この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

RFワールド No.33 2016年 2 月号 [雑誌]: トランジスタ技術 増刊 雑誌 – 2016/1/29

5つ星のうち 4.0 1 件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
雑誌, 2016/1/29
"もう一度試してください。"
¥ 1,750
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報

  • 【ご注意ください】雑誌はお客様都合による返品は承っておりませんので、あらかじめご了承ください。ヘルプページへ

  • 【出版社の方へ】e託販売サービスの紹介はこちら


この商品を見た後に買っているのは?

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

アンテナ・アナライザ,スピード・ガン,3Dプリンタで作るアンテナなど
☆特集「製作による無線・高周波の実践II」

高周波回路は,手を近づけると周波数が変わったり,特性が変化したりします.今日では
コンピュータ・シミュレーションが全盛ですが,シミュレーションでは高周波のふるまいを理
解するのは困難かもしれません.測定器やアンテナを製作するのは,部品集めや,回路
やケースの組み立てに手間がかかりますが,期待通り動作したときの喜びは格別です.
今回の特集は手作りを通じて高周波回路の振る舞いを体験的に理解するのが狙いです.

◎1~30MHzのSWR,インピーダンス|Z|,抵抗分,リアクタンス分まで測れる
●第1章 HF帯アンテナ・アナライザの解析と製作
◎屋外でも使用可能な24GHzドップラー・センサを使った
●第2章 シンプルなスピード・ガンの製作
◎市販の3Dプリンタと導電塗料でここまで作れる!
●第3章 3Dプリンタによるマイクロ波帯ホーン・アンテナの試作

☆特設記事
◎代表的なコネクタの種類,特徴,適材適所,略史,そしてケア
●マイクロ波/ミリ波 同軸コネクタの基礎と取り扱い方
☆技術解説
◎古くて新しい放送メディアを支える送信設備の技術
●写真と図で見る中波AMラジオ送信所
◎連続した無線サービス空間の構築を容易にする
●無線LANアクセス・ポイントの多段中継無線バックホール技術
●Appendix 無線バックホール・エンジン(PBE)の性能とPicoCELA社誕生の時代背景
◎製品ラインナップと特徴,磁界プローブによるIP電話のノイズ測定など
●RTOシリーズ・オシロスコープの技術フィーチャと実測例
☆一般解説
◎ミリ波の研究/開発を支え続けて50年余──雄島試作研究所
●ミリ波コンポーネント製造の現場から
☆歴史読物
◎世界初の太平洋横断ケーブル“TPC-1"のIEEEマイルストーン受賞に寄せて
●電気通信と海底ケーブルの発達史 関連ビデオ
☆折り込み付録
●無線と高周波の国内周波数チャート2016年版


登録情報

  • 雑誌
  • 出版社: CQ出版; 不定版 (2016/1/29)
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B019WOGMXS
  • 発売日: 2016/1/29
  • 梱包サイズ: 25.8 x 18.2 x 0.9 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 1 件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.0
星5つ
0
星4つ
1
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
カスタマーレビューを表示
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 くま 投稿日 2016/2/20
Amazonで購入
「写真と図で見る中波AMラジオ送信所」が面白かった。
デジタル技術を駆使した送信機は面白い。
  大昔、水冷式真空管送信機に感動した頃を思い出した。
  何故なのかはわからないが、AMラジオの音から離れられない。
  デジタル放送と比較すれば"悪い"音なのだが気持ちが落ち着いてくる。
  独特のやわらかさがそうさせるのかも知れない。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告