¥770
通常配送無料 詳細
在庫あり。
Kindle版は今すぐお読みいただけます。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
QED ~ortus~白山の頻闇 (講談社文庫) がカートに入りました
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。

著者をフォロー

何か問題が発生しました。後で再度リクエストしてください。


QED ~ortus~白山の頻闇 (講談社文庫) (日本語) 文庫 – 2020/9/15

5つ星のうち4.1 13個の評価

その他 の形式およびエディションを表示する 他の形式およびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
Kindle版 (電子書籍)
文庫
¥770
¥770
お届け日: 9月26日 土曜日 詳細を見る
click to open popover

よく一緒に購入されている商品

  • QED ~ortus~白山の頻闇 (講談社文庫)
  • +
  • インド倶楽部の謎 (講談社文庫)
  • +
  • 文庫版 今昔百鬼拾遺 月 (講談社文庫)
総額: ¥3,564
ポイントの合計: 44pt (1%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

聖地白山を流れる手取川で発見された不可解な首なし死体。棚旗奈々と桑原崇は、全国三千社を数える白山神社の総本宮・白山比〓神社を訪れ、殺人事件に巻き込まれる。崇が白山信仰の本質を解き明かすとき、犯人の意図も白日の下に。大学生の奈々が崇の博覧強記ぶりを目の当たりにする「江戸の弥生闇」も収録。

著者について

高田 崇史
東京都生まれ。明治薬科大学卒業。『QED 百人一首の呪』で第9回メフィスト賞を受賞し、デビュー。歴史ミステリを精力的に書きつづけている。講談社ノベルス最長の人気シリーズQEDシリーズをはじめ、著作多数。近著に『源平の怨霊 小余綾俊輔の最終講義』『QED 憂曇華の時』『古事記異聞 京の怨霊、元出雲』など。

登録情報

  • 発売日 : 2020/9/15
  • 文庫 : 336ページ
  • ISBN-10 : 4065201705
  • ISBN-13 : 978-4065201701
  • 出版社 : 講談社 (2020/9/15)
  • 言語: : 日本語
  • カスタマーレビュー:
    5つ星のうち4.1 13個の評価