日本外に滞在中または居住中ですか? ビデオによっては、日本外でご視聴いただけない場合があります。サインインして、利用可能なビデオをご確認ください。

Q10

シーズン1
 (140)2010すべて
平凡で臆病で、人生をあきらめかけた青年が、転校生のロボット・Q10に恋をした!2人(?)の恋に成就はあるのか??どんな未来が待ち受けるのか―!?そして、二次元愛するオタク男子、コンプレックスだらけの優等生、孤独な貧乏学生、赤髪バンド少女、病気を抱えた落第生、など個性あふれるクラスメイト、さらに、婚活中の担任教師、仕事に生きる女教授、学費滞納の親、病気の息子を持つ家族、etc が、入り乱れ、様々な「愛と友情と生き方」を描く、涙と笑いの物語。
出演
佐藤 健前田敦子蓮佛美沙子
オーディオ言語
日本語
このビデオは、現在、
お住まいの地域では視聴できません
ウォッチリストに追加する
ウォッチリストに
追加する
おうち時間はPrime Videoをテレビ画面で観よう

ご自宅のテレビ画面でPrime Videoの視聴が可能なデバイスをご紹介。Prime Videoアプリ対象のスマートテレビ、またはテレビに接続して利用するPlayStationなどのゲーム機器をご利用いただくことでPrime Videoをテレビ画面で視聴できます。 対象の機種・機器を今すぐチェック

注文確定またはビデオを再生することにより、お客様は各種規約に同意したものとみなされます。販売者:Amazon.com Sales, Inc.

