中古品
¥ 1
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
発売元 ネットオフ
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 【購入後48時間以内に弊社より発送】中古品のため使用感はありますが、綺麗なものを販売しております。※カバー・中身(書き込み・線引きなし)ともに良好です。万が一、品質不備があった場合は返金対応。弊社Webサイトでも販売しているため在庫切れになった場合はキャンセル扱いとなります。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

Railsレシピブック 183の技 単行本 – 2008/5/31

5つ星のうち 4.6 5件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1
click to open popover

この商品を見た後に買っているのは?

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

Rails上手になるための定番テクニック!
Ruby on Railsを使いこなすための特選レシピ集。初めてRailsを使う方から、すでにRailsでいくつかアプリケーションを作ってみたけれどももっとよりよい方法を知りたいという方まで、すべてのRailsプログラマ必読の一冊。Rails 2.0/1.2両対応。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

高橋/征義
北海道出身。株式会社ツインスパークにてWebアプリケーションの開発に携わる傍ら、日本Rubyの会の発足に関与し、現在同会の代表をつとめる

諸橋/恭介
宮城県出身。株式会社永和システムマネジメントにてRubyやRailsを使ったプロジェクトに参加している。Railsは2005年ごろから使い始め、現在は「Rails勉強会@東京」の案内係(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


登録情報

  • 単行本: 560ページ
  • 出版社: ソフトバンククリエイティブ (2008/5/31)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4797336625
  • ISBN-13: 978-4797336627
  • 発売日: 2008/5/31
  • 商品パッケージの寸法: 21 x 15.2 x 3.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.6 5件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 841,299位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.6
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
Railsに関する事は浅く広くではあるが全てが含まれています。
深く調べる必要がある場合は「RailsによるアジャイルWebアプリケーション開発 第2版」を開くか、Webで検索する必要がありますが「とりあえずをやりたい事があるけどどうすれば良いんだ?」という時にはとても役にたつ本です。
“レシピブック”と名を打っているだけの事があり、1レシピ = 1説明になっているので必要な部分だけさくっと読めるもの良いです。
なんと言っても1.2の場合と2.0の場合の説明があるのは大助かりです。
Web検索より本で調べる方が好きな私にとって待ちに待ってた本であると言っても過言ではありません。

9章に以下のプラグインの説明があります。
・Ruby-GetText-Package
・restful_authentication
・acts_as_taggable_on_steroids
・attachement-fu
・Gruff
・Jpmobile
これらは全てではないにせよ「一般的なアプリケーションで必要なプラグイン」であると思います。
私も個別に使い方を調べていたものがいくつか含まれていたので大助かりでした。

Railsのバージョンアップに合わせて改訂を重ねていってほしい本の一冊です。
コメント 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
よく網羅されていると思う。

Railsの重要な設計思想に「設定より規約」がある。
そして、MVCモデルを採用している。

Railsは、多くの規約や前提にしたがうことにより
Webアプリケーション開発における
「定型的な作業を自動化」している。

この方針は生産性を上げる(非定型な作業に集中できる)が、
逆にこの前提・規約を知らない人には、
Railsアプリケーションを開発・保守することはできないという
デメリットがある。
(RubyやWebアプリケーションを理解していても!!)

例えば、私の場合は、本書を読む前は、
以下のような内容がよく理解できなかった。

・MVCに対応した各ファイル・クラスの関連
・ERBファイル
・構成ファイルで設定できること
・上記に潜む名前変換や命名規則等の暗黙の前提

本書を読むことによりこれらが理解できる。

惜しいのは、各レシピを記述されているソースコードだけでは、
実行できない事が多いこと。
実際に動作させられるストーリー展開にするか、
動かせるプロジェクト一式をC
...続きを読む ›
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
 ごく基本的なことから、解説本では紹介されない、ちょっとコードを追わないと知ることのない(多用するとバージョンの互換性が失われる可能性のある)便利なテクニックまでいろいろ紹介している。「○○すれば可能」といった結論だけでなく、具体例を交えて説明しているのが良い。

 Jpmobile等のよく利用されるプラグインの使い方についても、単なるプラグインの説明ではなく、「○○するためには」という目的があって、そのためにはこのプラグインが使えるよ、という流れとなっていて、わかりやすい。Capistranoを用いたデプロイや、Lighttpd+FastCGIによる運用についてなど、運用・保守についても触れているのも高評価。

 これからRailsを試してみたいという方には、入門書だけではカバーできない細かな部分まで載っているため、あわせて買いたい一冊。既によくRailsを使っているという方も、「あれ、どうやんだっけな?」って時に意外に役立つことがあるので、是非持っておきたい。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
現時点(2008年)でのRailsの日本語資料としては決定版と言って差し支えありません。インストールからリリースまで全ての躓きそうな部分に丁寧な解説があります。

入門書代わりも使えると思いますが、本当に入門書として使うにはより良いものが既に他にあります。
真価を発揮するのは、それほど自信はないけど簡単なアプリならRailsで構築できるようになった人ぐらいに対してだと思います。mongrelかWebrickなんかで一応WEBアプリは表示されるけど、どうやって公開すれば良いの?こうしたいんだけどどうすれば?みたいな質問には、心強い逆引き索引がほとんどの質問に応えてくれるでしょう。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告