¥ 18,768
  • 参考価格: ¥ 18,918
  • OFF: ¥ 150 (1%)
通常配送無料 詳細
通常1~3か月以内に発送します。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

Reporting Discourse, Tense, and Cognition (英語) ハードカバー – 2002/8/1


その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
ハードカバー
"もう一度試してください。"
¥ 18,768
¥ 4,106 ¥ 6,144
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。


商品の説明

内容紹介

Reporting discourse has attracted rigorous analyses in linguistics, literary theory, cognitive psychology, sociology and ethnomethodology. This book provides analyses of controversial topics in reporting discourse like tense alternation, reporting styles, patterns and functions. After critically examining existing theories, Tomoko I. Sakita offers new theoretical perspectives and empirical analyses within the scope of actual language performance. Her analysis covers tenses that previous studies have neglected or have considered "ungrammatical" or "mistaken." Based on models of cognitive recollection and stream of consciousness, tense reveals cognitive, attitudinal and consciousness state markers in complex reporting processes, as well as identity, speaker psychology, and deictic relations, embedded in discourse and narrative contexts. A synthesis of discourse analysis and experiments on reporting style, structure and functions leads to formulating a new reporting discourse continuum. Reporting discourses emerge as rule-governed, goal-directed, purposeful strategic devices in communication. Sakita shows reporting discourse to be an integral whole formed by speakers' constant interpretations and choices at different stages of information processing, with close interactions among cognitive constraints, discourse organization, contextual information, and communicative purposes. She deepens our insights into the operation of language and cognition, as well as into communication systems and social dynamics, ultimately leading to a better understanding of human behaviour. This should be a useful work not only for linguists and literary specialists but also for readers with serious interest in human reporting behaviour and narrative, or in the dynamic aspects of cognitive operation.

レビュー

"An important work not only for linguists and literary specialists but also for readers with serious interest in human reporting behavior and narrative, or in the dynamic aspects of cognitive operation." Folia Linguistica, Vol. XXXVIII/1-2 2004.


登録情報

  • ハードカバー: 304ページ
  • 出版社: Brill Academic Pub; 1版 (2002/8/1)
  • 言語: 英語
  • ISBN-10: 008044041X
  • ISBN-13: 978-0080440415
  • 発売日: 2002/8/1
  • 商品パッケージの寸法: 15.6 x 1.9 x 23.4 cm
  • おすすめ度: この商品の最初のレビューを書き込んでください。
  • Amazon 売れ筋ランキング: 洋書 - 285,306位 (洋書の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

まだカスタマーレビューはありません。
星5つ
0
星4つ
0
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
他のお客様にも意見を伝えましょう
同様の商品をご覧になりませんか? こちらのリンクで参照ください。車 bluetooth2ポート