  1. 1. 第1話
    このタイトルは現在ご利用いただけません
    2010/10/16
    1時間5分
    すべて
    オーディオ言語
    日本語
    高校3年の深井平太(佐藤健)は、ある日誰もいない理科準備室で、眠っている女の子(前田敦子)を見つける。平太が彼女のある部分に触れると、いきなり女の子が目を覚ました――。実は彼女は前の晩、校長の岸本路郎(小野武彦)が繁華街のゴミ箱で見つけ、酔ったいきおいで家に連れ帰った子だった。翌朝、息をしていないことに驚いた校長は平太の担任の小川訪(田中裕二)に助けを求め、理科準備室に隠しておいたのだ。居合わせた工学博士・柳栗子(薬師丸ひろ子)は、彼女をロボットだと見抜く。しかし、どこを見ても人間としか見えない。何か秘密があるに違いない。スキャンダルを恐れた岸本は、ある提案をする。「このことは4人だけの秘密だから―――」成り行き上、学校では平太がロボットの面倒を見ることになった。そんなとき平太は、校長室に入り込んで校長のイスをナイフで切り刻む生徒を目撃する……。
  2. 2. 第2話
    このタイトルは現在ご利用いただけません
    2010/10/23
    46分
    すべて
    オーディオ言語
    日本語
    平太(佐藤健)が転校生としてやって来たロボットのQ10(前田敦子)の面倒を見るようになって数日。担任の小川訪(田中裕二)は、平太のクラスメイトの中尾純(細田よしひこ)が、Q10をつけ回していることに気づく。中尾は好きな漫画のキャラクターに似たQ10に淡い恋心を抱いていたのだった。Q10がロボットであることがばれてしまうのを恐れた小川は、平太に「中尾にあきらめさせろ」と告げる。しかたなく平太は中尾の恋を終わらせようとするのだが…。「恋は革命ですよ。自分の中の常識が全部ひっくり返ってしまうようなものなの」そう話す柳栗子(薬師丸ひろ子)の言葉で、Q10を見守る平太の心にもまた、変化が訪れて――。
  3. 3. 第3話
    このタイトルは現在ご利用いただけません
    2010/10/30
    47分
    すべて
    オーディオ言語
    日本語
    文化祭を前に平太(佐藤健)は少々憂うつな気分だった。男子生徒が上半身裸になってやる“受験祈願の踊り”も憂うつだったし、一年の文化祭のとき互いに意識しあっていた柴田京子の手をとっさに払いのけてしまった苦い思い出がよみがえるのだ。そんななか平太のクラスメイト河合恵美子(高畑充希)が、 前夜祭のミスコン代表者に選ばれた。受験を前に誰も出場しようとしない中、無理矢理選ばれた河合は複雑な気分。河合に想いをよせる影山聡(賀来賢人)はそんな河合を応援しようとするが―――。そのころQ10(前田敦子)はクラスの藤丘誠(柄本時生)が先輩から“ヤバイ仕事”に誘われるのを目撃する。「おカネがあればいいのですか?」とQ10は藤丘のために動き始める。一方、嫌な記憶、嫌な現実しか思い起こさせない文化祭から逃げようとする平太の前には富士野月子(福田麻由子)が現れ―――。
  4. 4. 第4話
    このタイトルは現在ご利用いただけません
    2010/11/06
    46分
    すべて
    オーディオ言語
    日本語
    高校3年の平太(佐藤健)に、進路志望の提出期限が迫っていた。自分の未来が見えずに悩む平太。そんななかクラスメイトの中尾(細田よしひこ)はQ10(前田敦子)の正体についてある疑問を抱き始めていた。中尾は先日Q10が、自分の腕に刺さったカッターをこともなげに引き抜く場面を目撃していたのだ。Q10は人間じゃないのか――?中尾にしつこく追求され困惑する平太。そんな平太にさらなる悩みが巻き起こる。父・武広(光石研)が怪しげな店『愛獣』に入ってしまうところを目撃してしまう。同じころ、やはり進路の決まらない民子(蓮佛美沙子)影山(賀来賢人)河合(高畑充希)。そして相変わらず学費が払えず自分の未来を考えられない藤丘(柄本時生)一方、進路なんて必要ないQ10はQ10なりに「努力」を始める。そんなQ10を見てますます焦りを感じる平太。
  5. 5. 第5話
    このタイトルは現在ご利用いただけません
    2010/11/13
    46分
    すべて
    オーディオ言語
    日本語
    ついに中尾(細田よしひこ)に、Q10(前田敦子)の正体がロボットだとバレてしまった。中尾は平太(佐藤健)に「秘密を守る代わりに、Q10をオレにくれない?」と言い出す。平太は岸本(小野武彦)と柳(薬師丸ひろ子)、小川(田中裕二)に相談するが、彼らは意外にもあっさりと「すべてが丸く収まるなら、Q10をリセットして中尾に渡すか」と言い出す。そんなことをしたら、いままで平太がQ10に教えたことも、二人で過ごした時間も全て消えてしまう。それに何より平太にとってQ10はかけがえのないものになっていた。しかしどうしようもない平太はQ10を中尾に渡してしまう――。
  6. 6. 第6話
    このタイトルは現在ご利用いただけません
    2010/11/20
    47分
    すべて
    オーディオ言語
    日本語
    「人間の命より、Q10(前田敦子)が大事だ」Q10への想いをはっきりと自覚した平太(佐藤健)。だがQ10が好きなのに、やはり生身の人間であるクラスの女子たちにときめいたりもしてしまうモヤモヤも抱えていた。そんな平太に月子(福田麻由子)は「これ使ってみたら?」と小さなチップを渡す。「Q10にかざすと、深井君の望みが、かなうよ」平太がおそるおそるチップをかざすと――。いっぽう入院中の久保(池松壮亮)は病院に顔を出すようになった民子(蓮佛美沙子)を意識し始める。久保は平太に初めて「死ぬのが、怖い――死ぬのが、ものすごく怖い」と言い出す。もし大切な人が急にいなくなってしまったら、自分はどうなってしまうんだろう……。久保と同様に、大切な人ができたからこその痛みを理解する平太は久保のためにある行動にでる。そのころ藤丘(柄本時生)が、家庭の事情で学校をやめようとしていた。それを知ったQ10は――。
  7. 7. 第7話
    このタイトルは現在ご利用いただけません
    2010/11/27
    45分
    すべて
    オーディオ言語
    日本語
    平太(佐藤健)のクラスに月子(福田麻由子)が登校してくるようになった。「Q10(前田敦子)は私たちのもの」とQ10の秘密を握っている月子。Q10を撤収されることを恐れた平太は、Q10を連れて逃げることを決意する。そのころ影山(賀来賢人)は高校生活の最後の思い出にと、河合(高畑充希)の映画を撮りたいといい始める。「せめて映画だけでも、幸せに撮ってくれるかな?」そう言う河合の希望でふたりは“幸せな”映画の撮影を始める。いっぽう、久保(池松壮亮)は知り合いの入院患者の死に直面し、 いいようのない不安にかられていた。そんな久保の姿を見た民子(蓮佛美沙子)は――。
  8. 8. 第8話
    このタイトルは現在ご利用いただけません
    2010/12/04
    45分
    すべて
    オーディオ言語
    日本語
    「Q10(前田敦子)、回収することに決まったから」そう告げる月子(福田麻由子)に平太(佐藤健)は動揺する。いったいQ10は何の為にここに来たのか、月子に聞く平太。「全部話したら私のお願い聞いてくれる?」月子はQ10のことなら何でも知っているという。そして平太に秘密を教えるかわりに、平太にやって欲しいことがあるという。それは、「深井平太にしか出来ないこと」だと。Q10の秘密を知る為に、平太はQ10を連れて月子に会いに行くが――。そのころ、中尾(細田よしひこ)は月子からもらったカプセルの中身をあけてしまう。そこには見たこともないような機械が入っていた。屋上で月子と中尾が対峙したとき、時間が逆戻りしたことを思い出す中尾。中尾は柳教授(薬師丸ひろ子)に相談しに理科準備室へと向かう。月子の謎のカプセルはいったい何なのか――?
  9. 9. 第9話(最終話)
    このタイトルは現在ご利用いただけません
    2010/12/11
    50分
    すべて
    オーディオ言語
    日本語
    「もう一度だけでいいから――遠くからでもいいから――会いたい」Q10(前田敦子)のリセットボタンを月子(福田麻由子)に言われるままに押してしまった、あの日以来、平太(佐藤健)は何かが止まってしまったようにぼんやりと過ごしていた。Q10は70年後の未来からきたロボットだったこと。それは自分の未来の奥さんに18歳の自分の映像を送り届けることが目的だったこと。平太は未だに全てを受け入れられないでいた。いっぽう、心臓病の病状が芳しくない久保(池松壮亮)は集中治療室からやっと出られたものの、不安な毎日を過ごしていた。何もしてあげられないと、悩む民子(蓮佛美沙子)同じく、現実を見せつけられ、未来が見えず不安を抱える影山(賀来賢人)と河合(高畑充希)はお互いにどう歩み寄っていけばいいのかわからず、模索していた。それぞれの、想いを抱えて悩む面々。

