Ray / レイ [DVD] がカートに入りました
+ ¥ 350 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 中古品のため商品は多少のキズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。デジタルコピー、ダウンロード等は使用できません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

Ray / レイ [DVD]

5つ星のうち 4.2 48件のカスタマーレビュー

価格: ¥ 2,000 通常配送無料 詳細
ポイント: 2pt  詳細はこちら
残り1点 ご注文はお早めに 在庫状況について
この商品は、年中無休・24時間迅速発送【誠実・安心・信頼のYONSHIMAI】が販売し、Amazon.co.jp が発送します。 返品については出品者のリンクからご確認ください。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:2¥ 1,648より 中古品の出品:88¥ 1より

この商品には新しいモデルがあります:

Ray/レイ [DVD]
¥ 1,154
(3)
在庫あり。

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more


キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 売れば売るほどお得なキャンペーン実施中。宅配買取もしくは出張買取を選択してAmazonアカウントを使用して簡単お申し込み。 買取サービスページをチェック。

  • 【DVD・ブルーレイ リクエスト】「パッケージ化」をはじめ、「廃盤商品の再発」、「日本語吹替・字幕版」、「英語字幕版」や「プライムビデオ化」を希望するタイトルを募集中。今すぐチェック


この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: ジェイミー・フォックス, ケリー・ワシントン, レジーナ・キング
  • 監督: テイラー・ハックフォード
  • 形式: Color, Dolby, Limited Edition, Widescreen
  • 言語: 英語
  • 字幕: 日本語, 韓国語, 英語
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.78:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: ユニバーサル・ピクチャーズ・ジャパン
  • 発売日 2005/11/25
  • 時間: 152 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.2 48件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B000B4NFCU
  • EAN: 4580120515333
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 89,974位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

商品の説明

Amazonレビュー

   ジョージアの貧しい家庭に生まれたレイは、少年時代に緑内障で視力を失うが「施しは受けず、自分の足で立って生きなさい」という母の教えを胸に、17歳でシアトルのクラブでデビュー。盲目の天才と呼ばれ、レコード会社と契約。ゴスペルとR&Bをミックスさせたソウルミュージックでスーパースターになる…。
   故・レイ・チャールズの半生を『愛と青春の旅立ち』のテイラー・ハックフォード監督が演出した音楽満載の自伝映画。レイを、本人直々の指名を受けた『コラテラル』のジェイミー・フォックスが、自分自身を消し去ってしまったかと思うほど、レイ・チャールズになりきり、彼の魂が乗り移った爆発的パフォーマンスを披露。またドラマはソウルの神様レイだけでなく、女性にだらしない一面や薬物中毒、厳しいビジネスマンの顔もつづり、レイ・チャールズ本人を奥深いところまで描いているのもじつに興味深い。しかし圧巻はやはりライブ。年代ごとに披露される名曲の数々は、当時のレイの心情にリンクしたもの。この曲の背景には、こんなことがあったのか…と新たな発見に驚き。映画を見たあと必ずやサントラもじっくり聴き、レイの声にひたっていたくなること絶対だ。(斎藤 香)

内容(「Oricon」データベースより)

