通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
Quick Japan 123 がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ★表紙に若干スレがありますが概ね良好な状態です。★ご注文後、クッション包装で迅速、丁寧に、発送致します。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

Quick Japan 123 単行本(ソフトカバー) – 2015/12/11

5つ星のうち 4.9 14件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本(ソフトカバー)
"もう一度試してください。"
¥ 1,200
¥ 1,200 ¥ 399

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。無料体験でもれなくポイント1,000円分プレゼントキャンペーン実施中。


click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • Quick Japan 123
  • +
  • AMARANTHUS【初回限定盤(CD+Blu-ray)】
  • +
  • 白金の夜明け【初回限定盤(CD+Blu-ray)】
総額: ¥7,096
ポイントの合計: 37pt (1%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

商品の説明

内容紹介

Quick Japan vol.123

【第1特集】
全力特集 ももいろクローバーZ
Clover will bloom in any field.

全力特集114ページ!
2016年2月から始まる大規模ツアーに先駆け、
5大ドームの地を巡るメンバーに完全独占密着。
これから先、ももクロは一体どこへ向かうのか――。
大いなる「予告編」をお届けする。

◆special photo「ももいろクローバーZ、5大ドームを巡る」
◆長い前置き――読者の皆さんへ。そして、ももクロへ。
◆5大ドーム巡礼記「誰もいない巨大な空間で、5人は想像の翼を広げ、幸せの種をまく」
◆Trailer of MCZ(メンバー個別ドキュメント/ロングインタビュー)
part 1 高城れに「立ち止まる勇気」
ももクロにいられること……大事にしなきゃ。
それが当たり前のことだなんて思っちゃいけないんだよね。
part 2 佐々木彩夏「最強の演出家」
憧れの存在にほんのちょっとだけ近づけたのかなって。
part 3 玉井詩織「努力、結果、評価」
はじめて気付いたんですよ。私の負けず嫌いって、
他人が対象なんじゃなくて、自分が対象なんだって。
part 4 有安杏果「意地悪な神様」
たとえ誰が褒めてくれたとしても、自分の目で見て、
耳で聴いてたしかめて、悪いと思ったら悪い。そこだけは揺るがない。
part 5 百田夏菜子「特別な場所」
鼎談 百田夏菜子×川上アキラ(プロデューサー)×古屋智美(3B junior チーフマネージャー)
同じところを見て、それぞれのやり方で前へ進め!

【第2特集】
芳根京子の、夜明け
◆special photo「雲海&フルートの旅」
◆芳根京子が“日本一暗い村"で、奇跡の絶景に出会った。
◆12,000字インタビュー

【第3特集】
テレビ・オブ・ザ・イヤー2015
◆現役放送作家11名による選考座談会
◆パーソン・オブ・ザ・イヤー2015 東野幸治
◆副賞『しくじり先生 俺みたいになるな!!』
◆副賞『ヨルタモリ』
◆企画賞『浦沢直樹の漫勉』
◆企画賞『ゴン中山×山崎弘也のキリトルTV』

【REPORT】
ESTACION/うめざわしゅん/TeddyLoid/どついたるねん

【REGULARS】
板尾創路&ピエール瀧/劇団ひとり/磯部涼/飯田一史

【ESSAY】
こだま 「雷おばさんの晩年」


登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 255ページ
  • 出版社: 太田出版 (2015/12/11)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4778315014
  • ISBN-13: 978-4778315016
  • 発売日: 2015/12/11
  • 商品パッケージの寸法: 21 x 13.6 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.9 14件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 75,018位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.9
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
ももクロの、メンバー間の揺るぎない信頼感とその根底にある思いやり、優しさが、彼女たちのインタビューからはだだ漏れしてきます。

例えばれにちゃんが語ったあるエピソード。

10月の福井県鯖江市での「ももクノ」(おもしろ企画物的ライブ)で、久しぶりに「Z伝説」をやることになり、曲が始まってから、「扇」のポーズをやることを思い出した。れにちゃんは扇の左端(客席から見ると右端)なので、左手を床につき身体を支えることになる。骨はまだくっつきたて。でも曲は始まって、着実に「扇」ポーズに近づいている・・・。

