通常配送無料 詳細
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
The Real Book Blues‐Harmo... がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 表紙にスレキズ多めあり。ページは良好な状態です。書き込み無しです。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

The Real Book Blues‐Harmonica〈3〉ハーモニカの種類/タングブロック奏法 単行本 – 2008/4

5つ星のうち 3.0 1 件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,080
¥ 1,080 ¥ 765

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。無料体験でもれなくポイント1,000円分プレゼントキャンペーン実施中。


click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • The Real Book Blues‐Harmonica〈3〉ハーモニカの種類/タングブロック奏法
  • +
  • The Real Book Blues‐Harmonica〈4〉ブルース
  • +
  • The real book bluesーharmonica 2 ベンド&フェイク/演奏編
総額: ¥3,240
ポイントの合計: 43pt (1%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

本書はブルース・ハーモニカ、10ホールズ、あるいはブルースハープと呼ばれるハーモニカの教則本です。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

平松/悟
2000年6月F.I.H.ハーモニカ・ジャパン10ホールズ・ダイアトニック部門第1位。2000年第3回アジア・パシフィック・ハーモニカコンテスト10ホールズ・ダイアトニック部門第3位。2002年アジア・パシフィック・ハーモニカコンテスト・10ホールズ・ダイアトニック部門Gold Prize。2003年日本ハーモニカ賞受賞。2005年ドイツで行われたハーモニカ世界大会ジャズ部門第2位受賞。現在各地でライブ活動のほか、ハーモニカ教室、ラジオ、テレビ番組、歌番、携帯電話の着歌等で地道に活動している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


登録情報

  • 単行本: 69ページ
  • 出版社: 森澤郁夫事務所 (2008/04)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4883521443
  • ISBN-13: 978-4883521449
  • 発売日: 2008/04
  • 商品パッケージの寸法: 25.4 x 18 x 1 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.0 1 件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 702,360位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 3.0
星5つ
0
星4つ
0
星3つ
1
星2つ
0
星1つ
0
カスタマーレビューを表示
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本 Amazonで購入
平松さんは本書の中でご自身もおっしゃっている通りパッカーリング主体の奏者です。勿論パッカー奏者も必要なときは随時タングに切り替えて演奏するのですが、やはり私のようなタングブロック主体の奏者からすると初の「一冊まるごとタングブロック専門書」としては物足りなさを感じました。「パッカー奏者から見たタングブロック奏法」というのは一つのアプローチとしては面白いとは思いますが、それならコラム程度の分量で目的を達せられると思います。例えばタングブロックのままでオーバーブロウベンドをする方法とか、「一冊まるごと」の専門書ならせめてそのレベルまで書いてほしかったです。とすると、やはり普段そういう奏法を用いているタング奏者が執筆しないと無理だと思います。復音ハーモニカの奏者へのインタビューなど、読み物として楽しい部分はいくつかありました。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

関連商品を探す


フィードバック