苦悩や障害を乗り越え、ソウルミュージック界の頂点に立ったレイ・チャールズの半生を描く作品。ジェイミー・フォックス、ケリー・ワシントンほか出演。PG-12指定。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: DVD
 「キング・オブ・ソウル」ことレイ・チャールズの伝記映画です。
 確かに多くの方が指摘している通り多くのエピソードを詰め込みすぎたため若干散漫になっていること、人生の後半については驚くほどかんたんにしか触れていないこと、また個々のエピソードが軽く扱われているように見えるという点は否めません。
 僕はレイ・チャールズが革新的なミュージシャンであったとは思っていませんでしたので、「革新的」と評価されていたらしいことは興味深かったです。また"Don't Set Me Free"や"I Can't Stop Loving You"などの楽曲と時代との関連、レイ・チャールズの音楽の変遷などが分かりやすく簡潔にまとめられているのもよかったと思います。
 ところで、61年のジョージア州の公演拒否は事実ですが、その後の「立ち入り禁止」は事実ではないそうですね。また、一応は女性にルーズであるように描かれていましたが、実際は映画に描かれていた以上らしく、2回結婚し7人の女性との間に12人の子供をもうけています。描かれなったことで一番大きな問題なのは、アパルトヘイト政策下の南アフリカへで公演したことや、10万ドルでレーガン大統領の就任演説で歌ったことでしょう(この際に当時のマネージャーは「レイは10万ドルのためならKKKの為にでも歌う」と言っています)。レイの暗い側面に十分
...続きを読む ›
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 kalakaua 投稿日 2005/9/23
形式: DVD
 素晴しい映画です。偉大なミュージシャン、レイ・チャールズの半生を描いたものですが、レイを演じたジェイミー・フォックスをはじめ、出演者全員が最高の演技だったと思います。監督の技量もたいしたものだと思いました。
 ジェイミー・フォックスは、レイ・チャールズが、人種差別の厳しい南部に生まれ、弟を事故で亡くし、7歳で失明し、15歳で母を失うという悲運に見舞われながらも、自分の人生を切り開き、やがて天才ミュージシャンと呼ばれる様を見事に演じていたと思います。そして、人々に愛され、尊敬されながらも、常に、弟の事故死の責任に苦悩するレイの内面や、俺は大丈夫だと言いながら、やっぱりコカイン中毒になるレイの姿を、まるで本人のように演じていました。
 また、レイ・チャールズが、スタジオやステージでたくさんの名曲を作り出していく様子は、彼の曲をほとんど知らなくとも十分に心揺さぶられるものがあると思います。そして、彼の曲の多くが、彼と妻や愛人との出会いや別れを歌っていることが良くわかります。「アイ・ガッタ・ウーマン」、「ジョージア・オン・マイ・マインド」、「ヒット・ザ・ロード・ジャック」、「アンチェイン・マイ・ハート」、「アイ・キャント・ストップ・ラビング・ユー」・・・・・。
 製作・監督のテイラー・ロックフォードの演出も見事です。出演者がかなり多いのに、実に無駄がありませ
...続きを読む ›
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
期待して見に行ったが、それ以上に感動した。2時間半と長い映画だが、あっという間に終わったというのが実感。今は亡きレイ・チャールズの幼年期と彼が独自の音楽をつくりあげ、メジャーになるまでの半生を描いているが、まず、なんといってもジェイミー・フォックスの演技が素晴らしい。彼自身3歳の頃からピアノを弾いていたらしい。よく見ると、顔がそっくりというほどではないが、映画で見ると若きレイ・チャールズと錯覚しそうになる。それはピアノ演奏や歌うときの所作がほんとうにそっくりだからだろう。事実、ジェイミー・フォックス自身が、「まず、形、所作の習得に長い時間を掛けた」と語っている。こういうところは向こうの俳優は凄いと思う。音楽好き、さらにレイ・チャールズが好きな人には最高の映画といえる、私などの世代が知っているレイ・チャールズは「What I say」あたりからだが、映画では17歳でスタートし、徐々に彼の独創的な音楽、演奏スタイルを確立していく過程が興味深かった。アカデミー主演男優賞受賞も頷ける。若いころは麻薬に溺れ、女遊びも相当なものだったらしいが、幼年期、なかば自分の責任で弟を溺死させたトラウマもあったのだろう。7歳で失明したのだが、時代は1930年代、人種差別の激しい南部ジョージアの貧しい家庭で生まれたのだが、母親が素晴らしかった。盲目として扱わず、自立して生きていけるよう厳しくしつけられる。母...続きを読む ›
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
 私はまだ19歳でただの女子大生ですが、すごく心を揺さぶられました。今見た直後で、思わずこれを打っています。本当に衝撃的です。
涙が止まりません。
人は何か拾っていくたび何か落としていく。失ってしまうんです。彼の場合はドラッグや名声によって妻の信頼や連れ添ってきた仲間が消えていく・・
だけど。音楽は。決して音楽はどこへも消えはしない。リスナーや作り手の中に(楽しい出来事、悲しい出来事と共に)あり続けるんです。響き続けるんです。彼はその創作をドラッグによって失いかけたとき、妻のビーは、
「自分や、息子や、共に夜をすごした愛人よりも愛した音楽を失ってしまってもいいの??!!」と問いただします。彼女は全てをわかった上で音楽を抱きしめた彼を導いたんです。本当に彼女は偉大だと思いました。また、彼の母親も彼を優しく強く見守っていました。この作品に出てくる女性は本当に魅力的で、強くて、憧れます。今すぐに恋愛したいと思いました、本当にいても立ってもいられない気分です。

次はレイ本人の行生き方です。悲しいときも楽しいときもいつも彼は唄っています。全部唄に生かせるんです。本当に素敵だと思いました。
生きることがすごく素敵だと思える作品です。私も大好きな音楽を自分の一部にしながら生きてゆきたいです。そして愛する人の一部を自分の一部にして生きてゆきたいです。音楽を理解し、夫を理解しているビーのように。
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。

関連商品を探す


フィードバック