¥ 555
通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
ROUTE END 1 (ジャンプコミックス) がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

ROUTE END 1 (ジャンプコミックス) コミックス – 2017/6/2

5つ星のうち 4.0 6件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
コミックス
"もう一度試してください。"
¥ 555
¥ 555 ¥ 110
この商品の特別キャンペーン 本とのまとめ買いで対象商品が10%OFF 1 件

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • ROUTE END 1 (ジャンプコミックス)
  • +
  • 終末のハーレム 3 (ジャンプコミックス)
総額: ¥1,181
ポイントの合計: 36pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

人の死が日常的となる職業、“特殊清掃業"を生業とする青年・春野。彼が近隣で続発する連続猟奇殺人事件、「END事件」に足を踏み入れて…。生と死の在り方を問うサイコ・サスペンス開幕!!



登録情報

  • コミック: 189ページ
  • 出版社: 集英社 (2017/6/2)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4088811208
  • ISBN-13: 978-4088811208
  • 発売日: 2017/6/2
  • 梱包サイズ: 18.2 x 12.8 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 6件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.0
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 愚駄猫 トップ500レビュアー 投稿日 2017/6/6
形式: Kindle版 Amazonで購入
 孤独死など、長期の死体放置で汚れた部屋を洗浄する「特殊清掃業」に従事する青年・春野。
とある部屋の片付けで新たな死体を発見してしまったのを引き金に、連続猟奇殺人事件へと
巻き込まれていく……。
 「死」と「死体」をテーマにしたようなサスペンス。身内の自殺、バラバラにした死体を並べる
殺人鬼「エンド」とそれを追う女刑事の五十嵐、不可解なセリフを最後に姿を消した社長、
周辺に出没する謎の男。警察だけに任せておけないと独自に「エンド」を追いはじめた春野が
直面する謎と迫る危機。サスペンスとしてだけでなく、複雑に絡む人間関係の中で各人の
苦悩が描かれる人間ドラマとしても面白い。一気に話が動きそうな引きで次巻も楽しみです。
 さすがに春野の同僚たちのある異常な振る舞いはドン引き(まさか実話とは思えないが…)
なのと、作画がちょっと微妙なのはマイナスですが。おかげで死体のグロさがやや緩和されて
はいますけど(笑)。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 とけい トップ100レビュアー 投稿日 2017/6/4
形式: Kindle版
まず、猟奇的殺人、および自殺を扱う本作品はグロテクスな要素が含まれていますのでご注意ください。このレビューですら気持ち悪くなってしまう人もいるかもしれないので。

以下レビューです

特殊清掃員という死体処理に関する仕事をしている主人公。ENDという文字を死体をバラバラにして描くという狂った殺人犯。主人公の上司が事件に関わり、また同様に殺されてしまいます。主人公が捜査に乗り出すというストーリー。警察側からも動いており昼ドラみたいなとこもあります。

ストーリーはまだ犯人の動機もわかっていない状況で恐さがあります。サスペンスの性質上1巻だけでの評価は難しいのですが、次巻以降に期待を持てる内容でした!
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 123 トップ100レビュアー 投稿日 2017/6/3
形式: コミック
というか少年漫画とは思えない圧倒的地味さです。青年誌でもこの絵、この内容はかなり読者を選ぶのではないかと思われます。しかしながら内容は本格的。これを小説にしたら、新潮とか光文社から出ていてもおかしくないクオリティです。

連続殺人事件を追う作品ですが、主人公は中心にいません。探偵でもなければ刑事でもないからです。主人公の春野は特殊清掃業に従事する一般人です。特殊清掃業とは死体が発見された部屋に湧いた虫を駆除したり消毒したり体液が染みた床を綺麗にしたり遺品の整理をしたり、といった文字とおり特殊な清掃を生業にする職業です。
ある日作業に当たった部屋の床下から遺体が発見された事から舞台の幕が上がります。恩人である社長の失踪、社長の過去、主人公の過去、住んでいる場所の過去、それらが連続殺人事件と絡み合い入り組んだ謎を構成しています。
今の時点では全体像はまったく見えていませんが、今後の行く末が楽しみです。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告