通常配送無料 詳細
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
Redmineによるタスクマネジメント実践技法 がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 【24時間365日発送】 【2012年4月初版】【書き込みなし】USED品の為、カバーに多少のスレ、傷ヨレがございますが、 本体は書き込み、ページ折れ等もなく状態良好です。■大きな問題ございません。■帯は記載がない限り付属しませんので、ご了承ください。 ■併用販売はしておりませんので、在庫は確実に 用意しております。■クリーニング・防水対策後、【ゆうメール】にて迅速に発送 させて頂きます。 ■【全額返金保証】USED品の為、検品には万全を期しておりますが、状態説明に錯誤・瑕疵等あった 際は返金対応致します。■【International shipping available by economy Air that takes 10days to 14days】
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

Redmineによるタスクマネジメント実践技法 大型本 – 2010/10/13

5つ星のうち 3.9 11件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
大型本
"もう一度試してください。"
¥ 3,542
¥ 3,542 ¥ 464

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • Redmineによるタスクマネジメント実践技法
  • +
  • Redmine実践ガイド 理論と実践、事例で学ぶ新しいプロジェクトマネジメント
  • +
  • Redmine超入門 増補改訂版 (日経BPムック)
総額: ¥9,590
ポイントの合計: 363pt (4%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

さまざまなオープンソースのソフトウェア開発ツールが登場してくるなか、プロジェクト管理機能を持つBTS(バグ管理システム:Bug Tracking System)であるRedmineが最近注目を浴びています。本書は、Redmineを利用したソフトウェア開発のプロセスと管理手法について、豊富な実例を交えて詳しく解説する1冊です。基本的なインストールやツールのカスタマイズ情報の書籍はすでに定番書が刊行されていますが、本書はより現場で実践的に役立つ内容に特化させることを目指しました。

内容(「BOOK」データベースより)

現場発!下流工程の劇的改善手法。BTS/ITSの活用によるチケット駆動開発+タスク管理。豊富な事例によるアジャイル開発のヒントを凝縮・網羅。Redmine/TestLink&様々なプラグイン…最強ツール群の使いこなしを徹底解説。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 大型本: 336ページ
  • 出版社: 翔泳社 (2010/10/13)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4798121622
  • ISBN-13: 978-4798121628
  • 発売日: 2010/10/13
  • 商品パッケージの寸法: 22.8 x 18.2 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.9 11件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 91,063位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 大型本 Amazonで購入
 インストール方法やリファレンスについては、書かれていないので注意してください。
この本の目的は「Redmineをどのようにして活用するか」という運用面についての提案です。

 Redmineを使い始めて困ることは、どのように運用していくかです。
機能はたくさんあり、調べれば分かるのですが、
運用方法については情報が少なく、試行錯誤しながら運用することになります。
プロジェクトによって運用方法は変わってきますが、
実際にRedmineを運用した著者の経験を知ることができる、
貴重な一冊で、大変価値があると思います。

 私は、独自の運用方法を構築しました。
この本と同じ部分も多いですが、勉強になる使い方もたくさんありました。
いくつか試してみたいと思っています。
コメント 24人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 大型本
研究室でなく、現場から生まれた知恵をまとめた本です。
ツールのインストールや使い方については、他の書籍やWebサイトにまかせて、
現場で起こった問題点や解決策について多く触れられているのが特徴です。

チケット駆動開発について、

過去→BugTrackingSystemの歴史など
現在→導入手法から実運用での問題点と解決策まで
未来→PMBOKやITILとの連携など将来的な可能性

と包括的にまとめられているのが良かったです。

Subversion・TestLink・Hudsonとの連携や、開発規模別の運用手法の違い、上役の許可が降りないときにこっそり始める方法など、
現役開発者ならではのすぐに使えるトピックを多く得ることができました。

今後実際に現場で試してみるのが非常に楽しみです。
コメント 26人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版
Redmineを単なるバグ管理ツール、課題管理ツールとするか開発手法、プロジェクト管理、ビジネス管理のツールとするか・・・それはあなた次第です。

3年前、会社押し付けで使い始めたRedmineだったがある時から信者になってしまい、この本を期待して読み始め。
Redmineの成り立ちは障害管理(BTS)。
BTSは紙の時代(社会人成り立てのころを思い出す)から電子メール(GNATS)そしてチケット管理のRedmineとしてITSへ進化。障害の過去、現在、未来だけでなくトレーサビリティ、コミュニケーション(情報共有)、ワークフローでプロセス管理・・等、多くの効果がRedmineで得られるようになった。ユーザーとRedmineを共有すれば障害報告、改善管理もできて便利さ拡大。(某ルータベンダのテクサポBTSと同じ効果)
でも日常はどうか。
紙の時代の様式、手書き記入、他の人と共有のためコピーして配布、そして紙を集計管理し分析・・・が電子化と言っても単に紙を置き換えたExcelレベル。
手書きからExcelへの入力と電子メール配布がせいぜい止まり。
まあ色つけやフィルタで集計分析は楽になったか?
しかし紙の時代はからブレークスルーはできていないのが実情。
筆者はこのExcel依存症からの脱
...続きを読む ›
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 大型本
第一部、第一章〜第四章までの導入部は、Redmine を少しかじっていれば、おおよそ当たり前のことばかりなので、わりと平凡な内容。(歴史や背景の説明が多い)
第二部、の前半、第五章〜第六章の実際の運用方法は、参考になる考え方などもあり、よかった。ただ、後半の第七章〜第八章は、前半部分の繰り返しの説明が多く(単なる、、少々飽き気味。
第三部、第九章はTestLink の具体的な説明はよかったが、管理するシステムが2つに別れるのも微妙だなぁ、と感じた。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 大型本 Amazonで購入
1年ちょい前に「得るものが少ない本」とレビューしたら非難ゴウゴウ(1/14点)になってた...
再読して、もう少し丁寧にレビューしました。

p.67「独りスクラム」?
本書独自の用語のようだが、アジャイルでは人との対話を大事にするんじゃなかったの?
もう少し、スクラムという言葉の意味を考えた方が良い。

p.233「TestLinkのテスト実施結果は『ビルド』と呼ばれている」?
テスト結果のことをビルドとは言わないでしょう。テスト対象としたビルドをそのまま「ビルド」と呼んでいるだけのこと。
ビルドに番号をつけて管理する習慣がないと、そういう勘違いをするのかもしれない。

p.253「バグ検証は必ず、開発者とテスターの2人で対応する作業(ペアプログラミング)になる」?
ペアプロとは、1台のPCを2人で共有してプログラミングすること。
本書の誤った解釈では、1台のPCを共有していないし、プログラミングもしていない。

p.140「trunkを常時リリース可能なコードラインとし、すべてのブランチをtrunkから切ることをメインラインモデルという」?
どちらも間違い。本書のp.303に参考文献として挙げられている「ソフトウェア構成
...続きを読む ›
コメント 54人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告