この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

Der Rosenkavalier [DVD] [Import]

5つ星のうち 4.0 2件のカスタマーレビュー

出品者からお求めいただけます。 在庫状況について
新品の出品:2¥ 10,361より 中古品の出品:3¥ 3,000より

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 輸入版DVDは日本国内用のDVDプレーヤーでは再生できない可能性があります。リージョンコードについてはこちらをご確認ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。

  • 【50%OFF以上多数】DVD・ブルーレイ冬の大セール開催中(2017年1月31日まで)バーゲンコーナーを今すぐチェック


登録情報

  • 出演: Zurich Opera House, Welser-Most
  • 形式: Classical, DVD-Video, NTSC, Import
  • 言語: 英語
  • 字幕: ドイツ語, イタリア語, 英語, フランス語, スペイン語
  • リージョンコード: リージョン1 (アメリカ合衆国およびカナダ このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.33:1
  • ディスク枚数: 2
  • 販売元: 株式会社ワーナーミュージック・ジャパン
  • 発売日 2004/12/29
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 2件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B0007D0AUK
  • EAN: 0724354425899
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 322,435位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.0
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

配役を書いておきます。 
 元帥夫人:ニナ・ステンメ(ソプラノ)
 オクタヴィアン:ヴェッセリーナ・カサロヴァ(メゾ・ソプラノ)
 ゾフィー:マリン・ハルテリウス(ソプラノ)
 オックス男爵:アルフレート・ムフ(バス)
 ファーニナル:ロルフ・ハウンシュタイン(バリトン)
 ヴァルツァッキ:ルドルフ・シャシンク(テナー)
 アンニーナ:ブリギッテ・ピンター(アルト)
 歌手:ボイコ・スヴェタノフ(テナー)
 チューリヒ歌劇場合唱団
 チューリヒ歌劇場管弦楽団
 フランツ・ヴェルザー=メスト(指揮)
 歌唱:ドイツ語
 字幕:日本語
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
2004年、チューリヒ歌劇場におけるライブ映像。指揮はFranz Welser-Most、演出はBechtolf。このディスクの最大の問題は奇抜な演出である。衣装は古典的だが、室内装飾は白を基調とした、さながら現代の都心のマンションのような無機的なもの。第一幕冒頭のベッドは白い絨毯にすり替わり、銀の薔薇の献呈は半地下の厨房で執り行われる。とどめは第三幕の給仕達と亡霊で、前者は昆虫のお面をかぶり、後者は骸骨だ。音楽は合格点。Welser-Mostの指揮は整頓の限りを尽くした地味なものでもう一押し欲しい(録音も一因か!?)が、第二幕の決闘の場面、第三幕のOchsの退場の場面など混乱を極める場面ではそれが功を奏して分解能の高い演奏を聴かせる。歌手達は小粒ながら立派な出来栄え(Marchalline=Stemme, Octavian=Kasarova, Sophie=Hartelius, Ochs=Muff, etc.)。しかし全体としてはKleiber, Karajanのディスクよりも下にランクせざるを得ない。Der Rosenkavalier を知り尽くした人がちょっと変わった趣向を楽しみたいのならお勧めである。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告



フィードバック