通常配送無料 詳細
残り4点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
Rubyによるクローラー開発技法 巡回・解析機能の... がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
中古品: 良い | 詳細
発売元 みおな書店
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ◆本文は良い状態で比較的良いコンディションです。◆中古品のため、表紙カバーなどの外観に軽い擦れと軽いヨレがあります。◆1つ1つ丁寧にクリーニングを行っております。◆商品はクリスタルパックに包んだ上、Amazonにより迅速に発送されます。◆なお、Amazonプライム会員のお客様は各種サービスが適用されます。 万が一商品に不備があった場合、Amazonカスタマーサービスの対応が受けられます。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

Rubyによるクローラー開発技法 巡回・解析機能の実装と21の運用例 単行本 – 2014/8/23

5つ星のうち 4.2 34件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 3,218
¥ 3,218 ¥ 1,705

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • Rubyによるクローラー開発技法 巡回・解析機能の実装と21の運用例
  • +
  • JS+Node.jsによるWebクローラー/ネットエージェント開発テクニック
総額: ¥6,674
ポイントの合計: 201pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

Webクローラーの作り方をディープに解説!

Webから任意の情報を引き出す「クローラー」技術の概要と、
クローラーの作成方法を解説します。
汎用的なクローラーの作成から、
ブログ・Twitter・Facebookなどターゲットごとの活用法まで、
データ収集効率を劇的にアップするクローラー技術をディープに解説します。

■本書の「はじめに」より
本書はRubyでクローラーを開発・運用できるようにするための本です。
クローラーを使えば情報収集のスピードが速くなり、
最新情報をいち早く入手できるようになります。
本書を通じてクローラーを実際に開発・運用して、それを体感してください。

クローラーというのは、自動的にWebサイトを巡回して情報収集するプログラムのことです。
Google botなどの検索エンジンロボットが代表的ですが、
個人・ビジネスに関わらず、さまざまな場面で使われています。
そう聞くと難しそうに感じるかもしれませんが、
まったくそんなことはなく、小規模なクローラーはRuby初級者でも書けます。
実は、ファイルから情報を抜き出す普通のRubyスクリプトに、
たった1行加えるだけでクローラーに変身してしまいます。
もしかしたら知らず識らずのうちにあなたもクローラーを作っていたのかもしれません。
クローラーは身近な存在です。

■本書に掲載するクローラーサンプル
・Googleの検索結果を取得する
・ブログへのクローリング
・Amazonのデータを取得する
・Twitterのデータ収集
・Facebookへのクローリング
・画像を収集する
・YouTubeから動画を収集する
・iTunes Storeの順位を取得する
・Google Playの順位を取得する
・SEOに役立てる
・Wikipediaのデータを活用する
・キーワードを収集する
・流行をキャッチする
・企業・株価情報を収集する
・為替情報・金融指標を収集する
・郵便番号と緯度経度情報を取得する
・新刊情報を収集する
・荷物を追跡する
・不動産情報を取得する
・官公庁のオープンデータを活用する
・聞の見出しを集める

■目次
Chapter 1 10分クローラーの作成
Chapter2 クローラー作成の基礎
Chapter 3 収集したデータを分析する
Chapter 4 高度な利用方法
Chapter 5 目的別クローラーの作成
Chapter 6 クローラーの運用

内容(「BOOK」データベースより)

