この本は現在お取り扱いできません。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

Religion and National Identity in the Japanese Context (Bunka - Wenhua. Tubinger Ostasiatische Forschungen. Tuebingen East Asian Studies) (英語) ペーパーバック – 2003/2/1


その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
ペーパーバック, 2003/2/1
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。


商品の説明

This book focuses upon the relationship between religion and socio-cultural or socio-political aspects in the history of religions in Japan. Religious and ideological justifications in the course of forming a political and national identity, and the mutual relation between political, national and cultural issues can be noticed in every region of the world before the onset of secularization processes, but also in modern nation-states today. In Japan as well, just like in most modern societies, political, cultural and religious elements are closely interrelated. In a comparative approach the sixteen papers in this volume elucidate the intellectual undercurrent in Japanese history of putting positive perspectives on national achievements and cultural-religious uniqueness into service of establishing and refurbishing a national identity.


登録情報

  • ペーパーバック: 304ページ
  • 出版社: Lit Verlag (2003/2/1)
  • 言語: 英語
  • ISBN-10: 3825860434
  • ISBN-13: 978-3825860431
  • 発売日: 2003/2/1
  • 商品パッケージの寸法: 14.6 x 1.9 x 20.3 cm
  • おすすめ度: この商品の最初のレビューを書き込んでください。
  • Amazon 売れ筋ランキング: 洋書 - 1,393,957位 (洋書の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

まだカスタマーレビューはありません。
他のお客様にも意見を伝えましょう