Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Windows Phone
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

Kindle 価格: ¥ 3,542
ポイント : 354pt (9%)

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle または他の端末に配信

Kindle または他の端末に配信

[小川明彦, 阪井誠]のRedmineによるタスクマネジメント実践技法
Kindle App Ad

Redmineによるタスクマネジメント実践技法 Kindle版

5つ星のうち 3.9 11件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
¥ 3,542
大型本
"もう一度試してください。"
¥ 3,542 ¥ 1,003

紙の本の長さ: 336ページ
※この商品は固定レイアウトで作成されており、タブレットなど大きなディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

タブレット端末での読書には無料アプリ Kindle for iPadKindle for Android をご利用ください。


商品の説明

内容紹介

【本電子書籍は固定レイアウトのため7インチ以上の端末での利用を推奨しております。文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。ご購入前に、無料サンプルにてお手持ちの電子端末での表示状態をご確認の上、商品をお買い求めください】

No Ticket. No Commit.

障害管理を目的としてBTS(Bug Tracking System)が広く使われるようになりました。しかし、BTSは障害管理だけのものではありません。BTSのチケットを作業管理に用いれば、ソフトウェア開発の中で行われる様々な作業を抜けなく、スムーズに実施することが可能です。本書では、今まで語られることの少なかったBTSの使い方の一つである「チケット駆動開発」を解説します。また、より進んだBTSの使い方としてTestLinkとの連携についても解説します。

本書で紹介する「チケット駆動開発(TiDD:Ticket Driven Development)」は、開発現場で生まれた方法論です。BTSがあれば今すぐあなたもチケット駆動開発を実践できます。その効果はすぐに現れます。筆者らが実践したノウハウを参考にし、複雑なソフトウェア開発を効率的に行ってみませんか。

※本電子書籍は同名出版物を底本とし作成しました。記載内容は印刷出版当時のものです。
※印刷出版再現のため電子書籍としては不要な情報を含んでいる場合があります。
※印刷出版とは異なる表記・表現の場合があります。予めご了承ください。

内容(「BOOK」データベースより)

現場発!下流工程の劇的改善手法。BTS/ITSの活用によるチケット駆動開発+タスク管理。豊富な事例によるアジャイル開発のヒントを凝縮・網羅。Redmine/TestLink&様々なプラグイン…最強ツール群の使いこなしを徹底解説。

登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 124866 KB
  • 紙の本の長さ: 339 ページ
  • 出版社: 翔泳社; 1版 (2010/10/12)
  • 販売: Amazon Services International, Inc.
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B00G9QIYQG
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.9 11件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: Kindleストア 有料タイトル - 53,394位 (Kindleストア 有料タイトルの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 大型本
第一部、第一章〜第四章までの導入部は、Redmine を少しかじっていれば、おおよそ当たり前のことばかりなので、わりと平凡な内容。(歴史や背景の説明が多い)
第二部、の前半、第五章〜第六章の実際の運用方法は、参考になる考え方などもあり、よかった。ただ、後半の第七章〜第八章は、前半部分の繰り返しの説明が多く(単なる、、少々飽き気味。
第三部、第九章はTestLink の具体的な説明はよかったが、管理するシステムが2つに別れるのも微妙だなぁ、と感じた。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 大型本 Amazonで購入
 インストール方法やリファレンスについては、書かれていないので注意してください。
この本の目的は「Redmineをどのようにして活用するか」という運用面についての提案です。

 Redmineを使い始めて困ることは、どのように運用していくかです。
機能はたくさんあり、調べれば分かるのですが、
運用方法については情報が少なく、試行錯誤しながら運用することになります。
プロジェクトによって運用方法は変わってきますが、
実際にRedmineを運用した著者の経験を知ることができる、
貴重な一冊で、大変価値があると思います。

 私は、独自の運用方法を構築しました。
この本と同じ部分も多いですが、勉強になる使い方もたくさんありました。
いくつか試してみたいと思っています。
コメント 24人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 大型本
研究室でなく、現場から生まれた知恵をまとめた本です。
ツールのインストールや使い方については、他の書籍やWebサイトにまかせて、
現場で起こった問題点や解決策について多く触れられているのが特徴です。

チケット駆動開発について、

過去→BugTrackingSystemの歴史など
現在→導入手法から実運用での問題点と解決策まで
未来→PMBOKやITILとの連携など将来的な可能性

と包括的にまとめられているのが良かったです。

Subversion・TestLink・Hudsonとの連携や、開発規模別の運用手法の違い、上役の許可が降りないときにこっそり始める方法など、
現役開発者ならではのすぐに使えるトピックを多く得ることができました。

今後実際に現場で試してみるのが非常に楽しみです。
コメント 26人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 大型本 Amazonで購入
実践的な利用方法などの参考目的で購入しました。

予想に反して参考にならず、結局ググって調査して使用しています。
本は一度実際の内容を見てから購入するべきだなと反省しました。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版
Redmineを単なるバグ管理ツール、課題管理ツールとするか開発手法、プロジェクト管理、ビジネス管理のツールとするか・・・それはあなた次第です。

3年前、会社押し付けで使い始めたRedmineだったがある時から信者になってしまい、この本を期待して読み始め。
Redmineの成り立ちは障害管理(BTS)。
BTSは紙の時代(社会人成り立てのころを思い出す)から電子メール(GNATS)そしてチケット管理のRedmineとしてITSへ進化。障害の過去、現在、未来だけでなくトレーサビリティ、コミュニケーション(情報共有)、ワークフローでプロセス管理・・等、多くの効果がRedmineで得られるようになった。ユーザーとRedmineを共有すれば障害報告、改善管理もできて便利さ拡大。(某ルータベンダのテクサポBTSと同じ効果)
でも日常はどうか。
紙の時代の様式、手書き記入、他の人と共有のためコピーして配布、そして紙を集計管理し分析・・・が電子化と言っても単に紙を置き換えたExcelレベル。
手書きからExcelへの入力と電子メール配布がせいぜい止まり。
まあ色つけやフィルタで集計分析は楽になったか?
しかし紙の時代はからブレークスルーはできていないのが実情。
筆者はこのExcel依存症からの脱
...続きを読む ›
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 大型本 Amazonで購入
チケット駆動開発(TiDD)の基本的な考え方の説明から
Redmineを使った実際の運用方法まで詳しく解説されている。
Redmineを単なる障害管理ツールではなく、プロジェクトの
管理ツールとして使用することによるメリットがよく理解できる。
また、筆者の経験に基づいて、実際の開発で発生する様々な課題に対する
RedmineやTestLinkを用いた対応手法が多数紹介されているため、
実践できる開発プロセス改善のヒントとして非常に役立ちます。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
click to open popover