¥ 2,712
  • 参考価格: ¥ 2,756
  • OFF: ¥ 44 (2%)
通常配送無料 詳細
一時的に在庫切れ; 入荷時期は未定です。 在庫状況について
注文確定後、入荷時期が確定次第、お届け予定日をEメールでお知らせします。万が一、入荷できないことが判明した場合、やむを得ず、ご注文をキャンセルさせていただくことがあります。商品の代金は発送時に請求いたします。
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
Religion And Violence in ... がカートに入りました
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

Religion And Violence in a Secular World: Toward a New Political Theology (Studies in Religion and Culture) (英語) ペーパーバック – 2006/9/30


その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
ハードカバー
"もう一度試してください。"
¥ 8,228 ¥ 8,129
ペーパーバック
"もう一度試してください。"
¥ 2,712
¥ 2,712 ¥ 2,617

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。無料体験でもれなくポイント1,000円分プレゼントキャンペーン実施中。


click to open popover

キャンペーンおよび追加情報

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。


商品の説明

内容紹介

How are we to think about religion and violence in the contemporary world, especially in the wake of the events of September 11, 2001? In this collection of essays, nearly a dozen scholars, including some of the leading voices in the field of academic religious thought, offer a theoretical and theological response to the 9/11 attacks as well as a broader and more interdisciplinary reflection on the issues surrounding religion and violence, politics and terrorism, in the world today. Drawing on Continental philosophy as a methodology, the contributors provide insights from and implications for the Western monotheistic traditions of Judaism and Christianity and their engagement with the secular world. Here, religion and secularity are understood not in opposition to one another but rather in interrelationship, religion being seen as both implicated in and providing resources for the overcoming of violence. Raising questions that are timely as well as urgent, Religion and Violence in a Secular World eschews easy solutions in an effort to foster critical and constructive attempts to understand these complex and ambivalent phenomena.

Contributors: John D. Caputo (Syracuse Universty) * Clayton Crockett (University of Central Arkansas) * James J. DiCenso (University of Toronto) * Martin Kavka (Florida State University) * Richard Kearney (Boston College) * Eleanor Pontoriero (University of Toronto) * B. Keith Putt (Samford University) * Carl A. Raschke (University of Denver) * Jeffrey W. Robbins (Lebanon Valley College) * Noelle Vahanian (Lebanon Valley College) * Edith Wyschogrod (Rice University)

著者について

Clayton Crockett is Assistant Professor in the Department of Religion at the University of Central Arkansas; he is the author of A Theology of the Sublime and the editor of Secular Theology: American Radical Theological Thought.


登録情報

  • ペーパーバック: 233ページ
  • 出版社: Univ of Virginia Pr (2006/9/30)
  • 言語: 英語
  • ISBN-10: 0813925622
  • ISBN-13: 978-0813925622
  • 発売日: 2006/9/30
  • 商品パッケージの寸法: 15.4 x 1.7 x 23 cm
  • おすすめ度: この商品の最初のレビューを書き込んでください。
  • Amazon 売れ筋ランキング: 洋書 - 2,242,999位 (洋書の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

カスタマーレビュー

まだカスタマーレビューはありません。
星5つ
星4つ
星3つ
星2つ
星1つ


フィードバック