通常配送無料 詳細
残り3点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
Pumpkin Scissors(9) (KCデラ... がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

Pumpkin Scissors(9) (KCデラックス 月刊少年マガジン) コミック – 2008/3/19

5つ星のうち 4.9 8件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
コミック
"もう一度試してください。"
¥ 596
¥ 596 ¥ 1

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • Pumpkin Scissors(9) (KCデラックス 月刊少年マガジン)
  • +
  • Pumpkin Scissors(10) (KCデラックス 月刊少年マガジン)
  • +
  • Pumpkin Scissors(8) (KCデラックス 月刊少年マガジン)
総額: ¥1,748
ポイントの合計: 54pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



「まとめ買い・セット本」
マンガ・絵本・小説・文庫セットなど、新品・中古本をまとめ買いできる。最大10%ポイント還元も。 まとめ買い・セット本

商品の説明

内容紹介

社会を覆う欺瞞のブ厚い皮を斬り裂き、腐敗したその実を暴き出す!! 帝国陸軍情報部第3課 通称――Pumpkin Scissors(パンプキン・シザーズ)!!!

著者について

岩永 亮太郎
兵庫県出身。2002年より『Pumpkin Scissors』(月刊少年マガジン掲載)を連載中。


登録情報

  • コミック: 267ページ
  • 出版社: 講談社 (2008/3/19)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4063754634
  • ISBN-13: 978-4063754636
  • 発売日: 2008/3/19
  • 商品パッケージの寸法: 18 x 13 x 2.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.9 8件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.9
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 mana 殿堂入りレビュアートップ50レビュアー 投稿日 2014/10/6
形式: コミック Amazonで購入
血腥い戦闘が続きますが、国境警備隊への恐怖で心折られていた市民たちに
活気と本来の自分の心が戻る巻です。

パンプキンシザースの中ではこの国境警備隊の話が一番好きです。
郵便物の不審な行方不明から始まり、
アリスとヴィッター少尉の諜報活動、
上層部も絡んだ不正の暴露、
区長の覚悟と国境警備隊の瓦解、
そしてヴィッター少尉に対するフランシア伍長の真意…。
シリアスな戦いの中、オレルドやマーチスの明るさが丁度いい塩梅で
花を添えています。

陰謀、理不尽な暴力、そしてそれを打破する者たち。
王道ですが、キャラクターもきちんとつくりこまれていて、
面白かったです。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 Et 投稿日 2008/3/22
形式: コミック
何度も読み直してしまう作品です。つい最近この作品を知ったのですが、一巻だけ買って帰ったものの、続きが気になり買い揃えてしまいました。全巻通してハッピーエンドで終わるエピソードでは無いものの、心に響く話が多いです。余り漫画を読まない私ですがお薦めします。
コメント 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
カフェの娘はオーランドの言葉に心を動かされ、国境警備隊を相手に反抗を試みる。
オレルドはヴィッターに「私達は…上巻と部下です」というフランシアの言葉の真意を説く。
上官と部下だからこそ辿り着ける関係、それは恐らくアリスとオーランドにも共通のものだ。
オーランドはアリスの「背中を守る」為なら、
殺人者として悪夢の中に留まることも辞さない決意を固めて国境警備隊と戦った。
この姿に惚れた男は私一人ではないだろう。

そして国境警備隊の暴虐に三年間耐え続け、最後に殺された区長の真意。
国境警備隊への復讐を止め、本来の自分たちを取り戻そうと呼びかけるカフェの娘。
最後の最後にアリスがオーランドに吐露した、人間臭い本音。
「『もう助からない』って周りが思ったって 私は助ける!!」というアリスの宣言。
そんなアリスを頼りに気を失うオーランド、支えるアリス。
その重さ、その尊さに読後思わずため息が出た。

マーチス准尉に見せたウェブナー技術中尉の姉御っぷりにも惚れるしかない!

ここで七巻から続いた長い物語は終わったわけだが、作品は続く。
早く十巻が出て欲しいものである。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
長かったカルッセル編もこれにて終了。(劇中では数日でしたが)
このエピソードはなんというか、パンプキンシザース劇場版、といった趣でとても読み応えがありました。

通して、人間の弱さを描きながらも、それに高をくくらない、甘えないストーリーが非常に好ましいです。
終盤にかけて畳み掛けるように続く各登場人物の見せ場と、それによってどんどん状況が変化していく様がキモチイイ。
陰鬱とした展開が続いただけに、見つけ出したそれぞれの答えにも重みがあり、とても感銘を受けました。

奇麗事を喚くだけで終らせず、自ら実行し続けていくアリスは、本当に見ていて気持ちがいい、応援したくなるキャラですし、
その彼女の背中を本当に支えることが出来るのは、自身に抗い続けるオーランドだけなんだなあ、ということがしっかり伝わってくる内容でした。
満足。

確かにちょっと間延びした感もありますが、単行本で一気に読み返すとそうでもないです。
単に期間が長かっただけかと…その分、これから読むという人はそういった点は気にしなくていいかもしれません。
絵が安定しないところはありますけど、マンガ演出としてはどんどん洗練されてるなあ、と感じました。

で。今回久々にオーランドが大暴れします。このマンガの描写はホントに「痛そう」なのでそーいうの弱い人は覚悟の上で…
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


フィードバック