さあ、どうなったのか、はクイックジャパンNo.123を買っていただいて確認していただくとして、仲間のピンチを瞬時に感知し、それに見事に対応したあーりんの素晴らしさが語られています。

興味深いのは、インタビュアーの小島和宏氏がれにちゃんに「そういえばももクノの「Z伝説」で高城さんが何気なく「扇」のポーズをやっていて心配になったんですけど」と尋ねて初めて出てきた逸話だということ。

どもすれば、メンバー間のグダグダな微笑ましいやりとりの方に注目が集まるし、見ていて楽しいし心も和みますが、その根底に、各自を気遣い、思いやり、身を呈してでもそのピンチを救おうとする「メンバー愛」があってこそなんだ
...続きを読む ›
コメント 27人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
名物編集長の藤井編集長。ももクロのスタッフといってもいいくらい。クイックジャパンも売れるからWIN WINの関係だね。
最後のこの号は本当に保存版と思う。クイックジャパンは写真もいいし文章もいい。新しいタイプの雑誌?写真集?なんだと思う。
この不況で本が売れなくなった出版業界で異色の存在。
通常アイドル(ももクロをアイドルとはおもっていないが)のグループの一人一人を特集しそれに写真を入れても100P位かける。
こんな雑誌ないよ。しかもアーリンは2冊だし。ファンなら泣くほどうれしい。しかも文章もうまい。
編集長が変わったとしてもクイックジャパンはこの路線を外さないでほしい。
正直言ってモノノフになってから、ももクロを知ってからクイックジャパンも知った。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
小島レポートとメンバー個々人へのロングインタビュー5本(夏菜子分のみ川上、古屋両氏を交えた鼎談スタイルとなっています。前号で夏菜子特集をやったばかりだから?)を中心に構成された、実に濃い内容のももクロ全力特集をメインに据えた号となっています。
巻頭のスペシャルフォトでは、先月(11月)に超強行スケジュールで巡回した5大ドームでの元気な様子が紹介されていて、相変わらずほっこりとした気持ちにさせられたりします。
この天真爛漫さ、無垢で飾らないスタイルこそが彼女たちの魅力だと、改めて強く感じさせられました。
2月から始まるドームツアー、今回の特集記事のために足を踏み入れたその場所で、果たしてどんな表情、そしてパフォーマンスを見せてくれるのか、今回のこの特集記事を読了し、本当に期待は膨らむ一方です。

さて、記事の内容の方はと言えば、これはいつもながらのQJクオリティ、文句の付けようもない秀逸なものとなっています。
今年のメンバー各人についての重要トピックや近況の詳報、そしてそれに付随するインタビュー記事が、臨場感たっぷりに収録されています。
モノノフの方々にとってマストな書となっていることは、疑う余地もありません。

ただ、編集長の藤井氏が今号を最後に引退してしまうことがかなり気がかりであるというの
...続きを読む ›
コメント 20人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
QJでのももクロ愛、しっかりと受け取りました。

QJのももクロ特集によって、ももクロをもっと好きになった読者も

自分を含めて沢山居たと思います。

ももクロと言うグループは、「心を動かす何か」を持っている。

それをQJと言う活字メディアで伝えて下さった藤井編集長、スタッフさんに

感謝の気持ちを伝えたい。ありがとう!
コメント 17人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
ももクロとQJの歴史や信頼関係を感じる1冊。
早見あかりがまだいた、当時としてはまだ表紙を飾るには実績が足りない彼女たちの才能を
いち早く見抜き表紙に抜擢したQJ藤井編集長の最終号を飾る素晴らしい出来映え。
QJが持つ活字の力、そして濃いドラマを持っているももクロ、
その2つが本当にバランスよく混ざり合っています。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



フィードバック