詳細

出演
賀来賢人柄本時生高畑充希細田よしひこ福田麻由子光石 研西田尚美松岡璃奈子池松壮亮白石加代子田中裕二 (爆笑問題)小野武彦薬師丸ひろ子
プロデューサー
河野英裕小泉 守
シーズンイヤー
2010
提供
日本テレビ
購入権
すぐにストリーミング再生 詳細
フォーマット
Prime Video(オンラインビデオをストリーミング再生)
デバイス
サポートされているデバイスで視聴できます

その他のフォーマット

レビュー

5つ星のうち4.6

140件のグローバルレーティング

  1. 79%のレビュー結果:星5つ
  2. 11%のレビュー結果:星4つ
  3. 6%のレビュー結果:星3つ
  4. 1%のレビュー結果:星2つ
  5. 3%のレビュー結果:星1つ
カスタマーレビューを書く
並べ替え:

トップレビュー日本から

福西 快文2014/12/28に日本でレビュー済み
5.0/星5つ中
泣ける
確認済みの購入
自分は中年男性であるが、泣ける。号泣であった。AKBの人が出ている話題作と知っていれば、むしろ、見ていなかったろう。前田敦子を知らない状況であったので、普通に素直に見て泣いた。恋愛や、人生、死、青春や友情とか、人生で普遍的なテーマが扱われ、中年になっても答えの出せない問題に、若者たちが直面して、悩みながら生きる物語である。登場人物の一人一人が存分に生きていて、特別なヒーローがいるわけではない。誰しも、登場人物の誰かに、共感できるのではなかろうか。
31人のお客様がこれが役に立ったと考えています
タク2016/09/11に日本でレビュー済み
5.0/星5つ中
切ない恋のお話
確認済みの購入
まず、脚本が良かった。一つ一つの言葉が実に丁寧に表現されており、思春期の恋の繊細さがよく出ていた。
AIやロボットを持ってきているが、後半まで個人的にはある種の発達障害を持った女子に恋をした健常者といった印象だ。
ただ、ラストの方で近未来との関わりが浮き彫りとなり、それがQ-10という女子ロボットに恋をした根拠となっていて、その辺が主人公の切ない恋心と実に上手く絡み合っていて個人的には大変気に入った。
失恋ものかと思いきや・・・、あとは見てのお楽しみ(笑)
12人のお客様がこれが役に立ったと考えています
ムウ2020/08/09に日本でレビュー済み
5.0/星5つ中
繋がり
確認済みの購入
購入して、良かったです。前田敦子という名前だけでアイドルドラマと思っていましたが、全然違っていました。人と人との繋がりを、大切にしたいと再確認しました。
4人のお客様がこれが役に立ったと考えています
千葉ちゃん2020/12/17に日本でレビュー済み
4.0/星5つ中
Q10 素敵なことばとモノログが癖になります
確認済みの購入
木皿泉の脚本が素敵でこころに残る言葉にあふれています。佐藤健のモノログがとても良いです。今と少し違っていて若干高いように思います。
2人のお客様がこれが役に立ったと考えています
たんぽぽ2014/10/25に日本でレビュー済み
5.0/星5つ中
良かった!
確認済みの購入
本当に、素敵な作品でした。
主役お二人の演技、表情が素晴らしいです。他のキャストの方も皆さん個性があってすごく良かったです。
ストーリーもありきたりでなく創造性があって面白いです。一話一話毎に、ちりばめられた言葉が心に染みて何度も見返したくなります。
じわじわ感動が押し寄せます。
11人のお客様がこれが役に立ったと考えています
幻灯機2013/12/02に日本でレビュー済み
5.0/星5つ中
DVD-BOX? もちろん持っていますが、それでもブルーレイ発売を希望!
確認済みの購入
テレビを大型液晶にしてから初めて『Q10』を再生してみました(『ごちそうさん』効果)。

…ブルーレイで発売しなおしてください<(__)>
内容が素晴らしいだけに…。
26人のお客様がこれが役に立ったと考えています
佐々木彩奈2020/03/19に日本でレビュー済み
5.0/星5つ中
懐かしい
確認済みの購入
十代真っ最中のドラマ
健くん主演作、今や出ている面々がこれからどんどんヒット作を生む俳優さん方々と女優さん方々かとおもうと感慨深い。
でめちゃん2020/10/20に日本でレビュー済み
5.0/星5つ中
Blu-rayで出して欲しい
確認済みの購入
台詞が刺さった。
当時見なかった事を後悔。
2人のお客様がこれが役に立ったと考えています
すべてのレビューを表示