損は無いです。
画質・音質も向上してるでしょう。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
アジア圏では全然受けなかった作品ですがアメリカでは大ヒットしたので、ジャッキーの活躍の場が広がったと言う意味では価値のある作品だと思います。ジャッキー本人も何故ヒットしたのか分からないと発言してる通り、ジャッキーファンから見ればアクションの見せ場に欠ける。メイキングでジャッキーがアクションシーンの指導してる所なんか見ると、ジャッキーがこの作品に力を入れてるのは分かるんですが、監督が得意としてるのはどっちかと言えばカーチェイスや銃撃戦の方なので作品自体は結構面白いですがアクションの方向性が微妙にかみ合ってない感じがしました。でもブレット・ラトナーはジャッキーファンだから銃撃戦やカーチェイスを入れろって言ったのは会社側かもしれないですね。ジャッキーを知らないアメリカ人にも、ちょっと不満足ながらジャッキーファンにもそれなりにアピールできるバランスの取れた満足度の高い娯楽作品にまとめてるって意味ではブレット・ラトナーはなかなかの腕だと思います。オープニングのラロ・シフリンのB級音楽もいい感じで響いてきます。話は定番な感じ、黒幕もオープニングで分かってしまう。弱い脚本をジャッキーのアクションと、日本人にはあまり笑えないと思いますがクリス・タッカーの喋りで補った作品です。前に出た時にはいくらなんでもって感じの値段でしたが、この値段ならジャッキーファンじゃなくてもじゅうぶん買う価値はあると思います。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。

関連商品を探す


フィードバック