RED WING(レッドウイング)アマゾンストア

お取り扱いシリーズ:アイリッシュセッター、アイアンレンジ、オックスフォード、フォアマン、ベックマン、エンジニアなど。お買い得セールを随時開催中。

RED WING(レッドウイング)ストア

RED WING(レッドウィング) ブランドストーリー

 創業以来110年にわたり、伝統に基づくクラフトマンシップをもって、耐久性に富む靴を作り続けている「レッドウィング」。創業者は、新天地への夢を胸にドイツから米国に移民してきたチャールズ・ベックマンです。彼は1905年にミネソタ州のレッド・ウィング・シティで列車を降り、タンナー(革なめし工場)で働いた後、靴屋を始めました。しかし既製の靴の品質に満足できず、「本当に良い靴だけ」を売りたいと、自ら靴を作ることを決意。これがレッド・ウィング・シュー・カンパニーの誕生でした。
 肥沃な大地を持つミネソタ州は農業が盛んだったことから、ファーマー向けのブーツが人気を呼び、「レッドウィング」のブーツ工場は順調に拡大していきます。その後エンジニアブーツやハンティングブーツなども手掛けるようになり、デザイン・機能・耐久性すべてにおいて高いクオリティを持った「レッドウィング」のブーツは評判を呼びました。現在ではタンナーも傘下におさめ、靴のための革の生産から手がけるという世界でも稀な靴メーカーへと成長しました。
 今や「レッドウィング」は米国内はもとより、日本を含め全世界で愛用されているワークブーツブランドです。「レッドウィング」のブーツは機械による大量生産ではなく、熟練の職人により一足一足丁寧に作られており、現在に至るまでその生産方法は受け継がれています。トレードマークになっているロゴは、ネイティブアメリカンが使用していた赤く染めた羽根が由来です。

代表的なモデル・ラインナップ


レッド・ウィング社のハンティングブーツライン「アイリッシュセッター

RED WING SHOES ブーツ アイリッシュセッター

1952年に開発されたレッド・ウィング社のハンティングブーツライン「アイリッシュセッター」をルーツに持つ商品。 店舗限定にて展開されるこちらの商品は発売当初のディテールを備えた特別なブーツ。 この商品に使われているレザー「クロンダイク」は茶芯と呼ばれるレザーを再現しており、履き込む程に下地の茶色が表面に現れ、より魅力的なブーツに育っていく。

「アイリッシュセッター」シリーズをすべて見る

レッド・ウィング社の創業者の名前「ベックマン

RED WING SHOES ブーツ クラシックドレス ベックマン

ベックマンとは、1905年創業のレッド・ウィング社の創業者の名前である。 このブーツは、創業期、つまり20世紀初頭のレッド・ウィング社のブーツをベースに作り込んだ商品。 創業者の名を冠したベックマンブーツは、当時の「ドレスシューズ」として履かれていた6インチ丈のブーツであり、ドレスシューズとワークブーツそれぞれの個性を持つ。 この商品に使われているフェザーストーンレザーは、ドレスシューズの革のような透明感のある艶を持ちながら、ワークブーツの耐久性を兼ね備えた深みのある色合いが特徴のレザーである。

「ベックマン」シリーズをすべて見る

ワーカーのためのブーツ「ヘリテージワーク

RED WING SHOES ブーツ ヘリテージワーク アイアンレンジ

1936年、レッド・ウィング社のカタログに登場した蒸気機関士の足元を守るために開発されたブーツをルーツに持つ。 この2268はスティール・トゥを備えた頑強なエンジニアブーツとして1961年に発売され、幾度かのマイナーチェンジを経て今日に至っている。 この商品に使われているブラッククロームレザーは、もっともワークブーツらしいレザーの一つ。 顔料と樹脂でコーティングされた銀面(革の皮膚面)はオイルや薬品に高い耐久性を持つ。

「ヘリテージワーク」シリーズをすべて見る

ブーツを履く際の煩わしさを無くしながら、丈夫さや雰囲気はそのままに「ワークオックスフォード

RED WING SHOES ブーツ ワークオックスフォード

レッド・ウィング社は、1930年頃から軽作業用の短靴(オックスフォード)の製造にも力を入れ始めた。 1952年、レッド・ウィング社が8インチ丈のブーツ、877を発売しハンターやワーカーに支持される商品となると、数年後には、このソールやそのバリエーションを使った様々な商品が開発された。 ワーク オックスフォードもその一つである。 ブーツを履く際の煩わしさを無くしながら、丈夫さや雰囲気はそのままに作り込まれている。 この商品に使われているオロラセットレザーは、ブランドを代表するレザー。 特徴的な赤茶色はブランドイメージを象徴する色となっている。

「ワークオックスフォード」シリーズをすべて見る

蒸気機関士の足元を守るために開発されたブーツをルーツに持つ「ヘリテージワーク エンジニア

RED WING SHOES ブーツ ヘリテージワーク エンジニア

1936年、レッド・ウィング社のカタログに登場した蒸気機関士の足元を守るために開発されたブーツをルーツに持つ。 この2268はスティール・トゥを備えた頑強なエンジニアブーツとして1961年に発売され、幾度かのマイナーチェンジを経て今日に至っている。 この商品に使われているブラッククロームレザーは、もっともワークブーツらしいレザーの一つ。 顔料と樹脂でコーティングされた銀面(革の皮膚面)はオイルや薬品に高い耐久性を持つ。

「ヘリテージワーク エンジニア」シリーズをすべて見る