この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

Richard Scarry's Cars and Trucks and Things That Go (Giant Little Golden Book) (英語) ハードカバー – 1998/6/1

5つ星のうち 4.8 20件のカスタマーレビュー

その他(4)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
ハードカバー
"もう一度試してください。"
¥ 1,662 ¥ 1,752
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。


商品の説明

商品説明

   今の親の世代が子どものころすでに出回っていたというのに、この本は幼児のマストアイテムとして変わらずに存在してきた。第一に、動くもの(と動くはずはないけれど、動いたら楽しいだろうもの)の名前を教えるすばらしい語彙(ごい)のガイドである。すべてのページに細部までこだわった場面や人物が登場し、ものごとをしっかりとよく見ることの大切さを、子どもたちに教える(各見開きに隠れている「ゴールドバグ」を見つけるなど)。また、歯磨きと歯ブラシの車にはじまり、ミニチュアのピンクのコンバーチブルで起きたてんとう虫サイズの火を消すために、6台の消防車が駆けつけるなど、中にはドタバタ劇のような場面も出てきて楽しませてくれる。しかしこの本の一番驚くべき点は、その長命にある。話しはじめた子どもにこの本を買うことは、よい投資と考えるべきだ。なぜならこの本の魅力は変わらない。子どもたちは11、12、13才になってもノスタルジックにこの本にふけり、やはり Lowly Worm に声をあげ、全編にわたって Officer Flossie と一緒にカウボーイハットのスピード狂の追跡に夢中になるのだ。(2歳以上向け)(Gail Hudson, Amazon.com)

内容紹介

It's time to start your engines in this Richard Scarry classic all about vehicles!

Buckle-up for a fun-filled day of planes, trains, automobiles . . . and even a pickle truck! Featuring hundreds of clearly labeled vehicles, this is the perfect book for little vehicle fans from the one and only Richard Scarry.

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • ハードカバー: 72ページ
  • 出版社: Golden Books (1998/6/1)
  • 言語: 英語
  • 対象: 4 - 8歳
  • ISBN-10: 0307157857
  • ISBN-13: 978-0307157850
  • 発売日: 1998/6/1
  • 商品パッケージの寸法: 26.8 x 1 x 31.3 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.8 20件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 洋書 - 16,964位 (洋書の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.8
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 カスタマー 投稿日 2002/5/12
形式: ハードカバー
この本は私が小さい頃に母が読んで聞かせてくれました。
たくさんの車が走っている中に、1ページに1匹、小さくて黄色の虫(?)(私は名前をつけてよんでいたのですが)隠れているんです。車に乗り込んでいたり・・・。
それを探すのがとってもおもしろくて、何度も読んでもらいました。
今度は私の子どもにも読んで聞かせてあげたい一冊です。
コメント 16人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 カスタマー 投稿日 2000/11/19
形式: ハードカバー
 ありとあらゆる種類の車という車が、休むことなく次から次へと。1台1台追いかけていくと、大人でも目が回るほどなのに、車好きの1歳半の息子は、飽きることなく朝から晩まで眺めては、いろいろおしゃべりしています。車の大好きな子供さんには、きっと堪能していただけると思います。
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: ハードカバー
If your young children like cars and trucks, this is a great book. It is full of all kids of normal and very strange vehicles like the toothbrush-car and the gravity-defyingly tall unicycle ridden by a mouse. There are lots of jokes and funny scenarios that the pig family pass by as they make their journey, and throughout the book there's a running chase between Officer Flossy and Dingo Dog the errant driver. On every page there is a challenge to find the small yellow bug called "goldbug" who is hidden somewhere in one of the vehicles. Sometimes he is really hard to find, but my ...続きを読む ›
コメント 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: ハードカバー
最初は、自分が、英語の勉強になるかな・・・と思って買いました。
でも、絵本を開くたびに、2歳の息子が邪魔をします。
今では、親子でファンです。
特に車好きな子には、たまりません。
1ページ1ページが、全て、見どころです。
1ページ1ページに、全て、ストーリーがあります。
細かいところまで気を使って描かれています。
コメント 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: ハードカバー
この本はたくさんの楽しみ方があるんです。
さあ出発!で、荷物を持って最後に走って出てくるのは
おかあさんぶた。
農場に寄って生のままのコーンにかぶりついたり、口開けたまま
寝てるのはおとうさんぶた。
「次買うとしたらバナナモービルが良いなあ」というおとさんに
「え~!!」と反論するむすめのペニー。
主軸はこんなぶたさん一家。
それと平行して、悪者ディンゴとフロッシー婦警の追いかけっこあり。
常に修理しているねずみの修理屋さんあり。
全ページどこかに隠れている、ぶたさん一家長男ピックルのペット、
コガネムシくん探しあり。
長旅からようやく家にたどり着いた、ぶたさん一家の満足げな表情が
たまりません。
フロッシー婦警は無事ディンゴを捕まえられるのか?
お父さんからの秘密のプレゼントとは?
わくわくどきどき満載です。毎日読んでも新しい発見があります。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: ハードカバー
スキャリーの Word book や Picture Dictionary と同じ大きさの絵本です。 サイズ縦31、横27、厚さ1。

豚さん親子が、車で仲良くお出かけする内容なのですが、各ページには様々な車(にんじんの形や、チーズの形などの想像上の車もあります)がたくさん描かれていて、小さい子にはたまらない絵本だと思います。

短い文章と、それぞれの車の下には名前が書かれています。

何より面白いのは、各ページに必ず、小さい黄色いコガネムシ君がいるのです。

それを探しながら読み進めると、飽きずに楽しめます。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー