この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

R&B フロム・ザ・マーキー(紙ジャケット仕様) Original recording remastered

5つ星のうち 4.5 4件のカスタマーレビュー

出品者からお求めいただけます。 在庫状況について
新品の出品:1¥ 7,508より 中古品の出品:1¥ 45,980より

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now


キャンペーンおよび追加情報


登録情報

  • CD (2007/1/24)
  • ディスク枚数: 1
  • フォーマット: Original recording remastered
  • レーベル: ストレンジ・デイズ・レコード
  • 収録時間: 55 分
  • ASIN: B000KJTIW2
  • EAN: 4988005457578
  • 他のエディション: CD
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.5 4件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 音楽 - 415,952位 (音楽の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

曲目リスト

ディスク:1

  1. ガッタ・ムーヴ
  2. レイン・イズ・サッチ・ア・ロンサム・サウンド
  3. アイ・ガット・マイ・ブランド・オン・ユー
  4. スプーキー・バット・ナイス
  5. キープ・ユア・ハンズ・オフ
  6. アイ・ウォナ・プット・ア・タイガー・イン・ユア・タンク
  7. アイ・ガット・マイ・モジョ・ウォーキング
  8. フィンクルズ・カフェ
  9. フーチー・クーチー
  10. ダウン・タウン
  11. ハウ・ロング、ハウ・ロング、ブルース
  12. アイ・ソート・アイ・ハード・ザット・トレイン・ホイッスル・ブロウ
  13. シー・フールド・ミー(ボーナス・トラック)
  14. アイム・ビルト・フォー・コンフォート
  15. アイム・ア・フーチー・クーチー・マン(BBCセッション)
  16. ナイト・タイム・イズ・ザ・ライト・タイム(BBCセッション)
  17. エヴリシング・シー・ニーズ(BBCセッション)
  18. アップタウン(シングル・ヴァージョン)
  19. ブレイドン・レーシズ(シングル・ヴァージョン)

商品の説明

内容紹介

Japanese Limited Edition Issue of the Album Classic in a Deluxe, Miniaturized LP Sleeve Replica of the Original Vinyl Album Artwork.

メディア掲載レビューほか

ブリティッシュ・ブルースの父、アレクシス・コーナーの、1962年発表のデビュー・アルバム。ロンドンのマーキー・クラブで行った、伝説のライヴ音源を収録。本作のオリジナル盤は、中古盤市場で数万円の高値をつける超レア盤としても知られています。 (C)RS


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.5
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 マリウシュ トップ500レビュアー 投稿日 2015/5/21
形式: CD
って意味でしょうかね。彼らは根城がかのMarquee(当時はまだMarquee jazz club)であったから、ああいったサウンド、人種はあそこ、みたいなもんだったのかも知れません。シリルやアレクシスは当時週に4回ほどマーキーやハーフムーン(双方まだ現存中)、ラウンドハウスなどを定宿に公演していました。圧倒的にマイノリティーであったブルース人口がそれゆえに転じて、ヒップなアンテナを持つ若者たち=キース、ミック、ブライアン、本作でボーカルのJロングトール・ボルドリー、彼の弟分のロッドら後の英国ロック黎明期へと続いていくロマンチックな物語がここからスタートします。ジミーペイジはシリルの、チャーリーワッツやジャック・ブルースはアレクシスのバンドマンでしたし、ヤードバーズのサミュエル、エリック、キンクスのDavis兄弟もシリルバンドの追っかけがスタートです。この双頭バンドは彼らが2TOPでないとだめで、こういったダウンホームでジャジーな感じのセットは2人が単独のバンドで演奏するともっと違った洗練の仕方をしてる。言い換えたら彼らのブルース経験以前の素地がもっと出てます。シリルとコーナー合体だからこその音、それがこのアルバムの重要な部分じゃないかとおもいます。とにかく巧いしイナタイし、コーナーのギターだってまだJAZZっぽくて好きなタイプです。もう少し早く生まれてこの時代のロンドンに住みたか...続きを読む ›
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD Amazonで購入
英国ブルースの歴史を知るうえで避けては通れない1枚。
しかし、英国ブルース入門ではありません。
最初の頃60年代後半のブルースロックを聴いていた頃、
ある雑誌でこのアルバムの評価が高かったので聞いてみましたが、よく分かりませんでした。
そうです、いきなり67年頃からいきなり64年のサウンドは無理だったようです。
やはり順に年代をさかのぼっていかないと分かりずらいようです。
ジョンメイオール、ピーターグリーン在籍時のフリートウッドマックなどを聞いてからにしました。
もっとさかのぼって、ロニードネガンのようなスキッフルから聞いていくと、とても面白いと思います。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 E=mc2 VINE メンバー 投稿日 2010/9/19
形式: CD Amazonで購入
ブリティッシュ・ブルースのゴッドファーザー:アレクシス・コーナーによるバンドのデビュー作とのことですが、一聴、感じるのは、シカゴブルースへの著しい傾倒です。予備知識なしに聴いた人は、よもや白人がやっているとは思わないのではないでしょうか? それくらい黒人ブルースのコピーに徹しています。ただし、コピーだからといって品質が劣るわけではなく、一級品のブルースを貫禄たっぷりに聞かせてくれます。

これ以降、コーナーのバンドは、数多くのブリティッシュロック、フォーク&ジャズの世界で名を成す著名人を数多く輩出する梁山泊的なバンドになっていくようです(ストーンズ、クリーム、ツェッペリン、フリー、コロシアム、ペンタングル等のメンバーから、ECM系のジャズミュージシャンまで、その人脈の広さは驚異的!)。音楽的にも、あくまでブルースを基調としながらも、より多彩な展開を見せていくようで、その様子は“Bootleg Him !”などのアルバムに記されています。

本作にそうした片鱗が必ずしも感じられるわけではありませんが、コーナーのブルースには、当時のイギリスの若者を狂わせ虜にする魅力があったのでしょう。「英国ロック史の源流を辿る」といった教科書的な聴き方も間違いではないと思いますが、まずは純粋に良質なブルース音楽として楽しむことをお薦めします。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
英国BLUESの父。
1949年より音楽活動を始め、50年代のスキッフル・グループでの活動を経てブルースへ傾倒していったアレクシス・コーナー。その彼を慕う若手ミュージシャンと結成したブルース・インコーポレイテッドには、チャーリー・ワッツ、ジャック・ブルース、ジンジャー・ベイカーをはじめ、のちの英国ロックを形作る重要人物が名を連ねていく。本作はグループのスタジオ・ライヴ演奏を収めたデビュー作(1962年)で、コーナーに次ぐ英国ブルースの巨人、シリル・デイヴィス、ロング・ジョン・ボールドリー、ビック・ジム・サリヴァンに加え、のちにコロシアムの中心メンバーとして活躍するディック・ヘクストール=スミスなど名立たる面子が参加し、ロックの誕生を予見させる熱演を聴かせる歴史的名盤である。当時のシングル曲、BBCセッションなどを7曲ボーナスとして追加収録。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


関連商品を探す


フィードバック