日本外に滞在中または居住中ですか? ビデオによっては、日本外でご視聴いただけない場合があります。サインインして、利用可能なビデオをご確認ください。

RAILWAYS 愛を伝えられない大人たちへ

 (106)
4.62時間3分2011G
鉄道運転士の滝島徹は、仕事一筋の日々を過ごし、気が付けば59歳。ずっと専業主婦として彼を支えてきた妻の佐和子は55歳。徹の定年退職を1か月後に控え、夫婦は第2の人生を迎えようとしていた。そんなある日、佐和子は結婚を機に辞めた看護師の仕事を再開すると宣言するが、徹は妻の申し出を理解しようとしない。ふたりは口論となり、佐和子は家を飛び出してしまう。一度できた溝は深まる一方で、ついに佐和子は徹に離婚届を手渡す─。 これからの人生は、妻のためにと思っていた夫。これからは自分の人生を生きたいと願った妻。妻には夫の知らない"ある理由"があった。そばにいるのが当たり前すぎて、本当の気持ちを言葉にできないふたり。すれ違う夫婦の想いに、ひとり娘とその夫、徹の同僚や部下、佐和子が担当する患者一家の人生が交錯する。果たして夫婦がたどり着いた第2の人生の、思ってもみなかった出発地点とは─?
監督
蔵方政俊
出演
三浦友和余貴美子小池栄子
ジャンル
ドラマ
オーディオ言語
日本語
レンタル期間は30日間で、一度視聴を開始すると48時間でレンタルが終了します。

プライムで¥0で視聴できます

ウォッチリストに追加する
ウォッチリストに
追加する
【6/7(火)独占ライブ配信】WBA・IBF・WBC 世界バンタム級王座統一戦 井上尚弥 vs ノニト・ドネア

[Prime Video Presents Boxing 第2弾] 歴史に残る激闘を展開した両雄の完全決着戦。18:30から「井上拓真 vs 古橋岳也」、「平岡アンディ vs 赤岩俊」、21時前後から「井上尚弥 vs ノニト・ドネア」をライブ配信予定です。※開始時間は前後する可能性があります。
予告動画公開中! 今すぐチェック

注文確定またはビデオを再生することにより、お客様は各種規約に同意したものとみなされます。販売者:Amazon.com Sales, Inc.

詳細

出演
中尾明慶
提供
松竹株式会社
レーティング
G(年齢制限なし)
購入権
すぐにストリーミング再生 詳細
フォーマット
Prime Video(オンラインビデオをストリーミング再生)
デバイス
サポートされているデバイスで視聴できます

その他のフォーマット

レビュー

5つ星のうち4.2

106件のグローバルレーティング

  1. 53%のレビュー結果:星5つ
  2. 28%のレビュー結果:星4つ
  3. 11%のレビュー結果:星3つ
  4. 4%のレビュー結果:星2つ
  5. 5%のレビュー結果:星1つ
並べ替え:

トップレビュー日本から

プロジェクトX2019/06/23に日本でレビュー済み
2.0/星5つ中
指輪は捨てられない
確認済みの購入
「49歳で電車の運転士になった男の物語」が演出の不自然さのため感動出来なかったので、監督も違い、評価の高い、こちらの方を観てみました。
49歳を観た後という事もあり、こちらの主人公も退職後に第二の人生としてカメラマンにでもなるのかな?と思いながら観ていたため、運転手を続けるという結論に意外性があり、そこは良かったです。
肝心の夫婦の関係については、無理がありますね。
奥さんがどうして看護師を再開したいと思ったのかも理解し、奥さんが車内で患者さんと向き合うシーンを見た後に、離婚届けをし、指輪を捨ててますが、果たしてそうなるでしょうか。
奥さんの事情も分からず、離婚届けをし、その後に奥さんの気持ちを理解し、後悔し、復縁なら、すっと心に入ってくるんですけどねぇ。
この順番の違和感を理解するには、展開の意外性を狙ったと考えるしかないのですが、人間の感情の流れを無視した意外性は不要だと思います。不自然さしかありません。
また、49歳と同じく、泣かせたいシーンでは必要以上にBGMが大きくなり、これも耳障り。
監督は違うけど、音の担当が同じなのでしょうか?
映画を見慣れていない人なら、綺麗な映像とBGMだけで感動出来てしまうんでしょうけど、小手先のテクニックに頼る事無く、もっと中身で勝負して貰いたいものです。映画なんですから!!
役者さんの演技はとても良かったです。主人公も奥さんも、観ていてイライラするぐらいですが、それは愛を伝えられない大人を上手く演じているからこそでしょうね。この二人のやり取りには色々と考えさせられるものがありました。流れは別にして。
7人のお客様がこれが役に立ったと考えています
クイーン2020/02/15に日本でレビュー済み
5.0/星5つ中
富山地方鉄道鉄道マン定年にたどり着くまでの鉄道マンの生きる道人生物語
確認済みの購入
本作品はRAILWAYS 愛を伝えられない大人たちへ 本編通して
三浦 友和さん俳優役者の演技が富山地方鉄道鉄道マン定年にたどり着く
までの苦労や奥さんとの向き合いに看護師に対する命がけで担当する患者
さん命がけで思わぬ富山鉄道のいきなりのトラブルが生じて三浦 友和
さん若い部下への指示を与える姿が役者を超えて鉄道員。
その思わぬトラブル発生列車が停車そのなかに奥さんの担当する女性患者
さんが乗り合わせ体調が悪化、奥さんが列車に乗り込み懸命になって助け
ようとする女優さんに私は胸を打たれた涙が込み上げてきた。
そして、三浦 友和さんは若手部下にお前は鉄道マンに向いてない言葉が
三浦 友和さんはまさに鉄道マンです本業の役者から鉄道員になれば舞台
とする富山鉄道の駅業務に就けば部下鉄道マンのいい指導者となる。
ラストに女優さん奥さんに再婚しようの三浦 友和さんのセルフはジーン
ときた。
富山県を舞台にする邦画は感動もので本作品はRAILWAYS 愛を伝えられ
ない大人たちへ の続編を楽しみにしてます。
デジタルWOWOWで本作品はRAILWAYS 愛を伝えられない大人たちへ
作品をみて感動、ブルーレイを購入、一生ものです本作品はRAILWAYS
愛を伝えられない大人たちへ 。
    
2人のお客様がこれが役に立ったと考えています
2020/02/25に日本でレビュー済み
5.0/星5つ中
立山連峰 私には日本一
確認済みの購入
富山市で生まれ、富山で生活した時は身近かったけれど、3年前に母が亡くなり、納骨に富山に行った時には私は一人っ子でしたので、父の眠る富山市の墓に母を収めて、初めて 私にはもう富山には身寄りもいない寂しい処となりました。
今は駅前も北陸新幹線が開通してから、この作品に出てくる景色は様変わりしました  が立山連峰だけは唯一変わらぬもの・・・・
とても美しく、心にしみる作品に感謝いたします。
7人のお客様がこれが役に立ったと考えています
鹿野山2020/10/08に日本でレビュー済み
4.0/星5つ中
熟年夫婦の心の隙間の直し方
確認済みの購入
前作「RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語」と同じく、電車の走行シーンが上手く撮れていました。またベテランの運転士の仕事ぶりを忠実に再現していると思います。

主役を三浦友和にしたのは、大正解です。仕事はできるが家事は妻に丸投げし、娘の旦那から恐れられている中年オヤジをやらせたら、右に出る役者はいないでしょう。
今回、離婚にまで発展したのは、それなりの妻の不満があったからです。主人公の立場では「退職を機会に働きたいとは俺はもう用なしか!」というプライドが踏みつけられた思いがあるし、妻の立場では「いままではあなたが仕事に打ち込めるように散々協力したのだから、いつまでも私を家庭に束縛させないで!」という思いがあります。

主人公は妻の仕事を軽く見て「そのうち熱も冷める」と言ったものだから、離婚届けと指輪を渡されて出ていかれる羽目になった。
娘の出方が上手い。お父さんが困っていることを予想して、身重なのに駆けつけていろいろアドバイスする。それがわかりながらも、行動に移せない男のじれったさが、他人ごとではないように感じました。

結婚指輪を持ったまま離婚届を出さずに仲直りするストーリーでも成り立ったと思います。百歩譲って、結婚指輪を捨てて離婚届を出したが、妻の仕事の大変さが分かって謝罪の電話を入れるという流れになぜできなかったのだろうか?

退職後も雇用延長で運転士を続けるというラストは、少々ご都合主義です。最初から雇用延長の話はあったのだから。夫婦そろって新しい仕事をするという流れの方がよかった。やはり、前作と同じ結論にしたかったのでしょうねえ。
Amazon カスタマー2020/10/03に日本でレビュー済み
4.0/星5つ中
ところどころ違和感を撒き散らしながらも、最後に回収する佳作
確認済みの購入
あと僅かに迫った夫の定年を待たずに、突然面接を受けて働き始めてしまう妻。(定年後半年くらい待てよ!)
夫も預かったものとはいえ、一人離婚届を提出してしまう。

この辺はそういうものかな?と違和感を感じていたが、定年の日に再度プロポーズしたシーンで、これまでボタンを掛け違えた結婚生活を「離婚」でリセットしたかったのかと理解できた。
ただ一方では戸籍というものを軽率に扱っている印象も当然ながら残った。

とはいえ60代後半でとっくに隠居して、妻とぬるく惰性で暮らしている身としては、彼らはリセットする機会があって良かったね、との思いから、不覚にも大きめの涙一粒こぼしてしまった。
見終わってみると、ほどほどの「終点」ならば、私と妻にも訪れないかなとも思えた。
そうなると、副題の「愛を伝えられない大人たちへ」にはとても納得できてしまう!

全体としてはスピード感がなく、単調だった。
せめて前半は、ところどころスピード感があれば良かったと思う。

最後に、三浦友和さんは好きな俳優で、特に真面目でドジなサラリーマン役が好みだった。
彼も私の二歳上なので隠居役が増えてしまいそうで残念だが、あまり重くならない役どころの方が生きると思うので、今後期待したい。
2人のお客様がこれが役に立ったと考えています
1234562020/12/03に日本でレビュー済み
4.0/星5つ中
感動しました。
確認済みの購入
頑固一徹な夫と
献身的に支え続ける妻。

ふとしたことから、
亀裂が入り、離縁に。

悲しい結末で終わるのかと
思いきや、ハッピーエンドで
終わって一安心(笑)

定年が近い50代後半の自分
にとって、決して他人事とは
思えず、夫婦間の問題も
リアルにとらえることができ、
我が身のことのように見入ってしまった。
(苦笑)

現実には、なかなかハッピーエンド
には終われないが、いろんなことを
考えさせてくれる映画だった。

最近の三浦友和は、好演が多い。
やくざの親分を演じても良し、
警察の上層部を演じても良し。
今回のような役も、上手に表現されて
います。
yskzUsm2017/08/08に日本でレビュー済み
5.0/星5つ中
RAILWAYSシリーズ いいですね
確認済みの購入
熟年夫婦のすれ違いや関わりをテーマにしたものはアメリカ映画にも沢山ありますが
日本と共通する部分と文化の違いがはっきり出る部分があってそれはそれで面白いですし
RAILWAYSシリーズ いいですね

結局は、お互いに忖度し合うことが基本ですが、そうするだけでなく、忖度してるよ
つまりは大切に思っているということを恩着せがましくなく、喜んで受け取れる形に
できるかどうかですね
ただ、日本人の男は無理に言葉にして拒否られ玉砕することを考えてたじろぐ事が多い
気がするけど
シカゴも HARD TO SAY I'M SORRY と歌っているのでこれは世界共通かな
10人のお客様がこれが役に立ったと考えています
Amazon カスタマー2019/01/10に日本でレビュー済み
3.0/星5つ中
くさい映画
確認済みの購入
他の映画と比較して
特段大きな節目はない、しみじみした地味な映画

他の同種の映画と比較して
前作の方がよかった。鉄道会社の全面的協力を得て、鉄道のイメージを向上させるために、
会社の許可がある範囲で撮影されていると思うので、視聴者の感動がどうしたら最大化
されるかとか、どうしたらより面白くなるかを追求するのに、予め制限がかかっているように思える。
ま、協力泣ければこういう映画作れないから仕方ないが。

感動
私的には少しあったかなという程度。まあまあだと思う。
ストーリーがかなりありふれたもので、大体の結末が予測できる。
ま、そういう映画といえばそういうことに

ストーリー
割と地味。お説教臭いシーンが結構あるので、その点賛否が分かれるかもしれない。

オリジナルティ
地味です

その他
夫婦愛が鉄道に次ぐ第二のテーマとなっており、鉄道の人生は終わったが、
夫婦愛、愛の第二の人生が再スタートするという構成は優れいている。
鉄道ファンがたくさんいると思うけど基本は鉄道ファンが見るものだと思う。
それ以外の人が見てもいまいち感があるかもしれない。
第1作の中井貴一主演の方が名作です。
1人のお客様がこれが役に立ったと考えています
すべてのレビューを表示