通常配送無料 詳細
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
READINGS%E3%80%883%E3%80%89%E7%8F%BE%E4%BB%A3%E4%BD%8F%E5%B1%85%E3%82%B3%E3%83%B3%E3%82%BB%E3%83%97%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%B3%E2%80%9511... がカートに入りました
中古品: 良い | 詳細
発売元 若葉堂
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 初版 カバーややコスレ 本体良好 ◆Amazon.co.joが発送します。管理用シールは剥離しやすいタイプを使用しています。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

READINGS〈3〉現代住居コンセプション―117のキーワード (10+1 Series) 単行本 – 2005/10/15

5つ星のうち 5.0 1 件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 2,376
¥ 2,376 ¥ 1,390

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • READINGS〈3〉現代住居コンセプション―117のキーワード (10+1 Series)
  • +
  • 現代住宅研究 (10+1 Series)
総額: ¥4,752
ポイントの合計: 91pt (2%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

著者について

南泰裕 Yasuhiro MINAMI
1967年生。建築家。アトリエ・アンプレックス主宰。東京大学、明治大学、東京理科大学、東京外国語大学非常勤講師。作品=《PARK HOUSE》《三丁目カフェスーぺ》など。著書=『住居はいかに可能か』『ブリコラージュの伝言』など。

今村創平 Souhei IMAMURA
1966年生。建築家。アトリエ・イマム代表。作品=《富士ふたば幼稚園》、米倉低改修など。共著=『Tokyo From Vancouver』など。

山本想太郎 Sotaro YAMAMOTO
1966年生。建築家。山本想太郎設計アトリエ主宰。作品=《水戸N邸》《国分寺の家》《板橋の住戸改修》《汐留プラザビル》など。訳書=ケネス・フランプトン『テクトニック・カルチャー』(共訳)。


登録情報

  • 単行本: 351ページ
  • 出版社: INAXo (2005/10/15)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4872751302
  • ISBN-13: 978-4872751307
  • 発売日: 2005/10/15
  • 商品パッケージの寸法: 17.2 x 11.8 x 3.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 1 件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 817,646位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 5.0
星5つ
1
星4つ
0
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
カスタマーレビューを表示
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
現代住宅において(住居という曖昧なビルディングタイプのようなものについて)建築家が設計する際にコンセプトとなりうるであろう117のキーワードについてそれぞれ短いエッセーが書かれているオムニバス形式の本。

コンセプトといっても、敷地などの与件や家族といった設計段階で前提となるものから、構成などの設計手法や素材など建物自体のコンセプト、過去の事例や歴史といったそれぞれのフェーズによって意味合いが違ってくる。この本ではそれらが章に分けられていて、大まかに設計の流れに沿って展開していくので割と読みやすい。関連する他のキーワードへのリンクや、参考文献も同じページに載っていて見やすい。

本文にも書いてあったが、実際に住居についてこんなに事細かに考えてるのは日本人ぐらいなのではないかと本当に思う。コンセプトに縛られて形態の自由度が限られる(予算や土地にもよるが)とかいう状況はあまり面白いものではない。

コンセプトが無いのは面白くないが、コンセプトさえ面白ければ良いものでもないらしい。海外建築家の作品の内観写真の綺麗さや不思議さも好きなものの一つだ。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告