Google、Twitter、Facebookからのデータ収集、iTunes Store、Google Playのランキング情報、企業・株価情報・為替情報・金融指標の取得、SEOやマネジメントに役立つ情報の収集etc…データ収集効率を劇的にアップするクローラー技術をディープに解説。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 448ページ
  • 出版社: SBクリエイティブ (2014/8/23)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4797380357
  • ISBN-13: 978-4797380354
  • 発売日: 2014/8/23
  • 梱包サイズ: 21 x 14.8 x 2.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.2 34件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 122,778位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本 Amazonで購入
テスト用のサーバーをつくるところからはじまって、応用までと意欲的な構成ですが、中身はanemoneとnokogiriの紹介を中心として、いろいろな例を出しているものの、著者のやりかたを教科書的に簡単に紹介しているようです。クローラーの作成をやった経験のある人(当然nokogiriもつかった経験ある)が、実務的な疑問があったり、他の人のうまいやり方を参考に発展させたい、というような場合は、この本には答はないかも知れません。ささっつと基礎をおさらいするにはいいかも知れませんが、詳しいことには深入りしていないので、実際にこれをみてクローラーをつくってみようという、初心者向けだと思います。
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
◼️文字コード
2014年8月22日
「Rubyによるクローラー開発技法」サンプルスクリプト
[…]
のzipファイルのサンプルはそのままでは動作しない。UTF-8への変換が必要(以下は上書きなので注意)です。

find RubyCrawlerSample/ -type f | xargs -n 10 nkf -w --overwrite

このサンプルは、著者というより出版社が用意したような感じなので、出版社側の問題なような気がしますが、修正をお願いします。
>SBクリエイティブ様

MACではfindはあってもnkfは標準ではないので、brew install nkfなどでインストール。

・MACでの注意点
MAC環境では、¥ではなく、バックスペース\(オプションキーを押しながら¥で入力)入力が必要であることに注意。私のように¥とバックスペースが同じと思っている人はハマるかも。。

・その他感想
rubyの勉強がてら動かしていますが、%rによる正規表現(/xxx/の代わりに%r!xxx!とかく)、map |(aurl,atitle),ymd|の理解、*ymdでの*による配列展開、[x, y, z, ...]
...続きを読む ›
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazon Vine レビュー ( 詳しくはこちら )
他言語習得者(*)としての視線でレビューします。

この本のターゲットは、既にRubyをひと通り扱ったことがある人や既に他の言語を習得していて、Rubyを通じてクローラーに興味がある人でしょう。できればDBに取り扱い経験もあればなおさらよいというところ。

他言語習得者としてみた時に、この本ではざっとRubyについての簡単な解説はついていますが、ソースを読もうとするとRubyについてひと通り書いてる本くらいは読んでおきたいなという印象を持ちました。だから、プログラミングを全くしてない人には厳しいでしょう。一例をあげると本書の中ではハッシュを度々使ってるが、いきなり出てくる部分があり、データ構造の説明が不十分だと考えるからです。ただし、他言語を習得した上でこの本を読んでると勘が働くところです。これならRubyの基礎は書かずに著者が勧める本を提示くらいでよかったかもしれません。

教科書的でかなり内容が詰まってますが、丁寧でわかりやすい記述で、基本的には、0からライブラリを作るようなものではなくて、既にあるライブラリやapi(anemone,nokogiri,Yahoo!形態素解析api)を使ったプログラミングと事例という構成なので、内容的には難しくないです。要するにアルゴリズムを考えるより、ライブラリを覚えていくことが中心だ
...続きを読む ›
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
近年ではビッグデータの有効利用がさけばれていますが、ビッグデータの収集方法として
「Webスクレイピング」が注目されています。
インターネット上に存在する膨大なページからビッグデータに相当するデータを収集する事を指します。
ツイッターのつぶやきデータの収集等が有名な例としてあげられると思います。

本書では、この「Webスクレイピング」を実現するために「クローラー」を作成するとの流れになっています。

本書を読む事で
・「クローラー」の概要と作成する上で基本となる考え方
・「クローラー」作成に必要なライブラリの利用方法と生データの解析方法(形態素解析を含む自然言語処理)の概要
・より実用的な「クローラー」に育てて行くための考え方
・目的別「クローラー」の作成方法
・「クローラー」の運用方法
等の知識が学べます。

利用しているライブラリは「nokogiri」、「anemone」となっています。
「nokogiri」はHTMLやXMLをパース(解析)するためのライブラリです。
「anemone」は「クローラー」作成用のライブラリ(フレームワークの方が相応しい!?)です。

「クローラー」を初めて作
...続きを読む ›
コメント 23人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー